オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトヒープスナップショット

HeapSnapshotsは、特定の瞬間のJSヒープの状態を記録します

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>HeapSnapshot|time;root;nodes|diff();getNodeById();save()] [object] <:- [HeapSnapshot] HeapSnapshot time root nodes diff() getNodeById() save() object toString() toJSON()

メンバー属性

time

日付、時刻情報

1
readonly Date HeapSnapshot.time;

root

HeapGraphNode、ヒープビューのルートノード

1
readonly HeapGraphNode HeapSnapshot.root;

nodes

NArray、ヒープビューノードのリスト

1
readonly NArray HeapSnapshot.nodes;

メンバー関数

diff

指定されたヒープスナップショットと比較します

1
Object HeapSnapshot.diff(HeapSnapshot before);

呼び出しパラメーター:

  • before:HeapSnapshot、比較するヒープスナップショット

戻り結果:

  • Object、ヒープスナップショットの比較結果を返します

getNodeById

IDに基づいてヒープビューノードを取得する

1
HeapGraphNode HeapSnapshot.getNodeById(Integer id);

呼び出しパラメーター:

  • id:整数、数値ノードID

戻り結果:

  • HeapGraphNode、取得したヒープビューノードを返します

save

指定した名前に従ってHeapSnapshotを保存します

1
HeapSnapshot.save(String fname) async;

呼び出しパラメーター:

  • fname:文字列、スナップショット名

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String HeapSnapshot.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value HeapSnapshot.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します