モジュール基本モジュール

モジュールアサート

テストモジュールをアサートします。テスト値がfalseの場合、エラーが報告され、エラー動作を設定して実行を続行するか、エラーをスローすることができます。

参照方法:

1
var assert = require('assert');

または、 testモジュールを介して参照します。

1 2
var test = require('test'); var assert = test.assert;

または、 test.setup使用して構成しtest.setup

1
require("test").setup();

静的機能

Function

テスト値はtrueです。falseの場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.Function(Value actual = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

ok

テスト値はtrueです。falseの場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.ok(Value actual = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notOk

テスト値がfalseの場合、trueの場合、アサーションは失敗します

1 2
static assert.notOk(Value actual = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

equal

テスト値が期待値と等しい場合、等しくない場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.equal(Value actual = undefined, Value expected = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notEqual

テスト値が期待値と等しくなく、等しい場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.notEqual(Value actual = undefined, Value expected = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

strictEqual

テスト値は期待値と厳密に等しく、等しくない場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.strictEqual(Value actual = undefined, Value expected = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notStrictEqual

テスト値は期待値と厳密には等しくなく、等しい場合はアサーションは失敗します

1 2 3
static assert.notStrictEqual(Value actual = undefined, Value expected = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

deepEqual

テスト値の深さが期待値と等しい場合、等しくない場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.deepEqual(Value actual = undefined, Value expected = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notDeepEqual

テスト値が期待値と深さが等しくない場合、等しい場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.notDeepEqual(Value actual = undefined, Value expected = undefined, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

closeTo

テスト値は期待値とほぼ同じです。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2 3 4
static assert.closeTo(Value actual, Value expected, Value delta, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • delta :値、おおよその10進精度
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notCloseTo

テスト値が期待値とほぼ等しくない場合、アサーションは失敗します

1 2 3 4
static assert.notCloseTo(Value actual, Value expected, Value delta, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • delta :値、おおよその10進精度
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

lessThan

テスト値が期待値よりも小さく、それ以上の場合、アサーションは失敗します。

1 2 3
static assert.lessThan(Value actual, Value expected, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notLessThan

テスト値は期待値以上であり、それ以下の場合はアサーションは失敗します

1 2 3
static assert.notLessThan(Value actual, Value expected, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

greaterThan

テスト値が期待値よりも大きく、それ以下の場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.greaterThan(Value actual, Value expected, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notGreaterThan

より大きいアサーションが失敗した場合、テスト値は期待値より大きくありません

1 2 3
static assert.notGreaterThan(Value actual, Value expected, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • expected値:値、期待値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

exist

テスト変数が存在します。falseの場合、アサーションは失敗します

1 2
static assert.exist(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notExist

テスト変数が存在しません。trueの場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.notExist(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isTrue

テスト値はブール値trueです。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isTrue(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotTrue

テスト値がブール値trueでない場合、アサーションは失敗します

1 2
static assert.isNotTrue(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isFalse

テスト値はブールfalseです。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isFalse(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotFalse

テスト値はブール値のfalseではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNotFalse(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNull

テスト値がNullの場合、アサーションは失敗します

1 2
static assert.isNull(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotNull

テスト値がNullでない場合、アサーションは失敗します

1 2
static assert.isNotNull(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isUndefined

テスト値は未定義です。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isUndefined(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isDefined

テスト値は未定義ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isDefined(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isFunction

テスト値は関数です。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isFunction(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotFunction

テスト値は関数ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNotFunction(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isObject

テスト値はオブジェクトです。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isObject(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotObject

テスト値はオブジェクトではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNotObject(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isArray

テスト値は配列です。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isArray(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotArray

テスト値は配列ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNotArray(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isString

テスト値は文字列です。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isString(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotString

テスト値は文字列ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNotString(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNumber

テスト値は数値です。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNumber(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotNumber

テスト値は数値ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNotNumber(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isBoolean

テスト値はブール値です。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isBoolean(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

isNotBoolean

テスト値はブール値ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.isNotBoolean(Value actual, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

typeOf

テスト値は指定されたタイプです。それ以外の場合、アサーションは失敗します。

1 2 3
static assert.typeOf(Value actual, String type, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • type :文字列、指定されたタイプ
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notTypeOf

テスト値は特定のタイプではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2 3
static assert.notTypeOf(Value actual, String type, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • actual :値、テストする値
  • type :文字列、指定されたタイプ
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

property

テストオブジェクトには指定された属性が含まれています。含まれていない場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.property(Value object, Value prop, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、テストするプロパティ
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notProperty

テストオブジェクトに指定された属性が含まれていない場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.notProperty(Value object, Value prop, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、テストするプロパティ
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

deepProperty

深度テストオブジェクトには指定された属性が含まれています。含まれていない場合、アサーションは失敗します。

1 2 3
static assert.deepProperty(Value object, Value prop, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、「。」で区切られた、テストされるプロパティ。
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

notDeepProperty

指定された属性は深度テストオブジェクトに含まれていません。含まれていない場合、アサーションは失敗します

1 2 3
static assert.notDeepProperty(Value object, Value prop, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、「。」で区切られた、テストされるプロパティ。
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

propertyVal

テストオブジェクトで指定されたプロパティの値は指定された値です。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2 3 4
static assert.propertyVal(Value object, Value prop, Value value, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、テストするプロパティ
  • value :値、与えられた値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

propertyNotVal

テストオブジェクトで指定されたプロパティの値が指定された値ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2 3 4
static assert.propertyNotVal(Value object, Value prop, Value value, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、テストするプロパティ
  • value :値、与えられた値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

deepPropertyVal

深度テストオブジェクトで指定されたプロパティの値は指定された値です。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2 3 4
static assert.deepPropertyVal(Value object, Value prop, Value value, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、「。」で区切られた、テストされるプロパティ。
  • value :値、与えられた値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

deepPropertyNotVal

深度テストオブジェクトで指定されたプロパティの値が指定された値ではありません。そうでない場合、アサーションは失敗します。

1 2 3 4
static assert.deepPropertyNotVal(Value object, Value prop, Value value, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • object :値、テストするオブジェクト
  • prop :値、「。」で区切られた、テストされるプロパティ。
  • value :値、与えられた値
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

throws

指定されたコードをテストするとエラーがスローされます。スローされない場合、アサーションは失敗します

1 2
static assert.throws(Function block, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • block :関数、関数の形式で指定されたテストコードを指定します
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

doesNotThrow

指定されたコードをテストしてもエラーはスローされません。スローされた場合、アサーションは失敗します。

1 2
static assert.doesNotThrow(Function block, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • block :関数、関数の形式で指定されたテストコードを指定します
  • msg :文字列、アサーションが失敗したときのプロンプトメッセージ

ifError

パラメータがtrueの場合、

1
static assert.ifError(Value object = undefined);

呼び出しパラメーター:

  • object :値、パラメーター