オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトレベルDB

LevelDBデータベースオブジェクト

辞書オブジェクトの作成と管理に使用されます。作成方法:

1 2
var db = require("db"); var test = new db.openLevelDB("test.db");

継承

メンバー機能

has

指定したキー値のデータがデータベースにあるか確認してください

1
Boolean LevelDB.has(Buffer key) async;

呼び出しパラメーター:

  • keyBuffer 、チェックするキー値を指定します

戻り結果:

  • Boolean値、キー値が存在するかどうかを返します

get

指定されたキーの値を照会します

1
Buffer LevelDB.get(Buffer key) async;

呼び出しパラメーター:

  • keyBuffer 、クエリするキー値を指定します

戻り結果:

  • Buffer 、キー値に対応する値を返します。存在しない場合はnullを返します

mget

指定されたキー値のセットを照会します

1
NArray LevelDB.mget(Array keys);

呼び出しパラメーター:

  • keys :配列、照会するキー値配列を指定します

戻り結果:

  • NArray 、キー値を含む配列を返します

set

キー値データを設定し、キー値が存在しない場合は新しいデータを挿入します

1 2
LevelDB.set(Buffer key, Buffer value) async;

呼び出しパラメーター:

  • keyBuffer 、設定するキー値を指定します
  • valueBuffer 、設定するデータを指定します

mset

キー値データのセットを設定し、キー値が存在しない場合は新しいデータを挿入します

1
LevelDB.mset(Object map);

呼び出しパラメーター:

  • map :オブジェクト、設定するキー値データ辞書を指定します

mremove

指定されたキー値のセットを削除します

1
LevelDB.mremove(Array keys);

呼び出しパラメーター:

  • keys :配列、削除するキー値配列を指定します

remove

指定されたキーのすべての値を削除します

1
LevelDB.remove(Buffer key) async;

呼び出しパラメーター:

  • keyBuffer 、削除するキー値を指定します

forEach

データベース内のすべてのキーと値のペアを列挙します

1
LevelDB.forEach(Function func);

呼び出しパラメーター:

  • func :関数、列挙コールバック関数

コールバック関数には、(値、キー)の2つのパラメーターがあります。

1 2 3 4 5 6
var db = require("db"); var test = new db.openLevelDB("test.db"); test.forEach(function(value, key) { ... });

between

fromとtoの間のデータベース内のキーと値のペアを列挙します

1 2 3
LevelDB.between(Buffer from, Buffer to, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • fromBuffer 、列挙の最小キー値、このキー値は列挙に含まれます
  • toBuffer 、列挙の最大キー値、このキー値は列挙に含まれません
  • func :関数、列挙コールバック関数

コールバック関数には、(値、キー)の2つのパラメーターがあります。

1 2 3 4 5 6
var db = require("db"); var test = new db.openLevelDB("test.db"); test.between("aaa", "bbb", function(value, key) { ... });

begin

現在のデータベースでトランザクションを開始します

1
LevelDB LevelDB.begin();

戻り結果:

  • LevelDBは、開いているトランザクションオブジェクトを返します

commit

現在のトランザクションをコミットします

1
LevelDB.commit();

close

現在のデータベース接続またはトランザクションを閉じます

1
LevelDB.close() async;

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String LevelDB.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value LevelDB.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します