モジュール基本モジュール

モジュールテスト

テストスイートを定義および管理するためのテストスイートモジュール

手順:

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82
var test = require('test'); test.setup(); describe('test', () => { before(() => { // setup before the whole test }); beforeEach(() => { // setup before each test }); after(() => { // cleanup after the whole test }); afterEach(() => { // cleanup after each test }); it('case', () => { assert.ok(true); }); // ignored test case xit('case', () => { assert.ok(true); }); // ignored test case it.skip('case', () => { assert.ok(true); }); // only test case oit('case', () => { assert.ok(true); }); // only test case it.only('case', () => { assert.ok(true); }); }); // async function test describe('test async', () => { it('pass case', async () => { assert.ok(true); }); it('error case', async () => { throw new Error('some thing wrong!'); }); }); // callback function test // cannot use callback mode in jsc describe('test callback', () => { it('pass case', done => { setTimeout(() => { assert.ok(true); done(); }, 0); }); it('error case', done => { setTimeout(() => { done(new Error('some thing wrong!')); }, 0); }); it('check in done', done => { setTimeout(() => { done(() => { assert.ok(true); }); }, 0); }); }); process.exit(-test.run(console.DEBUG));

物体

assert

テストモジュールをアサートします。テスト値がfalseの場合、エラーが報告され、エラー動作を設定して実行を継続するか、エラーをスローすることができます。

1
assert test.assert;

静的関数

describe

テストモジュールを定義し、ネストされた定義にすることができます

1 2
static test.describe(String name, Function block);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、モジュール名を定義します
  • block:関数、モジュール初期化コード

xdescribe

テストを一時停止するモジュールの定義、test.setup 次に、describe.skipを使用して呼び出すことができます

1 2
static test.xdescribe(String name, Function block);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、モジュール名を定義します
  • block:関数、モジュール初期化コード

odescribe

独立したテストのためのモジュール定義、test.setup 後で呼び出すためにdescribe.onlyを使用できます

1 2
static test.odescribe(String name, Function block);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、モジュール名を定義します
  • block:関数、モジュール初期化コード

it

テストプロジェクトを定義する

1 2
static test.it(String name, Function block);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、プロジェクト名を定義します
  • block:機能、テスト内容

xit

テストを一時停止するプロジェクトの定義、test.setup 後でit.skipを使用して呼び出すことができます

1 2
static test.xit(String name, Function block);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、プロジェクト名を定義します
  • block:機能、テスト内容

oit

独立したテストのためのプロジェクト定義、test.setup 後でそれを使用して呼び出すことができます。

1 2
static test.oit(String name, Function block);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、プロジェクト名を定義します
  • block:機能、テスト内容

before

現在のテストモジュールエントリイベントを定義します

1
static test.before(Function func);

呼び出しパラメーター:

  • func:関数、イベント関数

after

現在のテストモジュールの終了イベントを定義します

1
static test.after(Function func);

呼び出しパラメーター:

  • func:関数、イベント関数

beforeEach

現在のテストモジュールのテスト項目エントリイベントを定義します

1
static test.beforeEach(Function func);

呼び出しパラメーター:

  • func:関数、イベント関数

afterEach

現在のテストモジュールテストプロジェクトの終了イベントを定義します

1
static test.afterEach(Function func);

呼び出しパラメーター:

  • func:関数、イベント関数

run

定義されたテストモジュールの実行を開始します

1
static Integer test.run(Integer loglevel = console.ERROR);

呼び出しパラメーター:

  • loglevel:整数、テスト中のログ出力レベルを指定します。ERRORの場合、レポート後にプロジェクトエラー情報が表示されます。ERRORより低い場合はいつでも出力情報が表示されます。ERRORより高い場合はいつでも出力情報が表示されます。レポートのみが表示されます。

戻り結果:

  • Integer、テストケースの統計結果を返し、正しい場合は0を返し、間違っている場合はエラー数を返します。

setup

現在のスクリプトのテスト環境を初期化し、テストモジュールメソッドを現在のスクリプトのグローバル変数にコピーします

1
static test.setup();

静的プロパティ

slow

整数、低速テストの警告しきい値を設定および照会します。ミリ秒単位で、デフォルトは75です。

1
static Integer test.slow;