モジュール基本モジュール

モジュールアイコンv

iconv エンコードおよびデコードモジュール

参照方法:

1 2
var encoding = require('encoding'); var iconv = encoding.iconv;

または

1
var iconv = require('iconv');

iconv は、処理のためにシステムにインストールされたコードを使用します.iconv モジュールは、次の組み込みコード セットもサポートします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
"utf8", "utf-8", "ucs2", "ucs-2", "utf16", "utf-16", "ucs2le", "ucs-2le", "utf16le", "utf-16le", "ucs2be", "ucs-2be", "utf16be", "utf-16be", "ucs4", "ucs-4", "utf32", "utf-32", "ucs4le", "ucs-4le", "utf32le", "utf-32le", "ucs4be", "ucs-4be", "utf32be", "utf-32be"

静的関数

encode

iconv でテキストをバイナリデータに変換する

1 2
static Buffer iconv.encode(String charset, String data);

呼び出しパラメータ:

  • charset: 文字列、文字セットを指定
  • data: 文字列、変換するテキスト

結果を返す:

  • Buffer、デコードされたバイナリデータを返す

decode

iconv を使用して Buffer コンテンツをテキストに変換する

1 2
static String iconv.decode(String charset, Buffer data);

呼び出しパラメータ:

  • charset: 文字列、文字セットを指定
  • data: Buffer、変換するバイナリデータ

結果を返す:

  • String、エンコードされた文字列を返します

isEncoding

文字セットがサポートされているかどうかを確認する

1
static Boolean iconv.isEncoding(String charset);

呼び出しパラメータ:

  • charset: 文字列、文字セットを指定

結果を返す:

  • Boolean, 文字セットがサポートされているかどうかを返します