ガイド開発ガイド

良い人生はテストから始まります

自動テストケースを作成しないプログラマーは、優れたテストエンジニアではありません。すべてのプロジェクトで、最初に完全な自動テストケースを確立することをお勧めします。プロジェクトの開発に伴い、初期投資は何百回も報われるでしょう。

前のセクションの例を続けて、fibjsを使用してテストケースを作成する方法を見てみましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
const http = require('http'); const path = require('path'); var hello_server = { '/:name(fibjs.*)': (req, name) => { req.response.write('hello, ' + name + '. I love you.'); }, '/:name': (req, name) => { req.response.write('hello, ' + name); } }; var root_server = { '/hello': hello_server, '/bonjour': hello_server, '*': http.fileHandler(path.join(__dirname, 'web')) }; var svr = new http.Server(8080, root_server); svr.start();

空のテストフレーム

基本的なテストフレームワークから始めましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
var test = require('test'); test.setup(); describe('hello, test', () => { it('a empty test', () => { }); }); test.run();

test.jsとして保存した後、コマンドラインでfibjs test.jsを実行すると、次の出力が表示され、基本的なテストフレームワークが作成されます。

1 2 3 4
hello, test √ a empty test √ 1 tests completed (0ms)

テストサーバーを起動します

httpサーバーをテストする必要があるため、最初にサーバーを起動する必要があります。テストケースはサーバーにリクエストを送信し、リクエストの結果をテストして、サーバーが要件を満たしているかどうかを判断します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
var test = require('test'); test.setup(); var http = require('http'); describe('hello, test', () => { it('hello, fibjs', () => { var r = http.get('http://127.0.0.1:8080/hello/fibjs'); assert.equal(r.statusCode, 200); assert.equal(r.data.toString(), 'hello, fibjs. I love you.'); }); }); test.run();

このコードでは、http.getの結果が期待どおりの結果であるかどうかを確認することにより、サーバーロジックが正常であるかどうかを判断します。この例によれば、一連のテストをすばやく完了することができ、コードも最適化されています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
var test = require('test'); test.setup(); var http = require('http'); function test_get(url, rep) { var r = http.get('http://127.0.0.1:8080' + url); assert.equal(r.statusCode, 200); assert.equal(r.data.toString(), rep); } describe('hello, test', () => { it('hello, fibjs', () => { test_get('/hello/fibjs', 'hello, fibjs. I love you.'); }); it('hello, fibjs*', () => { test_get('/hello/fibjs-great', 'hello, fibjs-great. I love you.'); }); it('hello, JavaScript', () => { test_get('/hello/JavaScript', 'hello, JavaScript'); }); it('hello, v8', () => { test_get('/hello/v8', 'hello, v8'); }); }); test.run();

ユースケースのグループ管理

bonjourテストを追加しましょう。bonjourとhelloは同じサービスのセットですが、パスが変更されているため、サービスの正当性も確認する必要があります。今回は、ユースケースをより適切に管理するために、テストケースを実行しました。グループ化と同時に、helloとbonjourのテスト内容が同じであるため、コードを再度最適化し、同じコードセットで2つのサービスセットをテストしました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37
var test = require('test'); test.setup(); var http = require('http'); function test_get(url, rep) { var r = http.get('http://127.0.0.1:8080' + url); assert.equal(r.statusCode, 200); assert.equal(r.data.toString(), rep); } describe('hello, test', () => { function test_hello(hello) { describe(hello + ' test', () => { it('fibjs', () => { test_get('/' + hello + '/fibjs', 'hello, fibjs. I love you.'); }); it('fibjs*', () => { test_get('/' + hello + '/fibjs-great', 'hello, fibjs-great. I love you.'); }); it('JavaScript', () => { test_get('/' + hello + '/JavaScript', 'hello, JavaScript'); }); it('v8', () => { test_get('/' + hello + '/v8', 'hello, v8'); }); }); } test_hello('hello'); test_hello('bonjour'); }); test.run();

ユースケースをグループ化することで、テスト結果をより明確に表示できます。また、ユースケースのグループを個別にスキップしてテストすることも簡単で、開発とテストをスピードアップできます。このラウンドのテストの結果は次のとおりです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
hello, test hello test √ fibjs √ fibjs* √ JavaScript √ v8 bonjour test √ fibjs √ fibjs* √ JavaScript √ v8 √ 8 tests completed (3ms)

サーバーの設計によると、静的ファイルサービスのセットもあります。上記の例によると、テストケースのこの部分をすばやく書き出すことができると思います。

ワンクリックテスト

上記の紹介の後、テストケースをすばやく確立できます。ただし、このテストスクリプトを使用するには、サーバーを最初に起動する必要があるため、非常に不便ですtest.jsを実行すると、テストを直接完了することができます。次のコードを使用して、次のことを実現できます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
var test = require('test'); test.setup(); var http = require('http'); var coroutine = require('coroutine'); coroutine.start(() => { run('./main.js'); }); coroutine.sleep(100); function test_get(url, rep) { var r = http.get('http://127.0.0.1:8080' + url); assert.equal(r.statusCode, 200); assert.equal(r.data.toString(), rep); } describe('hello, test', () => { function test_hello(hello) { describe(hello + ' test', () => { it('fibjs', () => { test_get('/' + hello + '/fibjs', 'hello, fibjs. I love you.'); }); it('fibjs*', () => { test_get('/' + hello + '/fibjs-great', 'hello, fibjs-great. I love you.'); }); it('JavaScript', () => { test_get('/' + hello + '/JavaScript', 'hello, JavaScript'); }); it('v8', () => { test_get('/' + hello + '/v8', 'hello, v8'); }); }); } test_hello('hello'); test_hello('bonjour'); }); process.exit(test.run());

このコードのmain.jsmain.jsを開始するためのコードのセクションを追加し、しばらく待ってからテストを開始しました。

コードカバレッジチェック

優れたテストケースでは、ビジネスが正しく実行されるように、テストケースがビジネスのすべてのブランチをカバーする必要があることを考慮する必要があります。この時点で、コードカバレッジチェックを使用して、テストが完了したかどうかを判断できます。

このプロセスは非常に簡単です。テスト時に--covパラメーターを追加するだけです。

1
fibjs --cov test

テストが完了すると、fibjs-xxxx.lcovのログファイルが現在のディレクトリに生成されます。このとき、ログを分析してレポートを生成する必要があります。

1
fibjs --cov-process fibjs-xxxx.lcov out

次に、outディレクトリに一連の分析レポートを生成できます。表示するカタログを入力すると、次のページが表示されます。covご覧のとおり、 main.jsのコードカバレッジは100%に達し、テストがビジネスロジックを完全にカバーしていることを示しています。さらに詳細なレポートを表示するには、 main.jsをクリックしてください。

👉[パフォーマンスキラーを見つける]