オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトバッファ

のバイナリ データ キャッシュ オブジェクトio読み書きデータ処理

Buffer オブジェクトは、 new Buffer(...) を使用していつでも直接作成できるグローバル基本クラスです。

1
var buf = new Buffer();

相続関係

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>Buffer|new Buffer()|operator[];@iterator()|Buffer|isBuffer();from();concat();alloc();allocUnsafe();allocUnsafeSlow();byteLength();compare();isEncoding()|length;byteOffset;buffer|resize();append();write();fill();indexOf();compare();copy();set();readUInt8();readUInt16LE();readUInt16BE();readUInt32LE();readUInt32BE();readUIntLE();readUIntBE();readInt64LE();readInt64BE();readInt8();readInt16LE();readInt16BE();readInt32LE();readInt32BE();readIntLE();readIntBE();writeInt64LE();writeInt64BE();readFloatLE();readFloatBE();readDoubleLE();readDoubleBE();writeUInt8();writeUInt16LE();writeUInt16BE();writeUInt32LE();writeUInt32BE();writeUIntLE();writeUIntBE();writeInt8();writeInt16LE();writeInt16BE();writeInt32LE();writeInt32BE();writeIntLE();writeIntBE();writeFloatLE();writeFloatBE();writeDoubleLE();writeDoubleBE();slice();join();reverse();equals();hex();base32();base58();base64();keys();values();entries();forEach();toArray();toString()] [object] <:- [Buffer] Buffer new Buffer() operator[] @iterator() Buffer isBuffer() from() concat() alloc() allocUnsafe() allocUnsafeSlow() byteLength() compare() isEncoding() length byteOffset buffer resize() append() write() fill() indexOf() compare() copy() set() readUInt8() readUInt16LE() readUInt16BE() readUInt32LE() readUInt32BE() readUIntLE() readUIntBE() readInt64LE() readInt64BE() readInt8() readInt16LE() readInt16BE() readInt32LE() readInt32BE() readIntLE() readIntBE() writeInt64LE() writeInt64BE() readFloatLE() readFloatBE() readDoubleLE() readDoubleBE() writeUInt8() writeUInt16LE() writeUInt16BE() writeUInt32LE() writeUInt32BE() writeUIntLE() writeUIntBE() writeInt8() writeInt16LE() writeInt16BE() writeInt32LE() writeInt32BE() writeIntLE() writeIntBE() writeFloatLE() writeFloatBE() writeDoubleLE() writeDoubleBE() slice() join() reverse() equals() hex() base32() base58() base64() keys() values() entries() forEach() toArray() toString() object toString() toJSON()

コンストラクタ

Buffer

キャッシュ オブジェクト コンストラクター

1
new Buffer(Array datas);

呼び出しパラメーター:

  • datas: 配列、データ配列を初期化します

キャッシュ オブジェクト コンストラクター

1
new Buffer(ArrayBuffer datas);

呼び出しパラメーター:

  • datas: ArrayBuffer、データ配列を初期化します

キャッシュ オブジェクト コンストラクター

1
new Buffer(TypedArray datas);

呼び出しパラメーター:

  • datas: TypedArray、データ配列の初期化

キャッシュ オブジェクト コンストラクター

1
new Buffer(ArrayBufferView datas);

呼び出しパラメーター:

  • datas: ArrayBufferView、データ配列を初期化します

キャッシュ オブジェクト コンストラクター

1
new Buffer(Buffer buffer);

呼び出しパラメーター:

  • buffer: バッファ、Buffer オブジェクトを初期化します

キャッシュ オブジェクト コンストラクター

1 2
new Buffer(String str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: 文字列、初期化文字列。文字列は utf-8 形式で書き込まれます。デフォルトでは、空のオブジェクトが作成されます。
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

キャッシュ オブジェクト コンストラクター

1
new Buffer(Integer size = 0);

呼び出しパラメーター:

  • size: 整数、バッファサイズの初期化

オペレーター

operator[]

キャッシュオブジェクトは添え字を使用してバイナリデータに直接アクセスできます

1
Integer Buffer[];

@iterator

現在のオブジェクト要素の反復子をクエリします

1
Iterator Buffer.@iterator();

返される結果:

  • Iterator、現在のオブジェクトの要素に対する反復子を返します

物体

Buffer

のバイナリ データ キャッシュ オブジェクトio読み書きデータ処理

1
Buffer new Buffer;

静的関数

isBuffer

指定された変数が Buffer オブジェクトかどうかを確認します

1
static Boolean Buffer.isBuffer(Value v);

呼び出しパラメーター:

  • v: チェックする変数が与えられた場合の値

返される結果:

  • Boolean、着信オブジェクトが Buffer オブジェクトかどうか

from

他の Buffer から Buffer オブジェクトを作成する

1 2 3
static Buffer Buffer.from(Buffer buffer, Integer byteOffset = 0, Integer length = -1);

呼び出しパラメーター:

  • buffer: Buffer、指定された Buffer タイプ変数を使用して Buffer オブジェクトを作成します
  • byteOffset: 整数、0 から始まるデータの開始位置を指定します。
  • length: 整数、データ長を指定、開始ビットは -1、残りのすべてのデータを示す

返される結果:

  • Buffer、Buffer インスタンスを返します

文字列から Buffer オブジェクトを作成する

1 2 3
static Buffer Buffer.from(String str, Integer byteOffset = 0, Integer length = -1);

呼び出しパラメーター:

  • str: 文字列、初期化文字列、文字列は utf-8 形式で書き込まれます
  • byteOffset: 整数、0 から始まるデータの開始位置を指定します。
  • length: 整数、データ長を指定、開始ビットは -1、残りのすべてのデータを示す

返される結果:

  • Buffer、Buffer インスタンスを返します

文字列から Buffer オブジェクトを作成する

1 2
static Buffer Buffer.from(String str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: 文字列、初期化文字列。文字列は utf-8 形式で書き込まれます。デフォルトでは、空のオブジェクトが作成されます。
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Buffer、Buffer インスタンスを返します

concat

複数のバッファからのデータの接合

1 2
static Buffer Buffer.concat(Array buflist, Integer cutLength = -1);

呼び出しパラメーター:

  • buflist: 配列、スプライスされるバッファ配列
  • cutLength: 整数、インターセプトする Buffer オブジェクトの数

返される結果:

  • Buffer、スプライシング後に生成された新しい Buffer オブジェクト

alloc

指定された長さの新しいバッファーを割り当てます。サイズが 0 の場合、長さゼロのバッファーが作成されます。

1 2 3
static Buffer Buffer.alloc(Integer size, Integer fill = 0, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • size: 整数、バッファの希望の長さ
  • fill: 整数、新しいバッファに事前に入力する値。文字列/バッファ/整数値タイプを使用します。デフォルト: 0
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Buffer、塗りつぶされた新しい Buffer オブジェクト

指定された長さの新しいバッファーを割り当てます。サイズが 0 の場合、長さゼロのバッファーが作成されます。

1 2 3
static Buffer Buffer.alloc(Integer size, String fill = "", String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • size: 整数、バッファの希望の長さ
  • fill: 新しいバッファに事前に入力する値である文字列。文字列/バッファ/整数値タイプを使用します。デフォルト: 0
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Buffer、塗りつぶされた新しい Buffer オブジェクト

指定された長さの新しいバッファーを割り当てます。サイズが 0 の場合、長さゼロのバッファーが作成されます。

1 2 3
static Buffer Buffer.alloc(Integer size, Buffer fill, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • size: 整数、バッファの希望の長さ
  • fill: 新しいバッファを事前に埋める値であるバッファは、文字列/バッファ/整数値タイプを使用します。デフォルト: 0
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Buffer、塗りつぶされた新しい Buffer オブジェクト

allocUnsafe

指定された長さの新しいバッファーを割り当てます。サイズが 0 の場合、長さゼロのバッファーが作成されます。

1
static Buffer Buffer.allocUnsafe(Integer size);

呼び出しパラメーター:

  • size: 整数、バッファの希望の長さ

返される結果:

  • Buffer、指定されたサイズの新しい Buffer オブジェクト

allocUnsafeSlow

指定された長さの新しいバッファーを割り当てます。サイズが 0 の場合、長さゼロのバッファーが作成されます。

1
static Buffer Buffer.allocUnsafeSlow(Integer size);

呼び出しパラメーター:

  • size: 整数、バッファの希望の長さ

返される結果:

  • Buffer、指定されたサイズの新しい Buffer オブジェクト

byteLength

文字列の実際のバイト長を返します

1 2
static Integer Buffer.byteLength(String str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: String、フェッチされるバイトの文字列。str が ArrayBuffer/TypedArray/DataView/Buffer オブジェクトの場合、実際の長さを返します
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Integer、実際の長さをバイト単位で返します

文字列の実際のバイト長を返します

1 2
static Integer Buffer.byteLength(ArrayBuffer str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: ArrayBuffer、取得するバイトの文字列。str が ArrayBuffer/TypedArray/DataView/Buffer オブジェクトの場合、実際の長さを返します
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Integer、実際の長さをバイト単位で返します

文字列の実際のバイト長を返します

1 2
static Integer Buffer.byteLength(ArrayBufferView str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: ArrayBufferView、取得するバイト文字列。str が ArrayBuffer/TypedArray/DataView/Buffer オブジェクトの場合、実際の長さを返します
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Integer、実際の長さをバイト単位で返します

文字列の実際のバイト長を返します

1 2
static Integer Buffer.byteLength(Buffer str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: Buffer、フェッチされるバイト文字列。str が ArrayBuffer/TypedArray/DataView/Buffer オブジェクトの場合、実際の長さを返します
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Integer、実際の長さをバイト単位で返します

compare

buf1 と buf2 を比較します, 多くの場合 Buffer インスタンス間のソートに使用されます. このメソッドは buf1.compare(buf2) と同等です.

1 2
static Integer Buffer.compare(Buffer buf1, Buffer buf2);

呼び出しパラメーター:

  • buf1: バッファ、比較する buf
  • buf2: バッファ、比較する buf

返される結果:

  • Integer、比較されたバイトの長さを返します

isEncoding

エンコード形式がサポートされているかどうかを確認する

1
static Boolean Buffer.isEncoding(String codec);

呼び出しパラメーター:

  • codec: 文字列、検出するエンコード形式

返される結果:

  • Boolean、サポートするかどうか

メンバー プロパティ

length

整数、キャッシュされたオブジェクトのサイズを取得します

1
readonly Integer Buffer.length;

byteOffset

整数、キャッシュされたオブジェクトのオフセット値を取得します

1
readonly Integer Buffer.byteOffset;

buffer

ArrayBuffer、バッファリングされたデータを ArrayBuffer 形式で返します

1
readonly ArrayBuffer Buffer.buffer;

メンバー関数

resize

キャッシュ オブジェクトのサイズを変更する

1
Buffer.resize(Integer sz);

呼び出しパラメーター:

  • sz: 整数、新しいサイズを指定

append

キャッシュ オブジェクトの末尾に一連のバイナリ データを書き込む

1
Buffer.append(Buffer data);

呼び出しパラメーター:

  • data: バッファ、バイナリデータの初期化

キャッシュ オブジェクトの最後に文字列を書き込みます。文字列は utf-8 形式で書き込まれます。

1 2
Buffer.append(String str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: 文字列、書き込む文字列
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

write

指定された文字列をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。文字列のデフォルトは utf-8 で、範囲外の場合はデータの一部のみが書き込まれます

1 2 3 4
Integer Buffer.write(String str, Integer offset = 0, Integer length = -1, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: 文字列、書き込まれる文字列
  • offset:整数、書き込み開始位置
  • length: 整数、書き込み長 (バイト単位、デフォルト値 -1)、指定されていない場合は、書き込まれる文字列の長さ
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Integer、書き込まれたデータ バイトの長さ

指定された文字列をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。文字列のデフォルトは utf-8 で、範囲外の場合はデータの一部のみが書き込まれます

1 2 3
Integer Buffer.write(String str, Integer offset = 0, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: 文字列、書き込まれる文字列
  • offset:整数、書き込み開始位置
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Integer、書き込まれたデータ バイトの長さ

指定された文字列をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。文字列のデフォルトは utf-8 で、範囲外の場合はデータの一部のみが書き込まれます

1 2
Integer Buffer.write(String str, String codec = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • str: 文字列、書き込まれる文字列
  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット

返される結果:

  • Integer、書き込まれたデータ バイトの長さ

fill

指定されたコンテンツ データで Buffer オブジェクトを埋めます

1 2 3
Buffer Buffer.fill(Integer v, Integer offset = 0, Integer end = -1);

呼び出しパラメーター:

  • v: 整数、埋められるデータ。オフセットと終了が指定されていない場合、バッファ全体が埋められます。
  • offset: 整数、塗りつぶし開始位置
  • end: 整数、塗りつぶし終了位置

返される結果:

  • Buffer、現在の Buffer オブジェクトを返します

指定されたコンテンツ データで Buffer オブジェクトを埋めます

1 2 3
Buffer Buffer.fill(Buffer v, Integer offset = 0, Integer end = -1);

呼び出しパラメーター:

  • v: バッファ、埋められるデータ。オフセットと終了が指定されていない場合、バッファ全体が埋められます。
  • offset: 整数、塗りつぶし開始位置
  • end: 整数、塗りつぶし終了位置

返される結果:

  • Buffer、現在の Buffer オブジェクトを返します

指定されたコンテンツ データで Buffer オブジェクトを埋めます

1 2 3
Buffer Buffer.fill(String v, Integer offset = 0, Integer end = -1);

呼び出しパラメーター:

  • v: 文字列、埋められるデータ、オフセットと終了が指定されていない場合、バッファ全体が埋められます
  • offset: 整数、塗りつぶし開始位置
  • end: 整数、塗りつぶし終了位置

返される結果:

  • Buffer、現在の Buffer オブジェクトを返します

indexOf

Buffer 内の指定されたデータの最初の出現を返します

1 2
Integer Buffer.indexOf(Integer v, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • v: 整数、検索するデータ、オフセットが指定されていない場合、デフォルトは開始ビットから始まります
  • offset: 整数、検索開始位置

返される結果:

  • Integer、見つかった位置を返します。見つからない場合は -1 を返します

Buffer 内の指定されたデータの最初の出現を返します

1 2
Integer Buffer.indexOf(Buffer v, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • v: バッファ、検索するデータ、オフセットが指定されていない場合、デフォルトで開始ビットから開始されます
  • offset: 整数、検索開始位置

返される結果:

  • Integer、見つかった位置を返します。見つからない場合は -1 を返します

Buffer 内の指定されたデータの最初の出現を返します

1 2
Integer Buffer.indexOf(String v, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • v: 文字列、検索するデータ、オフセットが指定されていない場合、デフォルトは開始ビットから始まります
  • offset: 整数、検索開始位置

返される結果:

  • Integer、見つかった位置を返します。見つからない場合は -1 を返します

compare

バッファの内容を比較する

1
Integer Buffer.compare(Buffer buf);

呼び出しパラメーター:

  • buf: Buffer、比較するバッファ オブジェクト

返される結果:

  • Integer、内容比較結果

copy

ソース キャッシュ オブジェクト領域から宛先キャッシュ オブジェクト領域へのデータのコピー

1 2 3 4
Integer Buffer.copy(Buffer targetBuffer, Integer targetStart = 0, Integer sourceStart = 0, Integer sourceEnd = -1);

呼び出しパラメーター:

  • targetBuffer: バッファ、ターゲット バッファ オブジェクト
  • targetStart: 整数、ターゲット キャッシュ オブジェクトのコピー開始バイト位置、デフォルトは 0
  • sourceStart: 整数、ソース キャッシュ オブジェクトの開始バイト位置、デフォルトは 0
  • sourceEnd: 整数、ソース キャッシュ オブジェクトの終了バイト位置。デフォルトは -1 で、ソース データの長さを示します。

返される結果:

  • Integer、コピーされたデータの長さ (バイト単位)

set

ソース キャッシュ オブジェクト領域から宛先キャッシュ オブジェクト領域へのデータのコピー

1 2
Integer Buffer.set(Buffer src, Integer start);

呼び出しパラメーター:

  • src: バッファ、ターゲット バッファ オブジェクト
  • start: 整数、ソース キャッシュ オブジェクトの開始バイト位置

返される結果:

  • Integer、コピーされたデータの長さ (バイト単位)

readUInt8

キャッシュ オブジェクトから 8 ビットの符号なし整数値を読み取ります

1
Integer Buffer.readUInt8(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readUInt16LE

リトルエンディアンで格納されたキャッシュ オブジェクトから 16 ビットの符号なし整数値を読み取ります

1
Integer Buffer.readUInt16LE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readUInt16BE

ビッグ エンディアンで格納されたキャッシュ オブジェクトから 16 ビットの符号なし整数値を読み取ります

1
Integer Buffer.readUInt16BE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readUInt32LE

リトルエンディアンで格納されたキャッシュ オブジェクトから 32 ビットの符号なし整数値を読み取ります

1
Long Buffer.readUInt32LE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

readUInt32BE

キャッシュ オブジェクトから 32 ビットの符号なし整数値を読み取り、ビッグ エンディアンで格納します

1
Long Buffer.readUInt32BE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

readUIntLE

キャッシュ オブジェクトから符号なし整数値を読み取り、最大 64 ビットをサポートし、リトル エンディアンで格納します。

1 2
Long Buffer.readUIntLE(Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0
  • byteLength: 整数。読み取るバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

readUIntBE

キャッシュ オブジェクトから符号なし整数値を読み取り、最大 64 ビットをサポートし、それを上位エンディアン順に格納します

1 2
Long Buffer.readUIntBE(Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0
  • byteLength: 整数。読み取るバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

readInt64LE

リトルエンディアンで格納されたキャッシュ オブジェクトから 64 ビット整数値を読み取ります

1
Long Buffer.readInt64LE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

readInt64BE

ビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトから 64 ビット整数値を読み取ります。

1
Long Buffer.readInt64BE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

readInt8

キャッシュ オブジェクトから 8 ビット整数値を読み取ります

1
Integer Buffer.readInt8(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readInt16LE

リトルエンディアンで格納されたキャッシュ オブジェクトから 16 ビット整数値を読み取ります

1
Integer Buffer.readInt16LE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readInt16BE

ビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトから 16 ビット整数値を読み取ります。

1
Integer Buffer.readInt16BE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readInt32LE

リトルエンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトから 32 ビット整数値を読み取ります。

1
Integer Buffer.readInt32LE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readInt32BE

ビッグ エンディアンで格納されたキャッシュ オブジェクトから 32 ビット整数値を読み取ります

1
Integer Buffer.readInt32BE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Integer、読み取った整数値を返します

readIntLE

キャッシュ オブジェクトから整数値を読み取り、最大 64 ビットをサポートし、リトル エンディアンで格納します。

1 2
Long Buffer.readIntLE(Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0
  • byteLength: 整数。読み取るバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

readIntBE

キャッシュ オブジェクトから整数値を読み取り、最大 64 ビットをサポートし、それを上位エンディアン順に格納します

1 2
Long Buffer.readIntBE(Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0
  • byteLength: 整数。読み取るバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Long、読み取った整数値を返します

writeInt64LE

リトルエンディアンで格納されたキャッシュ オブジェクトに 64 ビット整数値を書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeInt64LE(Long value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeInt64BE

ビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに 64 ビット整数値を書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeInt64BE(Long value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

readFloatLE

リトルエンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトから浮動小数点数を読み取ります。

1
Number Buffer.readFloatLE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Number、読み込んだ浮動小数点数を返します

readFloatBE

ビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトから浮動小数点数を読み取ります。

1
Number Buffer.readFloatBE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Number、読み込んだ浮動小数点数を返します

readDoubleLE

リトルエンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトから倍精度浮動小数点数を読み取ります。

1
Number Buffer.readDoubleLE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Number、読み取った倍精度浮動小数点数を返します

readDoubleBE

ビッグ エンディアン ストレージ内のキャッシュ オブジェクトから倍精度浮動小数点数を読み取ります。

1
Number Buffer.readDoubleBE(Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • offset: 整数、読み取りの開始位置を指定、デフォルトは 0

返される結果:

  • Number、読み取った倍精度浮動小数点数を返します

writeUInt8

8 ビットの符号なし整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeUInt8(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeUInt16LE

リトルエンディアンで格納された 16 ビットの符号なし整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeUInt16LE(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeUInt16BE

16 ビットの符号なし整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込み、ビッグ エンディアンで格納します。

1 2
Integer Buffer.writeUInt16BE(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeUInt32LE

32 ビットの符号なし整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込み、リトル エンディアンで格納します。

1 2
Integer Buffer.writeUInt32LE(Long value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeUInt32BE

32 ビットの符号なし整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込み、ビッグ エンディアンで格納します。

1 2
Integer Buffer.writeUInt32BE(Long value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeUIntLE

リトルエンディアン ストレージで、最大 64 ビットの符号なし整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2 3
Integer Buffer.writeUIntLE(Long value, Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定
  • byteLength: 整数。書き込むバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeUIntBE

符号なし整数値を、最大 64 ビットのキャッシュ オブジェクトにハイ エンディアン ストレージに書き込みます。

1 2 3
Integer Buffer.writeUIntBE(Long value, Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定
  • byteLength: 整数。書き込むバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeInt8

8 ビット整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeInt8(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeInt16LE

リトル エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに 16 ビット整数値を書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeInt16LE(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeInt16BE

16 ビット整数値をビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeInt16BE(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeInt32LE

リトル エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに 32 ビット整数値を書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeInt32LE(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeInt32BE

ビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに 32 ビット整数値を書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeInt32BE(Integer value, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • value: 整数、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeIntLE

リトル エンディアン ストレージで最大 64 ビットの整数値をキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2 3
Integer Buffer.writeIntLE(Long value, Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定
  • byteLength: 整数。書き込むバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeIntBE

整数値を、最大 64 ビットのキャッシュ オブジェクトにハイ エンディアン ストレージに書き込みます。

1 2 3
Integer Buffer.writeIntBE(Long value, Integer offset = 0, Integer byteLength = 8);

呼び出しパラメーター:

  • value:ロング、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定
  • byteLength: 整数。書き込むバイト数を指定します。デフォルトは 8 バイトです。

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeFloatLE

リトル エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに浮動小数点数を書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeFloatLE(Number value, Integer offset);

呼び出しパラメーター:

  • value:数値、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeFloatBE

浮動小数点数をビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeFloatBE(Number value, Integer offset);

呼び出しパラメーター:

  • value:数値、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeDoubleLE

リトルエンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに倍精度浮動小数点数を書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeDoubleLE(Number value, Integer offset);

呼び出しパラメーター:

  • value:数値、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

writeDoubleBE

倍精度浮動小数点数をビッグ エンディアン ストレージのキャッシュ オブジェクトに書き込みます。

1 2
Integer Buffer.writeDoubleBE(Number value, Integer offset);

呼び出しパラメーター:

  • value:数値、書き込む値を指定
  • offset: 整数、書き込み開始位置を指定

返される結果:

  • Integer、オフセットと書き込まれたバイト数

slice

キャッシュの指定された開始点から終了点までのデータを含む新しいキャッシュ オブジェクトを返します

1
Buffer Buffer.slice(Integer start = 0);

呼び出しパラメーター:

  • start: 整数、指定された範囲の開始、デフォルトは先頭から開始

返される結果:

  • Buffer、新しいキャッシュ オブジェクトを返します

指定された範囲のデータを含む新しいキャッシュ オブジェクトを返します。範囲がキャッシュを超える場合は、データの有効な部分のみが返されます

1 2
Buffer Buffer.slice(Integer start, Integer end);

呼び出しパラメーター:

  • start: 整数、指定範囲の開始
  • end: 整数、指定範囲の末尾

返される結果:

  • Buffer、新しいキャッシュ オブジェクトを返します

join

現在のオブジェクトのすべての要素を文字列に入れる

1
String Buffer.join(String separator = ",");

呼び出しパラメーター:

  • separator: 文字列、分割文字、デフォルトは「,」

返される結果:

  • String、結果の文字列を返します

reverse

現在のオブジェクトのデータを逆順で含む新しいキャッシュ オブジェクトを返します。

1
Buffer Buffer.reverse();

返される結果:

  • Buffer、新しいキャッシュ オブジェクトを返します

equals

現在のオブジェクトと指定されたオブジェクトが等しいかどうかを比較します

1
Boolean Buffer.equals(object expected);

呼び出しパラメーター:

  • expected:object、比較対象を定式化する

返される結果:

  • Boolean、オブジェクト比較の結果を返します

hex

16 進エンコードを使用してオブジェクト コンテンツをキャッシュする

1
String Buffer.hex();

返される結果:

  • String、エンコードされた文字列を返します

base32

使用するbase32キャッシュ オブジェクト コンテンツのエンコード

1
String Buffer.base32();

返される結果:

  • String、エンコードされた文字列を返します

base58

使用するbase58キャッシュ オブジェクト コンテンツのエンコード

1
String Buffer.base58();

返される結果:

  • String、エンコードされた文字列を返します

base64

使用するbase64キャッシュ オブジェクト コンテンツのエンコード

1
String Buffer.base64();

返される結果:

  • String、エンコードされた文字列を返します

keys

すべてのバイナリ データの配列を返します

1
Iterator Buffer.keys();

返される結果:

  • Iterator、オブジェクトのデータのインデックスを含む反復子を返します

values

すべてのバイナリ データの配列を返します

1
Iterator Buffer.values();

返される結果:

  • Iterator、オブジェクト データ値を含む反復子を返します

entries

オブジェクト データ [インデックス、バイト] ペアを含む反復子を返します

1
Iterator Buffer.entries();

返される結果:

  • Iterator, [index, byte] ペアの反復子

forEach

オブジェクトの各要素に対して指定された関数を1回実行します

1 2
Buffer.forEach(Function callback, Value thisArg = undefined);

呼び出しパラメーター:

  • callback: 関数、配列内の各要素に対して実行する関数。この関数は、1 つから 3 つのパラメーターを受け入れます: currentValue、index、array
  • thisArg: 値、コールバック関数が実行されるときにこれとして使用される値

toArray

すべてのバイナリ データの配列を返します

1
Array Buffer.toArray();

返される結果:

  • Array、オブジェクト データを含む配列を返します

toString

バイナリ データのエンコードされた文字列を返します

1 2 3
String Buffer.toString(String codec, Integer offset = 0, Integer end);

呼び出しパラメーター:

  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット
  • offset: 整数、読み取り開始位置
  • end: 整数、読み取り終了位置

返される結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

バイナリ データのエンコードされた文字列を返します

1 2
String Buffer.toString(String codec, Integer offset = 0);

呼び出しパラメーター:

  • codec: 文字列、エンコード形式を指定します。使用できる値は次のとおりです: "hex"、"base32"、"base58"、"base64"、"utf8"、またはiconvモジュールがサポートする文字セット
  • offset: 整数、読み取り開始位置

返される結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

バイナリ データの utf8 エンコード文字列を返します

1
String Buffer.toString();

返される結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[Native Object]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます

1
String Buffer.toString();

返される結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能なプロパティのセットを返します

1
Value Buffer.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

返される結果:

  • Value、シリアル化可能な JSON を含む値を返します