オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト RedisSet

Redis データベースクライアント Set オブジェクト、このオブジェクトは指定されたキーを含むクライアントであり、そのメソッドを呼び出すだけでデータベースを操作できます

動作します Redis Set オブジェクト、作成方法:

1 2 3
var db = require("db"); var rdb = new db.openRedis("redis-server"); var set = rdb.getSet("test");

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>RedisSet|add();remove();len();exists();members();pop();randMember()] [object] <:- [RedisSet] object toString() toJSON() RedisSet add() remove() len() exists() members() pop() randMember()

メンバー関数

add

セット キーに 1 つ以上のメンバー要素を追加すると、セットにすでに存在するメンバー要素は無視されます

1
Integer RedisSet.add(Array members);

呼び出しパラメータ:

  • members: 配列、追加する要素の配列を指定します

結果を返す:

  • Integer、無視された要素を除く、セットに追加された新しい要素の数

複数のフィールドと値 (ドメインと値) のペアを同時にハッシュ テーブルに設定します。このコマンドは、ハッシュ テーブルの既存のフィールドを上書きします

1
Integer RedisSet.add(...members);

呼び出しパラメータ:

  • members: ...、追加する要素のリストを指定します

結果を返す:

  • Integer、無視された要素を除く、セットに追加された新しい要素の数

remove

コレクションから 1 つ以上のメンバー要素を削除します

1
Integer RedisSet.remove(Array members);

呼び出しパラメータ:

  • members: 配列、削除する要素の配列を指定します

結果を返す:

  • Integer、無視された要素を除いて、正常に削除された要素の数

コレクションから 1 つ以上のメンバー要素を削除します

1
Integer RedisSet.remove(...members);

呼び出しパラメータ:

  • members: ...、削除する要素のリストを指定します

結果を返す:

  • Integer、無視された要素を除いて、正常に削除された要素の数

len

コレクション内の要素数を返します

1
Integer RedisSet.len();

結果を返す:

  • Integer、コレクションの長さを返します

exists

メンバー要素がコレクションのメンバーであるかどうかを判断します

1
Boolean RedisSet.exists(Buffer member);

呼び出しパラメータ:

  • member: Buffer、チェックするメンバーを指定

結果を返す:

  • Boolean、メンバー要素がコレクションのメンバーである場合、true を返します

members

コレクション内のすべてのメンバーを返す

1
NArray RedisSet.members();

結果を返す:

  • NArray、コレクション内のすべてのメンバーのリスト

pop

セット内のランダムな要素を削除して返す

1
Buffer RedisSet.pop();

結果を返す:

  • Buffer、削除されたランダム要素。セットが空の場合は null が返されます

randMember

セットからランダムな要素を取得する

1
Value RedisSet.randMember();

結果を返す:

  • Value、要素を返します。コレクションが空の場合は null を返します

セットからいくつかのランダムな要素を取得します

1
Value RedisSet.randMember(Integer count);

呼び出しパラメータ:

  • count: 整数、返される要素の数を指定します。正の数は、count 要素を含む配列を返します。負の数は、配列を返します。配列内の要素は複数回繰り返される場合があり、配列の長さは count の絶対値です。

結果を返す:

  • Value、リストを返します。コレクションが空の場合は、空のリストを返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブ オブジェクト]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます。

1
String RedisSet.toString();

結果を返す:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式の表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value RedisSet.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key: ストリング、未使用

結果を返す:

  • Value、シリアライズ可能なJSONを含む値を返します