オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトバッファストリーム

キャッシュリードオブジェクト

BufferedReader オブジェクトは、バイナリ ストリーム オブジェクト データをキャッシュし、テキスト読み取り機能を提供するために使用されます。utf-8 形式の変換のみをサポートします。作成方法:

1
var reader = new io.BufferedStream(stream);

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<class>Stream|fd|read();write();flush();close();copyTo()] [<this>BufferedStream|new BufferedStream()|stream;charset;EOL|readText();readLine();readLines();readUntil();writeText();writeLine()] [object] <:- [Stream] [Stream] <:- [BufferedStream] BufferedStream new BufferedStream() stream charset EOL readText() readLine() readLines() readUntil() writeText() writeLine() Stream fd read() write() flush() close() copyTo() object toString() toJSON()

コンストラクタ

BufferedStream

BufferedStream コンストラクター

1
new BufferedStream(Stream stm);

呼び出しパラメータ:

  • stm: Stream、BufferedStream のバイナリ ベース ストリーム オブジェクト

メンバーの属性

stream

Stream, キャッシュ オブジェクトの作成時にストリーム オブジェクトを照会します

1
readonly Stream BufferedStream.stream;

charset

文字列、クエリ、およびテキスト処理時の現在のオブジェクトの文字セットを設定します。デフォルトは utf-8 です。

1
String BufferedStream.charset;

EOL

文字列、クエリ、行末識別子の設定、デフォルトでは、posix:\"\n\"; windows:\"\r\n\"

1
String BufferedStream.EOL;

fd

整数、クエリ Stream サブクラスによって実装される、対応するファイル記述子の値

1
readonly Integer BufferedStream.fd;

メンバー関数

readText

指定した文字でテキストを読み上げる

1
String BufferedStream.readText(Integer size) async;

呼び出しパラメータ:

  • size: 整数、読み取るテキストの文字数を指定します。utf8 または指定されたエンコードされたバイト数に従います。

結果を返す:

  • String、読み取ったテキスト文字列を返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は、null を返します。

readLine

テキストの行を読み取り、行の終わりは EOL 属性の設定に基づきます。デフォルトでは、posix:\"\n\"; windows:\"\r\n\"

1
String BufferedStream.readLine(Integer maxlen = -1) async;

呼び出しパラメータ:

  • maxlen:整数、今回読み込む最大文字列を指定、utf8エンコーディングバイトを条件、デフォルトでは文字数制限なし

結果を返す:

  • String、読み取ったテキスト文字列を返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は、null を返します。

readLines

配列内のテキスト行のグループを読み取ります。行の終わりは、EOL 属性の設定に基づいて識別されます。デフォルトでは、posix:\"\n\"; windows:\"\r\n\"

1
Array BufferedStream.readLines(Integer maxlines = -1);

呼び出しパラメータ:

  • maxlines:整数、今回読み込む最大行数を指定、デフォルトで全てのテキスト行を読み込む

結果を返す:

  • Array、読み取ったテキスト行の配列を返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は、空の配列を返します。

readUntil

指定されたバイトで終わるテキスト文字列を読み取ります

1 2
String BufferedStream.readUntil(String mk, Integer maxlen = -1) async;

呼び出しパラメータ:

  • mk: 文字列、終了文字列を指定
  • maxlen:整数、今回読み込む最大文字列を指定、utf8エンコーディングバイトを条件、デフォルトでは文字数制限なし

結果を返す:

  • String、読み取ったテキスト文字列を返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は、null を返します。

writeText

文字列を書く

1
BufferedStream.writeText(String txt) async;

呼び出しパラメータ:

  • txt:文字列、書く文字列を指定

writeLine

文字列を書く、改行文字を書く

1
BufferedStream.writeLine(String txt) async;

呼び出しパラメータ:

  • txt:文字列、書く文字列を指定

read

ストリームから指定サイズのデータ​​を読み込む

1
Buffer BufferedStream.read(Integer bytes = -1) async;

呼び出しパラメータ:

  • bytes: 整数、読み取るデータの量を指定します。デフォルトでは、ランダムなサイズのデータ​​ ブロックが読み取られます。読み取られるデータのサイズは、デバイスによって異なります

結果を返す:

  • Buffer、ストリームから読み取ったデータを返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は null を返します。

write

指定されたデータをストリームに書き込みます

1
BufferedStream.write(Buffer data) async;

呼び出しパラメータ:

  • data: Buffer、書き込むデータが与えられると

flush

ファイル バッファーの内容を物理デバイスに書き込みます。

1
BufferedStream.flush() async;

close

現在のストリーム オブジェクトを閉じる

1
BufferedStream.close() async;

copyTo

ストリーム データをターゲット ストリームにコピーする

1 2
Long BufferedStream.copyTo(Stream stm, Long bytes = -1) async;

呼び出しパラメータ:

  • stm: Stream、対象のストリームオブジェクト
  • bytes: Long、コピーされたバイト数

結果を返す:

  • Long、コピーされたバイト数を返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブ オブジェクト]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます。

1
String BufferedStream.toString();

結果を返す:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式の表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value BufferedStream.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key: ストリング、未使用

結果を返す:

  • Value、シリアライズ可能なJSONを含む値を返します