オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト暗号

対称暗号化アルゴリズムオブジェクト

Cipherオブジェクトはcryptoモジュールに属し、次のように作成されます。

1
var c = new crypto.Cipher(crypto.AES, crypto.ECB, ...);

継承

コンストラクタ

Cipher

暗号コンストラクター、ARC4の初期化にのみ使用

1 2
new Cipher(Integer provider, Buffer key);

呼び出しパラメーター:

  • provider :整数、暗号化アルゴリズムを指定
  • keyBuffer 、暗号化と復号化のパスワードを指定します

暗号コンストラクター

1 2 3
new Cipher(Integer provider, Integer mode, Buffer key);

呼び出しパラメーター:

  • provider :整数、暗号化アルゴリズムを指定
  • mode :整数、ブロック暗号の動作モードを指定します
  • keyBuffer 、暗号化と復号化のパスワードを指定します

暗号コンストラクター

1 2 3 4
new Cipher(Integer provider, Integer mode, Buffer key, Buffer iv);

呼び出しパラメーター:

  • provider :整数、暗号化アルゴリズムを指定
  • mode :整数、ブロック暗号の動作モードを指定します
  • keyBuffer 、暗号化と復号化のパスワードを指定します
  • ivBuffer 、初期ベクトルを指定

メンバー属性

name

文字列、現在のアルゴリズム名を返します

1
readonly String Cipher.name;

keySize

整数、現在のアルゴリズムパスワードの長さをビット単位で返します

1
readonly Integer Cipher.keySize;

ivSize

整数、現在のアルゴリズムの初期ベクトルの長さをバイト単位で返します

1
readonly Integer Cipher.ivSize;

blockSize

整数、現在のアルゴリズムデータブロックの長さをバイト単位で返します

1
readonly Integer Cipher.blockSize;

メンバー機能

paddingMode

塗りつぶしモードを使用する

1
Cipher.paddingMode(Integer mode);

呼び出しパラメーター:

  • mode :整数、パディングモードを指定します。デフォルトはPADDING_PKCS7です。

encrypt

現在のアルゴリズムパスワードを使用してデータを暗号化する

1
Buffer Cipher.encrypt(Buffer data) async;

呼び出しパラメーター:

  • dataBuffer 、暗号化するデータを指定します

戻り結果:

  • Buffer 、暗号化されたデータを返します

decrypt

現在のアルゴリズムパスワードを使用してデータを復号化する

1
Buffer Cipher.decrypt(Buffer data) async;

呼び出しパラメーター:

  • dataBuffer 、復号化するデータを指定します

戻り結果:

  • Buffer 、復号化されたデータを返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String Cipher.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value Cipher.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します