モジュール基本モジュール

モジュールコンソール

コンソールアクセスオブジェクト

グローバルオブジェクト。プロンプト情報、警告、エラーログに使用できます。構成ファイルを開始することにより、ログをさまざまなデバイスに配置して、簡単に追跡できます。ログは、フォーマットされた出力をサポートします。次に例を示します。

1
console.log("%d + %d = %d", 100, 200, 100 + 200);

使用できるフォーマットパラメータは次のとおりです。

  • %s-文字列
  • %d-整数と数値を含む数値
  • %j-JSON形式でオブジェクトを出力します
  • %%-出力文字「%」自体

静的関数

add

コンソール出力システムを追加します。サポートされるデバイスはコンソール、syslog、イベントです。最大10個の出力を追加できます。

1
static console.add(String type);

呼び出しパラメーター:

  • type:文字列、出力デバイス

コンソールを構成することにより、プログラム出力とシステムエラーをさまざまなデバイスに送信して、オペレーティング環境情報を収集できます。

typeは構成であり、デバイス名の文字列です。

1
console.add("console");

syslogはposixプラットフォームでのみ有効です。

1
console.add("syslog");

イベントはWindowsプラットフォームでのみ有効です。

1
console.add("event");

コンソール出力システムを追加します。サポートされるデバイスは、コンソール、syslog、イベント、およびファイルです。最大10個の出力を追加できます。

1
static console.add(Object cfg);

呼び出しパラメーター:

  • cfg:オブジェクト、出力構成

コンソールを構成することにより、プログラム出力とシステムエラーをさまざまなデバイスに送信して、オペレーティング環境情報を収集できます。

cfgは、デバイスのオブジェクトを構成できます。

1 2 3 4
console.add({ type: "console", levels: [console.INFO, console.ERROR] // 选项,省略则输出全部级别日志 });

syslogはposixプラットフォームでのみ有効です。

1 2 3 4
console.add({ type: "syslog", levels: [console.INFO, console.ERROR] });

イベントはWindowsプラットフォームでのみ有効です。

1 2 3 4
console.add({ type: "event", levels: [console.INFO, console.ERROR] });

ファイルログ:

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
console.add({ type: "file", levels: [console.INFO, console.ERROR], // 必选项,指定日志输出文件,可使用 s% 指定插入日期位置,不指定则添加在结尾 path: "path/to/file_%s.log", // 选项,可选值为 "day", "hour", "minute", "###k", "###m", "###g",缺省为 "1m" split: "30m", // 选项,可选范围为 2-128,缺省为 128 count: 10 });

コンソール出力システムをバッチで追加します。サポートされるデバイスは、コンソール、syslog、イベント、およびファイルです。最大10個の出力を追加できます。

1
static console.add(Array cfg);

呼び出しパラメーター:

  • cfg:配列、出力構成配列

コンソールを構成することにより、プログラム出力とシステムエラーをさまざまなデバイスに送信して、オペレーティング環境情報を収集できます。

1 2 3 4
console.add(["console", { type: "syslog", levels: [console.INFO, console.ERROR] }]);

reset

デフォルト設定に初期化し、コンソールに情報のみを出力します

1
static console.reset();

log

情報と同等の常用対数情報を記録する

1 2
static console.log(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

一般レベルのログ情報を記録します。通常、エラー以外のプロンプト情報を出力するために使用されます。


情報と同等の常用対数情報を記録する

1
static console.log(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

一般レベルのログ情報を記録します。通常、エラー以外のプロンプト情報を出力するために使用されます。


debug

デバッグログ情報を記録する

1 2
static console.debug(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

デバッグログ情報を記録します。通常、デバッグ情報を出力するために使用されます。重要ではありません。


デバッグログ情報を記録する

1
static console.debug(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

デバッグログ情報を記録します。通常、デバッグ情報を出力するために使用されます。重要ではありません。


info

ログと同等の共通ログ情報を記録します

1 2
static console.info(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

一般レベルのログ情報を記録します。通常、エラー以外のプロンプト情報を出力するために使用されます。


ログと同等の共通ログ情報を記録します

1
static console.info(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

一般レベルのログ情報を記録します。通常、エラー以外のプロンプト情報を出力するために使用されます。


notice

警告ログ情報を記録する

1 2
static console.notice(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

警告ログ情報を記録します。通常、プロンプトデバッグ情報を出力するために使用されます。一般的に重要です。


警告ログ情報を記録する

1
static console.notice(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

警告ログ情報を記録します。通常、プロンプトデバッグ情報を出力するために使用されます。一般的に重要です。


warn

警告ログ情報を記録する

1 2
static console.warn(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

警告ログ情報を記録します。通常、警告デバッグ情報を出力するために使用されます。重要。


警告ログ情報を記録する

1
static console.warn(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

警告ログ情報を記録します。通常、警告デバッグ情報を出力するために使用されます。重要。


error

エラーログ情報を記録する

1 2
static console.error(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

エラーログの情報を記録します。通常、エラーメッセージを出力するために使用されます。非常に重要です。システムエラー情報もこのレベルで記録されます。


エラーログ情報を記録する

1
static console.error(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

エラーログの情報を記録します。通常、エラーメッセージを出力するために使用されます。非常に重要です。システムエラー情報もこのレベルで記録されます。


crit

重要なエラーログ情報を記録する

1 2
static console.crit(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

重大なエラーの情報をログに記録します。通常、重大なエラーメッセージを出力するために使用されます。非常に重要です。


重要なエラーログ情報を記録する

1
static console.crit(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

重大なエラーの情報をログに記録します。通常、重大なエラーメッセージを出力するために使用されます。非常に重要です。


alert

アラームエラーログ情報を記録する

1 2
static console.alert(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

アラームのエラーログ情報を記録します。通常、アラームエラーメッセージを出力するために使用されます。非常に重要です。最高レベルの情報です。


アラームエラーログ情報を記録する

1
static console.alert(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

アラームのエラーログ情報を記録します。通常、アラームエラーメッセージを出力するために使用されます。非常に重要です。最高レベルの情報です。


dir

JSON形式でオブジェクトを出力する

1
static console.dir(Value obj);

呼び出しパラメーター:

  • obj:表示するオブジェクトを指定した値

table

JSON形式でオブジェクトを出力する

1
static console.table(Value obj);

呼び出しパラメーター:

  • obj:表示するオブジェクトを指定した値

JSON形式でオブジェクトを出力する

1 2
static console.table(Value obj, Array fields);

呼び出しパラメーター:

  • obj:表示するオブジェクトを指定した値
  • fields:表示するフィールドを指定した配列

time

タイマーを開始する

1
static console.time(String label = "time");

呼び出しパラメーター:

  • label:文字列、タイトル、デフォルトは空の文字列です。

timeElapse

指定したタイマーの現在のタイミング値を出力します

1
static console.timeElapse(String label = "time");

呼び出しパラメーター:

  • label:文字列、タイトル、デフォルトは空の文字列です。

timeEnd

指定したタイマーを終了し、最後のタイマー値を出力します

1
static console.timeEnd(String label = "time");

呼び出しパラメーター:

  • label:文字列、タイトル、デフォルトは空の文字列です。

trace

現在のコールスタックを出力する

1
static console.trace(String label = "trace");

呼び出しパラメーター:

  • label:文字列、タイトル、デフォルトは空の文字列です。

現在のコールスタックをログから出力します。


assert

アサーションテスト、テスト値がfalseの場合、エラーが報告されます

1 2
static console.assert(Value value, String msg = "");

呼び出しパラメーター:

  • value:値、テストの値
  • msg:文字列、エラーメッセージ

print

フォーマットされたテキストをコンソールに出力します。出力内容はログシステムに記録されず、テキストは出力後に自動的に折り返されることはなく、継続的に出力できます。

1 2
static console.print(String fmt, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • fmt:文字列、フォーマット文字列
  • args:...、オプションのパラメータリスト

フォーマットされたテキストをコンソールに出力します。出力内容はログシステムに記録されず、テキストは出力後に自動的に折り返されることはなく、継続的に出力できます。

1
static console.print(...args);

呼び出しパラメーター:

  • args:...、オプションのパラメータリスト

moveTo

コンソールカーソルを指定した位置に移動します

1 2
static console.moveTo(Integer row, Integer column);

呼び出しパラメーター:

  • row:整数、新しいカーソルの線座標を指定します
  • column:整数、新しいカーソルの列座標を指定します

hideCursor

コンソールカーソルを非表示にする

1
static console.hideCursor();

showCursor

コンソールカーソルを表示

1
static console.showCursor();

clear

コンソールをクリアします

1
static console.clear();

keyDown

ボタンを押す

1 2
static console.keyDown(String key, String modifier = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、指定キー、単一文字が直接渡され、ファンクションキーが名前で渡されます
  • modifier:文字列、指定されたコントロールキー、次のいずれかになります:control、alt、shift、command

パラメータキーは、文字列を使用してファンクションキーを渡すことができます。

  • ファンクションキー:f1-f12
  • 矢印キー:上、下、左、右、ホーム、終了、ページアップ、ページダウン
  • キーの編集:バックスペース、削除、挿入、入力、タブ、エスケープ、スペース
  • コントロールキー:control、alt、shift、command

ボタンを押す

1 2
static console.keyDown(String key, Array modifier);

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、指定キー、単一文字が直接渡され、ファンクションキーが名前で渡されます
  • modifier:配列、コントロールキーの配列を指定します。次のようになります:control、alt、shift、command

パラメータキーは、文字列を使用してファンクションキーを渡すことができます。

  • ファンクションキー:f1-f12
  • 矢印キー:上、下、左、右、ホーム、終了、ページアップ、ページダウン
  • キーの編集:バックスペース、削除、挿入、入力、タブ、エスケープ、スペース
  • コントロールキー:control、alt、shift、command

keyUp

ボタンを離す

1 2
static console.keyUp(String key, String modifier = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、指定キー、単一文字が直接渡され、ファンクションキーが名前で渡されます
  • modifier:文字列、指定されたコントロールキー、次のいずれかになります:control、alt、shift、command

パラメータキーは、文字列を使用してファンクションキーを渡すことができます。

  • ファンクションキー:f1-f12
  • 矢印キー:上、下、左、右、ホーム、終了、ページアップ、ページダウン
  • キーの編集:バックスペース、削除、挿入、入力、タブ、エスケープ、スペース
  • コントロールキー:control、alt、shift、command

ボタンを離す

1 2
static console.keyUp(String key, Array modifier);

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、指定キー、単一文字が直接渡され、ファンクションキーが名前で渡されます
  • modifier:配列、コントロールキーの配列を指定します。次のようになります:control、alt、shift、command

パラメータキーは、文字列を使用してファンクションキーを渡すことができます。

  • ファンクションキー:f1-f12
  • 矢印キー:上、下、左、右、ホーム、終了、ページアップ、ページダウン
  • キーの編集:バックスペース、削除、挿入、入力、タブ、エスケープ、スペース
  • コントロールキー:control、alt、shift、command

keyTap

ボタンをクリックして離します

1 2
static console.keyTap(String key, String modifier = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、指定キー、単一文字が直接渡され、ファンクションキーが名前で渡されます
  • modifier:文字列、指定されたコントロールキー、次のいずれかになります:control、alt、shift、command

パラメータキーは、文字列を使用してファンクションキーを渡すことができます。

  • ファンクションキー:f1-f12
  • 矢印キー:上、下、左、右、ホーム、終了、ページアップ、ページダウン
  • キーの編集:バックスペース、削除、挿入、入力、タブ、エスケープ、スペース
  • コントロールキー:control、alt、shift、command

ボタンをクリックして離します

1 2
static console.keyTap(String key, Array modifier);

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、指定キー、単一文字が直接渡され、ファンクションキーが名前で渡されます
  • modifier:配列、コントロールキーの配列を指定します。次のようになります:control、alt、shift、command

パラメータキーは、文字列を使用してファンクションキーを渡すことができます。

  • ファンクションキー:f1-f12
  • 矢印キー:上、下、左、右、ホーム、終了、ページアップ、ページダウン
  • キーの編集:バックスペース、削除、挿入、入力、タブ、エスケープ、スペース
  • コントロールキー:control、alt、shift、command

typeString

文字列を入力してください

1
static console.typeString(String text);

呼び出しパラメーター:

  • text:文字列、入力文字列を指定します

moveMouse

指定した位置にマウスを移動します

1 2
static console.moveMouse(Integer x, Integer y);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、x座標を指定
  • y:整数、y座標を指定

mouseUp

マウスボタンを押す

1
static console.mouseUp(String button);

呼び出しパラメーター:

  • button:文字列、マウスボタンの名前を指定、許可される値:左、右、moddle

mouseDown

マウスボタンを離します

1
static console.mouseDown(String button);

呼び出しパラメーター:

  • button:文字列、マウスボタンの名前を指定、許可される値:左、右、moddle

clickMouse

マウスボタンをクリックします

1 2
static console.clickMouse(String button, Boolean dbclick = false);

呼び出しパラメーター:

  • button:文字列、マウスボタンの名前を指定、許可される値:左、右、moddle
  • dbclick:ブール値、ダブルクリックするかどうかを指定します。デフォルトはfalseです。

readLine

コンソールからユーザー入力を読み取る

1
static String console.readLine(String msg = "") async;

呼び出しパラメーター:

  • msg:文字列、プロンプトメッセージ

戻り結果:

  • String、ユーザーが入力した情報を返します

getpass

ユーザーが入力したパスワードをコンソールから読み取ります

1
static String console.getpass(String msg = "") async;

呼び出しパラメーター:

  • msg:文字列、プロンプトメッセージ

戻り結果:

  • String、ユーザーが入力したパスワードを返します

静的プロパティ

loglevel

整数、出力レベル、出力情報のフィルタリングに使用されます。デフォルトはNOTSETで、すべて出力されます。情報がフィルタリングされた後、addによって設定された各デバイスに出力されます。

1
static Integer console.loglevel;

width

整数、端末の各行の文字数を照会します

1
static readonly Integer console.width;

height

整数、端末行数を照会します

1
static readonly Integer console.height;

絶え間ない

FATAL

ログレベル定数

1
const console.FATAL = 0;

ALERT

ログレベル定数

1
const console.ALERT = 1;

CRIT

ログレベル定数

1
const console.CRIT = 2;

ERROR

ログレベル定数

1
const console.ERROR = 3;

WARN

ログレベル定数

1
const console.WARN = 4;

NOTICE

ログレベル定数

1
const console.NOTICE = 5;

INFO

ログレベル定数

1
const console.INFO = 6;

DEBUG

ログレベル定数

1
const console.DEBUG = 7;

PRINT

loglevelは出力にのみ使用され、情報は出力後にラップされません。ファイルとsyslogはこのレベル情報を保存しません。

1
const console.PRINT = 9;

NOTSET

ログレベル定数

1
const console.NOTSET = 10;