オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトStatsWatcher

ファイル統計観測オブジェクト

fs.watchFile(target, onchange)正常に呼び出すfs.watchFile(target, onchange)このタイプのオブジェクトが返されます

1 2 3 4 5 6 7
var fs = require("fs"); var statsWatcher = fs.watchFile(target, (curStat, prevStat) => { // process // ... statsWatcher.unref(); });

onchangeコールバックは、監視対象のターゲットファイルターゲットのmtime属性が変更された場合にのみトリガーされます。

ターゲットファイルターゲットにアクセスするだけでは、onchangeコールバックはトリガーされません。

fs.watchFile(target)が呼び出されたときに、ターゲットによって表されるファイルまたはディレクトリがまだ存在しない場合、onchangeコールバック呼び出されません。ターゲットが作成されるまで、コールバック呼び出されません。ウォッチャーが機能している場合)ターゲットファイルが削除された場合、後続のコールバックはありません

継承

静的プロパティ

defaultMaxListeners

整数、リスナーのデフォルトのグローバル最大数

1
static Integer StatsWatcher.defaultMaxListeners;

メンバー属性

onchange

on( "change"、func);と同等の、 "file change"イベントの関数、クエリ、およびバインド。

1
Function StatsWatcher.onchange;

メンバー機能

close

ターゲットファイルパスの監視を停止し、参照カウントをクリアします(プロセスを保持しなくなります)

1
StatsWatcher.close();

ref

参照カウントを増やし、ウォッチャーがまだ使用されている限り、プロセスを終了しないようにfibjsに指示します。

1
StatsWatcher StatsWatcher.ref();

戻り結果:

  • StatsWatcher 、StatsWatcher自体を返します

fs.watchFile()を介して取得されたfs.watchFile()は、デフォルトでこのメソッドを呼び出しています。つまり、プロセスはデフォルトで保持されます。


unref

参照数を減らす

1
StatsWatcher StatsWatcher.unref();

戻り結果:

  • StatsWatcher 、StatsWatcher自体を返します

on

イベントハンドラーをオブジェクトにバインドします

1 2
Object StatsWatcher.on(String ev, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します
  • func :関数、イベント処理関数を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

イベントハンドラーをオブジェクトにバインドします

1
Object StatsWatcher.on(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、イベントマッピング関係を指定します。オブジェクトのプロパティ名はイベント名になり、プロパティ値はイベント処理関数になります。

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

addListener

イベントハンドラーをオブジェクトにバインドします

1 2
Object StatsWatcher.addListener(String ev, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します
  • func :関数、イベント処理関数を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

イベントハンドラーをオブジェクトにバインドします

1
Object StatsWatcher.addListener(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、イベントマッピング関係を指定します。オブジェクトのプロパティ名はイベント名になり、プロパティ値はイベント処理関数になります。

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

prependListener

イベントハンドラーをオブジェクト開始にバインドします

1 2
Object StatsWatcher.prependListener(String ev, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します
  • func :関数、イベント処理関数を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

イベントハンドラーをオブジェクト開始にバインドします

1
Object StatsWatcher.prependListener(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、イベントマッピング関係を指定します。オブジェクトのプロパティ名はイベント名になり、プロパティ値はイベント処理関数になります。

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

once

ワンタイムイベント処理関数をオブジェクトにバインドします。ワンタイム処理関数は1回だけトリガーされます

1 2
Object StatsWatcher.once(String ev, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します
  • func :関数、イベント処理関数を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

ワンタイムイベント処理関数をオブジェクトにバインドします。ワンタイム処理関数は1回だけトリガーされます

1
Object StatsWatcher.once(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、イベントマッピング関係を指定します。オブジェクトのプロパティ名はイベント名になり、プロパティ値はイベント処理関数になります。

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

prependOnceListener

イベントハンドラーをオブジェクト開始にバインドします

1 2
Object StatsWatcher.prependOnceListener(String ev, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します
  • func :関数、イベント処理関数を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

イベントハンドラーをオブジェクト開始にバインドします

1
Object StatsWatcher.prependOnceListener(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、イベントマッピング関係を指定します。オブジェクトのプロパティ名はイベント名になり、プロパティ値はイベント処理関数になります。

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

off

指定した機能をオブジェクト処理キューからキャンセルします

1 2
Object StatsWatcher.off(String ev, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します
  • func :関数、イベント処理関数を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

オブジェクト処理キュー内のすべての機能をキャンセルします

1
Object StatsWatcher.off(String ev);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

指定した機能をオブジェクト処理キューからキャンセルします

1
Object StatsWatcher.off(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、イベントマッピング関係を指定し、オブジェクトのプロパティ名をイベント名として使用し、プロパティ値をイベント処理関数として使用します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

removeListener

指定した機能をオブジェクト処理キューからキャンセルします

1 2
Object StatsWatcher.removeListener(String ev, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します
  • func :関数、イベント処理関数を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

オブジェクト処理キュー内のすべての機能をキャンセルします

1
Object StatsWatcher.removeListener(String ev);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

指定した機能をオブジェクト処理キューからキャンセルします

1
Object StatsWatcher.removeListener(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、イベントマッピング関係を指定し、オブジェクトのプロパティ名をイベント名として使用し、プロパティ値をイベント処理関数として使用します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

removeAllListeners

オブジェクト処理キューからすべてのイベントのすべてのリスナーをキャンセルします。イベントが指定されている場合は、指定されたイベントのすべてのリスナーを削除します。

1
Object StatsWatcher.removeAllListeners(Array evs = []);

呼び出しパラメーター:

  • evs :配列、イベントの名前を指定します

戻り結果:

  • Object 、イベントオブジェクト自体を返し、呼び出しをチェーンするのは簡単

setMaxListeners

互換性のためだけの、リスナー数のデフォルト制限

1
StatsWatcher.setMaxListeners(Integer n);

呼び出しパラメーター:

  • n :整数、イベントの数を指定します

getMaxListeners

互換性のためにのみ、リスナー数のデフォルト制限を取得します

1
Integer StatsWatcher.getMaxListeners();

戻り結果:

  • Integer 、デフォルトの制限数を返します

listeners

クエリオブジェクトの指定されたイベントのリスナーの配列

1
Array StatsWatcher.listeners(String ev);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します

戻り結果:

  • Arrayは、指定されたイベントのリスナーの配列を返します

listenerCount

クエリオブジェクトの指定されたイベントのリスナーの数

1
Integer StatsWatcher.listenerCount(String ev);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベントの名前を指定します

戻り結果:

  • Integer 、指定されたイベントのリスナーの数を返します

eventNames

リスナーイベント名のクエリ

1
Array StatsWatcher.eventNames();

戻り結果:

  • Array 、イベント名の配列を返します

emit

イベントを積極的にトリガーする

1 2
Boolean StatsWatcher.emit(String ev, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • ev :文字列、イベント名
  • args :...、イベントハンドラーに渡されるイベントパラメーター

戻り結果:

  • Boolean 、イベントトリガーステータスを返し、応答イベントがある場合はtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String StatsWatcher.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value StatsWatcher.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します