素晴らしいコミュニティモジュール

@fibjs/ci

自動生成 ci 構成ファイル。

インストール

1
$ npm i @fibjs/ci --save-dev

使用法

ciプロパティを に追加しますpackage.json

1 2 3 4
"ci": { "type": "travis, appveyor", // default ci env type is 'travis, appveyor' "version": "0.3.1" // default version is 0.3.1. Only support version >= 0.3.1 }

ここで利用可能なバージョンを確認できます: fibjs.org/downloads/

そしてciシステムは自動的にnpm run ciコマンドを実行するので、これをあなたの に追加してくださいpackage.json:

1 2 3
"scritps": { "ci": "fibjs test/test.js" }

どうやって

npm postinstallhoook を使用して、実行*.ymlごとにafter を作成しnpm installます。

ライセンス

MIT