オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトUrlObject

Url処理オブジェクト

基本モジュール。 urlフォーマット、解析、およびアセンブリを提供しurl

1 2 3 4 5 6
var url = new net.Url('http://www.xici.net/'); var url = new net.Url({ protocol: 'http:', hostname: 'www.xici.net', pathname: '/' });

継承

コンストラクタ

UrlObject

パラメータ構築を使用したUrlObjectオブジェクトコンストラクタ

1
new UrlObject(Object args);

呼び出しパラメーター:

  • args :オブジェクト、構築パラメーターを指定する辞書オブジェクト、サポートされるフィールドは次のとおりです:プロトコル、スラッシュ、ユーザー名、パスワード、ホスト名、ポート、パス名、クエリ、 hash

url文字列構造を使用したUrlObjectオブジェクトコンストラクター

1 2 3
new UrlObject(String url = "", Boolean parseQueryString = false, Boolean slashesDenoteHost = false);

呼び出しパラメーター:

  • url :文字列、 url文字列を指定します
  • parseQueryString :ブール値。クエリを解析するかどうかを指定します
  • slashesDenoteHost :ブール値、デフォルトはfalse、trueに設定すると、文字列「//」の後から次の「/」までの文字列がホストとして解析されます(例:「// foo / bar」)。結果は次のようになります。 {パス名: '// foo / bar'}の代わりに{ホスト: 'foo'、パス名: '/ bar'}

メンバー属性

href

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトの完全なurlアドレスの説明の設定。この説明は、他のすべての属性から組み立てられます。

1
String UrlObject.href;

protocol

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトのプロトコル名の設定

1
String UrlObject.protocol;

slashes

ブール値、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトに二重スラッシュが含まれるかどうかの設定

1
Boolean UrlObject.slashes;

auth

ユーザー名とパスワードの属性で組み立てられた、現在のUrlObjectオブジェクトの完全な検証文字列を文字列化し、クエリして設定します

1
String UrlObject.auth;

username

現在のUrlObjectオブジェクトで認証されたユーザーを文字列、クエリ、および設定します

1
String UrlObject.username;

password

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトの認証パスワードの設定

1
String UrlObject.password;

host

hasnameとportでアセンブルされた、現在のUrlObjectオブジェクトの完全なホストの説明を文字列、クエリ、および設定します

1
String UrlObject.host;

hostname

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトのホスト名の設定

1
String UrlObject.hostname;

port

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトのポート番号の設定

1
String UrlObject.port;

path

パス名とクエリでアセンブルされた、現在のUrlObjectオブジェクト(リクエストを含む)でのリクエストのフルパスを文字列化、クエリ、および設定します

1
String UrlObject.path;

pathname

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトのパスの設定

1
String UrlObject.pathname;

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクトのリクエスト文字列(「?」を含む)の設定。これは「?」+クエリと同等です。

1
String UrlObject.search;

query

現在のUrlObjectオブジェクト(「?」なし)で要求文字列を値付け、照会、および設定します

1
Value UrlObject.query;

hash

文字列、クエリ、および現在のUrlObjectオブジェクト(「#」を含む)のリクエストアンカーポイントの設定

1
String UrlObject.hash;

searchParams

HttpCollection 、現在のUrlObjectオブジェクトのリクエスト文字列をクエリします(「?」なし)

1
readonly HttpCollection UrlObject.searchParams;

メンバー機能

parse

url文字列を解析します

1 2 3
UrlObject.parse(String url, Boolean parseQueryString = false, Boolean slashesDenoteHost = false);

呼び出しパラメーター:

  • url :文字列、解析するurl文字列を指定します
  • parseQueryString :ブール値。クエリを解析するかどうかを指定します
  • slashesDenoteHost :ブール値、デフォルトはfalse、trueに設定すると、文字列「//」の後から次の「/」までの文字列がホストとして解析されます(例:「// foo / bar」)。結果は次のようになります。 {パス名: '// foo / bar'}の代わりに{ホスト: 'foo'、パス名: '/ bar'}

format

指定されたパラメータでUrlObjectを構築します

1
UrlObject.format(Object args);

呼び出しパラメーター:

  • args :オブジェクト、構築パラメーターを指定する辞書オブジェクト、サポートされるフィールドは次のとおりです:プロトコル、スラッシュ、ユーザー名、パスワード、ホスト名、ポート、パス名、クエリ、 hash

resolve

urlパスをurl 、新しいパスが相対パスであるか絶対パスであるかを自動的に識別します

1
UrlObject UrlObject.resolve(String url);

呼び出しパラメーター:

  • url :文字列、新しいパスを指定します

戻り結果:

  • UrlObject 、再配置データを含むオブジェクトを返します

normalize

標準化されたパス

1
UrlObject.normalize();

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String UrlObject.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value UrlObject.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します