モジュール基本モジュール

モジュール Punycode

punycode 国際化ドメイン名変換モジュール

Punycode は、主に RFC 3492 で定義された国際化ドメイン名に使用される文字エンコーディング スキームです。URL のホスト名には ASCII 文字しか使用できないため、非 ASCII 文字を含むホスト名は、punycode アルゴリズムを使用して ASCII に変換する必要があります。

指示:

1
var punycode = require('punycode');

静的関数

encode

Unicode 文字列を、ASCII 文字のみを含む同等の Punycode 文字列に変換します

1
static String punycode.encode(String domain);

呼び出しパラメータ:

  • domain: 文字列、指定された Unicode 文字列

結果を返す:

  • String、ASCII 文字のみを含むエンコードされた Punycode 文字列を返します。

decode

Punycode 文字列を同等の Unicode 文字列に変換する

1
static String punycode.decode(String domain);

呼び出しパラメータ:

  • domain: 文字列、指定された Unicode 文字列

結果を返す:

  • String、デコードされた Unicode 文字列を返します

toASCII

ドメイン名を表す Unicode 文字列を、ASCII 文字のみを含む文字列に変換します。ドメイン名の一部を表す非ASCII文字列のみが変換されます。つまり、ASCIIに変換した文字列を呼び出しても問題ありません。

1
static String punycode.toASCII(String domain);

呼び出しパラメータ:

  • domain: 文字列、指定された Unicode 文字列

結果を返す:

  • String、エンコードされた ASCII 文字列を返します

toUnicode

ドメイン名を表す Punycode 文字列を Unicode 文字列に変換します。ドメイン名の一部を表す Punycode 文字列のみが変換されます。つまり、Unicodeに変換した文字列を呼び出しても問題はありません。

1
static String punycode.toUnicode(String domain);

呼び出しパラメータ:

  • domain: 文字列、指定された ASCII 文字列

結果を返す:

  • String、デコードされた Unicode 文字列を返します