オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトストリーム

バイナリデータストリームの読み取りと書き込みに使用されるストリーム操作オブジェクト

ストリームは、ストリーム処理の標準的な言い訳を定義するために使用される基本的なオブジェクトであり、個別に作成することはできません

継承

%0 object object toString() toJSON() Stream Stream read() write() flush() close() copyTo() object->Stream BufferedStream BufferedStream Stream->BufferedStream SeekableStream SeekableStream Stream->SeekableStream Socket Socket Stream->Socket SslSocket SslSocket Stream->SslSocket File File SeekableStream->File MemoryStream MemoryStream SeekableStream->MemoryStream

メンバー機能

read

ストリームから指定されたサイズのデータ​​を読み取ります

1
Buffer Stream.read(Integer bytes = -1) async;

呼び出しパラメータ:

  • bytes :整数。読み取るデータの量を指定します。デフォルトでは、ランダムなサイズのデータ​​ブロックを読み取ります。読み取られるデータのサイズはデバイスによって異なります

結果を返す:

  • Bufferは、ストリームから読み取ったデータを返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は、nullを返します

write

指定されたデータをストリームに書き込みます

1
Stream.write(Buffer data) async;

呼び出しパラメータ:

  • data :書き込むデータを指定したBuffer

flush

ファイルバッファーの内容を物理デバイスに書き込む

1
Stream.flush() async;

close

現在のストリームオブジェクトを閉じる

1
Stream.close() async;

copyTo

ストリームデータをターゲットストリームにコピーする

1 2
Long Stream.copyTo(Stream stm, Long bytes = -1) async;

呼び出しパラメータ:

  • stm :ストリーム、ターゲットストリームオブジェクト
  • bytes :Long、コピーされたバイト数

結果を返す:

  • Long 、コピーされたバイト数を返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[Native Object]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます

1
String Stream.toString();

結果を返す:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します

1
Value Stream.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key :文字列、未使用

結果を返す:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します