モジュールベースモジュール

モジュールプロセス

現在のプロセスのリソースを管理するプロセス処理モジュール

参考方法:

1
var process = require('process');

処理イベント

プロセスモジュールオブジェクトはEventEmitterインスタンスは、イベント リスナーを登録することにより、プロセス レベルのイベントに応答できます。

beforeExit イベント

イベントbeforeExit

1
process.on('beforeExit', exitCode => {});

通常、追加の作業がタスク キューに追加されない場合、fibjs プロセスは終了します。ただし、ファイバーを開くなど、beforeExitイベント、fibjs プロセスは引き続き実行されます。

process.exitCode唯一のパラメーター値としてbeforeExitイベントコールバック関数。直接呼び出すなど、明示的な理由でプロセスが終了しようとしている場合process.exitまたは、キャッチされない例外をスローすると、beforeExitイベントは発生しません。

終了イベント

fibjs が終了すると、イベントexitがし、exitイベントにバインドされたすべてのリスナーが実行されると、プロセスが終了します。

1
process.on('exit', exitCode => {});

exitイベント リスナーのコールバック関数は、入力パラメーターが 1 つだけで、このパラメーターの値はprocess.exitCodeのプロパティ値、または呼び出しprocess.exitメソッドに渡されるexitCode値。

シグナルイベント

fibjs プロセスがシグナルを受信すると、シグナル イベントがトリガーされます。現在サポートされているシグナルは SIGINT と SIGTERM です。シグナル名の大文字の各イベント名 (例: シグナル SIGINT のイベント 'SIGINT')。

シグナル イベントは他のプロセス イベントとは異なります. シグナル イベントはプリエンプティブです. シグナルが発生すると, 電流に関係なく.ioアクション、または JavaScript 操作は、対応するイベントをできるだけ早くトリガーします。たとえば、次のコードを使用して、現在のアプリケーションを中断し、実行ステータスを出力できます。

1 2 3 4 5 6
var coroutine = require('coroutine'); process.on('SIGINT', () => { coroutine.fibers.forEach(f => console.error("Fiber %d:\n%s", f.id, f.stack)); process.exit(); });

信号名とその意味は次のとおりです。

  • SIGINT: 端末の実行中はすべてのプラットフォームでサポートされ、通常は CTRL+C によってトリガーされます。
  • SIGTERM: このシグナルは、プロセスが強制終了されたときに発生します。Windows ではサポートされていません。

静的関数

umask

現在の umask を変更します。Windows はこの方法をサポートしていません

1
static Integer process.umask(Integer mask);

呼び出しパラメーター:

  • mask: 整数、新しいマスクを指定

返される結果:

  • Integer、前のマスクを返します

現在の umask を変更します。Windows はこの方法をサポートしていません

1
static Integer process.umask(String mask);

呼び出しパラメーター:

  • mask: 文字列。新しいマスクを指定します。文字列型は 8 進数 (例: "0664")

返される結果:

  • Integer、前のマスクを返します

現在の umask を返します。このメソッドは Windows ではサポートされていません

1
static Integer process.umask();

返される結果:

  • Integer、現在のマスク値を返します

hrtime

現在の時刻とは関係なく、高精度の計時のみに使用されるシステムの高精度の時刻を返します。

1
static Array process.hrtime(Array diff = []);

呼び出しパラメーター:

  • diff: 配列、比較の初期時間

返される結果:

  • Array、[秒、ナノ秒] の形式でタイミングを返します

exit

現在のプロセスを終了し、プロセス結果として exitCode を返します

1
static process.exit();

現在のプロセスを終了し、結果を返す

1
static process.exit(Integer code);

呼び出しパラメーター:

  • code: 整数、処理結果を返す

cwd

オペレーティング システムの現在の作業パスを返します

1
static String process.cwd();

返される結果:

  • String、現在のシステム パスを返します

chdir

オペレーティング システムの現在の作業パスを変更します

1
static process.chdir(String directory);

呼び出しパラメーター:

  • directory: 文字列。設定する新しいパスを指定します

uptime

ランタイム環境の実行時間の照会 (秒単位)

1
static Number process.uptime();

返される結果:

  • Number、時間を表す値を返します

cpuUsage

現在のプロセスがユーザー コードとシステム コードで費やした時間をマイクロ秒値 (100 万分の 1 秒) で照会します。

1
static Object process.cpuUsage(Object previousValue = {});

呼び出しパラメーター:

  • previousValue: オブジェクト、最後のクエリの時間を指定します

返される結果:

  • Object、時間とともにレポートを返します

メモリ レポートは、次のような結果を生成します。

1 2 3 4
{ "user": 132379, "system": 50507 }

の:

  • ユーザーは、プロセスがユーザー コードで費やした時間を返します
  • system は、プロセスがシステム コードで費やした時間を返します

memoryUsage

現在のプロセスのメモリ使用量レポートを照会します

1
static Object process.memoryUsage();

返される結果:

  • Object、メモリを含むレポートを返します

メモリ レポートは、次のような結果を生成します。

1 2 3 4 5
{ "rss": 8622080, "heapTotal": 4083456, "heapUsed": 1621800 }

の:

  • rss は、プロセスが現在占有している物理メモリ サイズを返します。
  • heapTotal は v8 エンジンのヒープ メモリ サイズを返します
  • heapUsed は、v8 エンジンが使用しているヒープ メモリ サイズを返します

nextTick

ファイバーを開始する

1 2
static process.nextTick(Function func, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • func: 機能、ファイバーによって実行される機能を指定します
  • args: ...、ファイバー内の関数に渡される可変引数のシーケンス

binding

指定された名前の内部モジュールを取得します

1
static Value process.binding(String name);

呼び出しパラメーター:

  • name: 文字列、照会する内部モジュール名を指定します

返される結果:

  • Value、指定された内部モジュールを返します

disconnect

親プロセスでipcパイプを閉じます

1
static process.disconnect();

send

親プロセスにメッセージを送る

1
static process.send(Value msg);

呼び出しパラメーター:

  • msg: 値、送信するメッセージを指定します

静的プロパティ

argv

配列、現在のプロセスのコマンドライン引数を返します

1
static readonly Array process.argv;

execArgv

配列は、現在のプロセスの特別なコマンド ライン パラメータを返します。これは、実行環境を設定するために fibjs によって使用されます。

1
static readonly Array process.execArgv;

version

文字列、fibjs バージョン文字列を返します

1
static readonly String process.version;

versions

オブジェクト、fibjs とコンポーネントのバージョン情報を返します

1
static readonly Object process.versions;

execPath

文字列、現在実行中の実行ファイルのフル パスを照会します

1
static readonly String process.execPath;

env

オブジェクト、現在のプロセスの環境変数を照会します

1
static readonly Object process.env;

arch

文字列、現在の CPU 環境を照会します。考えられる結果は、'amd64'、'arm'、'arm64'、'ia32' です。

1
static readonly String process.arch;

platform

文字列、現在のプラットフォーム名を照会します。考えられる結果は、'darwin'、'freebsd'、'linux'、または 'win32' です。

1
static readonly String process.platform;

pid

整数、現在のオブジェクトが指すプロセスの ID を読み取ります

1
static readonly Integer process.pid;

ppid

整数、現在のオブジェクトが指す親プロセスの ID を読み取ります

1
static readonly Integer process.ppid;

stdin

Stream、現在のプロセスの標準入力オブジェクトを照会します。tty中衛TTYInputStream、 それ以外はStream

1
static readonly Stream process.stdin;

stdout

Stream、現在のプロセスの標準出力オブジェクトを照会します。tty中衛TTYOutputStream、 それ以外はStream

1
static readonly Stream process.stdout;

stderr

Stream、現在のプロセスの標準エラー出力オブジェクトを照会します。tty中衛TTYOutputStream、 それ以外はStream

1
static readonly Stream process.stderr;

exitCode

現在のプロセスの終了コードを整数で照会し、設定します

1
static Integer process.exitCode;

connected

Boolean、親プロセスへのパイプが正常に接続されているかどうかを問い合わせる

1
static readonly Boolean process.connected;