オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトハンドラー

メッセージ プロセッサ インターフェイス

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>Handler|new Handler()|invoke()] [<class>Chain] [<class>HttpHandler] [<class>HttpRepeater] [<class>Routing] [<class>SslHandler] [object] <:- [Handler] [Handler] <:- [Chain] [Handler] <:- [HttpHandler] [Handler] <:- [HttpRepeater] [Handler] <:- [Routing] [Handler] <:- [SslHandler] Handler new Handler() invoke() object toString() toJSON() Chain HttpHandler HttpRepeater Routing SslHandler

コンストラクタ

Handler

メッセージプロセッサチェーン処理オブジェクトの構築

1
new Handler(Array hdlrs);

呼び出しパラメータ:

  • hdlrs: アレイ、プロセッサ アレイ

メッセージ ハンドラー ルーティング オブジェクトを作成する

1
new Handler(Object map);

呼び出しパラメータ:

  • map: オブジェクト、ルーティング パラメータの初期化

JavaSvript メッセージ プロセッサを作成する

1
new Handler(Function hdlr);

呼び出しパラメータ:

  • hdlr: 関数、JavaScript プロセッサ関数

fileHandler を構築するか、 HttpRepeater

1
new Handler(String hdlr);

呼び出しパラメータ:

  • hdlr: 文字列、プロセッサのアドレス パラメータ

メンバー関数

invoke

メッセージまたはオブジェクトを処理する

1
Handler Handler.invoke(object v) async;

呼び出しパラメータ:

  • v: object、処理するメッセージまたはオブジェクトを指定します

結果を返す:

  • Handler, 次のプロセッサに戻る

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブ オブジェクト]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます。

1
String Handler.toString();

結果を返す:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式の表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value Handler.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key: ストリング、未使用

結果を返す:

  • Value、シリアライズ可能なJSONを含む値を返します