オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト RedisList

Redis データベースクライアント リストオブジェクト、このオブジェクトは指定されたキーを含むクライアントであり、そのメソッドが呼び出された場合にのみデータベースを操作できます

動作します Redis List オブジェクト、作成メソッド:

1 2 3
var db = require("db"); var rdb = new db.openRedis("redis-server"); var list = rdb.getList("test");

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>RedisList|push();pop();rpush();rpop();set();get();insertBefore();insertAfter();remove();trim();len();range()] [object] <:- [RedisList] object toString() toJSON() RedisList push() pop() rpush() rpop() set() get() insertBefore() insertAfter() remove() trim() len() range()

メンバー関数

push

リストのヘッダーに 1 つ以上の値を挿入します

1
Integer RedisList.push(Array values);

呼び出しパラメータ:

  • values: 配列、挿入するデータを指定

結果を返す:

  • Integer、挿入後、リストの長さ

リストのヘッダーに 1 つ以上の値を挿入します

1
Integer RedisList.push(...values);

呼び出しパラメータ:

  • values: ...、挿入するデータを指定します

結果を返す:

  • Integer、挿入後、リストの長さ

pop

リストキーの先頭要素を削除して返す

1
Buffer RedisList.pop();

結果を返す:

  • Buffer、リストの先頭要素、またはリストが空の場合は null

rpush

リストの最後に 1 つ以上の値を挿入します (右端)

1
Integer RedisList.rpush(Array values);

呼び出しパラメータ:

  • values: 配列、挿入するデータを指定

結果を返す:

  • Integer、挿入後、リストの長さ

リストの最後に 1 つ以上の値を挿入します (右端)

1
Integer RedisList.rpush(...values);

呼び出しパラメータ:

  • values: ...、挿入するデータを指定します

結果を返す:

  • Integer、挿入後、リストの長さ

rpop

リスト キーの末尾 (右端) 要素を削除して返します。

1
Buffer RedisList.rpop();

結果を返す:

  • Buffer、リストの先頭要素、またはリストが空の場合は null

set

インデックスがリストのインデックスである要素の値を値に設定します

1 2
RedisList.set(Integer index, Buffer value);

呼び出しパラメータ:

  • index: 整数、変更する添え字を指定
  • value: Buffer、変更するデータを指定

get

インデックスがインデックスであるリスト内の要素を返します

1
Buffer RedisList.get(Integer index);

呼び出しパラメータ:

  • index: 整数、照会する添え字を指定

結果を返す:

  • Buffer、インデックスがインデックスであるリスト内の要素

insertBefore

値ピボットの前に、値の値をリストに挿入します

1 2
Integer RedisList.insertBefore(Buffer pivot, Buffer value);

呼び出しパラメータ:

  • pivot: Buffer、挿入時に検索するデータを指定
  • value: Buffer、挿入するデータを指定

結果を返す:

  • Integer、挿入後、リストの長さ

insertAfter

値のピボットの後に、値の値をリストに挿入します。

1 2
Integer RedisList.insertAfter(Buffer pivot, Buffer value);

呼び出しパラメータ:

  • pivot: Buffer、挿入時に検索するデータを指定
  • value: Buffer、挿入するデータを指定

結果を返す:

  • Integer、挿入後、リストの長さ

remove

パラメータカウントの値に従って、パラメータ値と等しいリスト内の要素を削除します

1 2
Integer RedisList.remove(Integer count, Buffer value);

呼び出しパラメータ:

  • count: 整数、削除する要素の数を指定
  • value: Buffer、削除する値を指定

結果を返す:

  • Integer、削除された要素の数

trim

つまり、リストには指定された間隔の要素のみが保持され、指定された間隔にない要素は削除されます。

1 2
RedisList.trim(Integer start, Integer stop);

呼び出しパラメータ:

  • start: 整数、トリミングの開始インデックスを指定します。0は最初の要素を意味し、-1は最後の要素を意味します
  • stop: 整数、トリミングの終了インデックスを指定します。0は最初の要素を意味し、-1は最後の要素を意味します

len

リストの長さを返す

1
Integer RedisList.len();

結果を返す:

  • Integer、返されるリストの長さ

range

リスト内の指定された間隔内の要素を返します。間隔は、オフセットの開始と停止によって指定され、開始と停止の要素を含みます

1 2
NArray RedisList.range(Integer start, Integer stop);

呼び出しパラメータ:

  • start: 整数、クエリの開始インデックスを指定します。0 は最初の要素を意味し、-1 は最後の要素を意味します
  • stop: 整数、クエリの終了インデックスを指定します。0 は最初の要素を意味し、-1 は最後の要素を意味します

結果を返す:

  • NArray、指定された間隔の要素を含む配列

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブ オブジェクト]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます。

1
String RedisList.toString();

結果を返す:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式の表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value RedisList.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key: ストリング、未使用

結果を返す:

  • Value、シリアライズ可能なJSONを含む値を返します