オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトXmlCDATASection

XmlCDATASectionオブジェクトは、ドキュメントのCDATAセクションを表します

XmlCDATASectionインターフェースは XmlTextインターフェイスのサブインターフェイスは、独自のプロパティとメソッドを定義していません。からパスXmlNode インターフェイスはnodeValueプロパティを継承します。 XmlCharacterData インターフェイスはデータ属性を継承し、CDATAセクションのテキストコンテンツにアクセスできます。

XmlCDATASectionノードは通常次のように使用できますが XmlText ノード処理ですが、注意してください XmlNode 正規化メソッドには、隣接するCDATAセクションは組み込まれていません。

使用する XmlDocument XmlCDATASectionを作成するためのcreateXmlCDATASectionメソッド。

CDATAセクションには、パーサーによって解析されないテキストが含まれています。CDATAセクションのタグはマーカーとは見なされず、エンティティは展開されません。主な目的は、すべての区切り文字をエスケープすることなく、XMLフラグメントなどのマテリアルを含めることです。

CDATAで認識される唯一の区切り文字は「]]>」であり、CDATAセクションの終わりを示すことができます。CDATAセクションはネストできません。

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<class>XmlNode|nodeType;nodeName;nodeValue;ownerDocument;parentNode;childNodes;firstChild;lastChild;previousSibling;nextSibling|hasChildNodes();normalize();cloneNode();lookupPrefix();lookupNamespaceURI();insertBefore();insertAfter();appendChild();replaceChild();removeChild()] [<class>XmlCharacterData|data;length|substringData();appendData();insertData();deleteData();replaceData()] [<class>XmlText|splitText()] [<this>XmlCDATASection] [object] <:- [XmlNode] [XmlNode] <:- [XmlCharacterData] [XmlCharacterData] <:- [XmlText] [XmlText] <:- [XmlCDATASection] XmlNode nodeType nodeName nodeValue ownerDocument parentNode childNodes firstChild lastChild previousSibling nextSibling hasChildNodes() normalize() cloneNode() lookupPrefix() lookupNamespaceURI() insertBefore() insertAfter() appendChild() replaceChild() removeChild() XmlCharacterData data length substringData() appendData() insertData() deleteData() replaceData() object toString() toJSON() XmlText splitText() XmlCDATASection

メンバー属性

data

文字列、ノードに含まれるテキスト

1
String XmlCDATASection.data;

length

整数、ノードに含まれる文字数

1
readonly Integer XmlCDATASection.length;

nodeType

整数、ノードのノードタイプを返します

1
readonly Integer XmlCDATASection.nodeType;

異なるオブジェクトのnodeTypeは、異なる値を返します。


nodeName

文字列、タイプに応じてノードの名前を返します

1
readonly String XmlCDATASection.nodeName;

異なるオブジェクトのnodeNameは、異なる値を返します。


nodeValue

文字列、タイプに応じてノードの名前を返します

1
String XmlCDATASection.nodeValue;

異なるオブジェクトのnodeNameは、異なる値を返します。


ownerDocument

XmlDocument、ノードのルート要素を返します(XmlDocument 物体)

1
readonly XmlDocument XmlCDATASection.ownerDocument;

parentNode

XmlNode、ノードの親ノードを返すことができます

1
readonly XmlNode XmlCDATASection.parentNode;

childNodes

XmlNodeList、指定されたノードの子ノードのノードリストを返します

1
readonly XmlNodeList XmlCDATASection.childNodes;

firstChild

XmlNode、ノードの最初の子ノードを返します

1
readonly XmlNode XmlCDATASection.firstChild;

lastChild

XmlNode、ノードの最後の子ノードを返します

1
readonly XmlNode XmlCDATASection.lastChild;

previousSibling

XmlNode、特定のノードの直前(同じツリーレベル)のノードを返します。そのようなノードがない場合、属性はnullを返します。

1
readonly XmlNode XmlCDATASection.previousSibling;

nextSibling

XmlNode、(同じツリーレベルの)要素の直後のノードを返します。そのようなノードがない場合、プロパティはnullを返します。

1
readonly XmlNode XmlCDATASection.nextSibling;

メンバー関数

splitText

指定されたオフセットに従って、テキストノードを2つのノードに分割します

1
XmlText XmlCDATASection.splitText(Integer offset);

呼び出しパラメーター:

  • offset:整数。テキストノードを分割する場所を指定します。開始値は0から始まります

戻り結果:

  • XmlText、現在のノードから分割されたテキストノード

この方法は XmlTextノードは2つのノードに分割されます。オリジナルXmlTextノードは、オフセットで指定された位置の前にテキストコンテンツが含まれるように変更されます(ただし、テキストコンテンツは含まれません)。新着XmlTextノードは、オフセット位置(その位置の文字を含む)から元の文字の終わりまでのすべての文字を格納するために作成されます。新着XmlTextノードはメソッドの戻り値です。また、オリジナルの場合XmlText ノードにはparentNodeがあり、新しい XmlText ノードは、元のノードの直後に、この親ノードに挿入されます。

XmlCDATASectionインターフェースは継承します XmlText インターフェイス、XmlCDATASectionノードもこのメソッドを使用できますが、新しく作成されたノードはXmlCDATASectionノードではなくXmlCDATASectionノードです。 XmlText ノード。


substringData

ノードから部分文字列を抽出します

1 2
String XmlCDATASection.substringData(Integer offset, Integer count);

呼び出しパラメーター:

  • offset:整数、返される最初の文字の位置
  • count:整数、返される部分文字列の文字数

戻り結果:

  • String、抽出された文字列を返します

appendData

文字列をノードに追加します

1
XmlCDATASection.appendData(String arg);

呼び出しパラメーター:

  • arg:文字列、ノードに追加される文字列

insertData

ノードに文字列を挿入します

1 2
XmlCDATASection.insertData(Integer offset, String arg);

呼び出しパラメーター:

  • offset:整数、文字列がノードに挿入される文字位置
  • arg:文字列、挿入する文字列

deleteData

ノードからテキストを削除する

1 2
XmlCDATASection.deleteData(Integer offset, Integer count);

呼び出しパラメーター:

  • offset:整数、削除される最初の文字の位置
  • count:整数、削除する文字数

replaceData

ノードの文字を指定された文字列に置き換えます

1 2 3
XmlCDATASection.replaceData(Integer offset, Integer count, String arg);

呼び出しパラメーター:

  • offset:整数、置換されるノードの文字位置
  • count:整数、置換される文字数
  • arg:文字列、挿入する文字列

hasChildNodes

子ノードがあるかどうかを照会します

1
Boolean XmlCDATASection.hasChildNodes();

戻り結果:

  • Boolean、子ノードがある場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します

normalize

隣接するテキストノードをマージし、空のテキストノードを削除します

1
XmlCDATASection.normalize();

このメソッドは、現在のノードのすべての子孫ノードをトラバースし、空のテキストノードを削除し、隣接するすべてのテキストノードをマージすることによってドキュメントを正規化します。この方法は、ノードを挿入または削除した後のドキュメントツリーの構造を単純化するのに役立ちます。


cloneNode

指定されたノードの正確なコピーを作成します

1
XmlNode XmlCDATASection.cloneNode(Boolean deep = true);

呼び出しパラメーター:

  • deep:ブール値、ディープコピーするかどうか、trueの場合、複製されたノードは元のノードのすべての子ノードを複製します

戻り結果:

  • XmlNode、コピーしたノードを返します

このメソッドは、それを呼び出したノードのコピーをコピーして返します。渡されたパラメーターがtrueの場合、現在のノードのすべての子孫も再帰的にコピーします。それ以外の場合は、現在のノードのみをコピーします。返されたノードはドキュメントツリーに属しておらず、そのparentNodeプロパティはnullです。Elementノードがコピーされると、そのすべての属性がコピーされます。


lookupPrefix

現在のノードで指定された名前空間URIに一致するプレフィックスを返します

1
String XmlCDATASection.lookupPrefix(String namespaceURI);

呼び出しパラメーター:

  • namespaceURI:文字列、一致する名前空間URIを指定します

戻り結果:

  • String、一致したプレフィックスを返し、一致しない場合はnullを返します

lookupNamespaceURI

現在のノードで指定されたプレフィックスに一致する名前空間URIを返します

1
String XmlCDATASection.lookupNamespaceURI(String prefix);

呼び出しパラメーター:

  • prefix:文字列、一致するプレフィックスを指定します

戻り結果:

  • String、一致する名前空間URIを返し、一致しない場合はnullを返します

insertBefore

既存の子ノードの前に新しい子ノードを挿入します

1 2
XmlNode XmlCDATASection.insertBefore(XmlNode newChild, XmlNode refChild);

呼び出しパラメーター:

  • newChildXmlNode、新しいノードを挿入します
  • refChildXmlNode、このノードの前に新しいノードを挿入します

戻り結果:

  • XmlNode、新しい子ノードを返します

newChildがドキュメントツリーにすでに存在する場合は、ドキュメントツリーから削除されてから、新しい位置に再挿入されます。あるドキュメントのノード(または1つのドキュメントによって作成されたノード)を別のドキュメントに挿入することはできません。つまり、newChildのownerDocumentプロパティは、現在のノードのownerDocumentプロパティと同じである必要があります。


insertAfter

既存の子ノードの後に​​新しい子ノードを挿入します

1 2
XmlNode XmlCDATASection.insertAfter(XmlNode newChild, XmlNode refChild);

呼び出しパラメーター:

  • newChildXmlNode、新しいノードを挿入します
  • refChildXmlNode、このノードの後に​​新しいノードを挿入します

戻り結果:

  • XmlNode、新しい子ノードを返します

newChildがドキュメントツリーにすでに存在する場合は、ドキュメントツリーから削除されてから、新しい位置に再挿入されます。あるドキュメントのノード(または1つのドキュメントによって作成されたノード)を別のドキュメントに挿入することはできません。つまり、newChildのownerDocumentプロパティは、現在のノードのownerDocumentプロパティと同じである必要があります。


appendChild

ノードの子ノードリストの最後に新しい子ノードを追加します

1
XmlNode XmlCDATASection.appendChild(XmlNode newChild);

呼び出しパラメーター:

  • newChildXmlNode、追加したノードを指定します

戻り結果:

  • XmlNode、この新しい子ノードを返します

newChildがドキュメントツリーにすでに存在する場合は、ドキュメントツリーから削除されてから、新しい位置に再挿入されます。あるドキュメントのノード(または1つのドキュメントによって作成されたノード)を別のドキュメントに挿入することはできません。つまり、newChildのownerDocumentプロパティは、現在のノードのownerDocumentプロパティと同じである必要があります。


replaceChild

1つの子ノードを別の子ノードに置き換えます

1 2
XmlNode XmlCDATASection.replaceChild(XmlNode newChild, XmlNode oldChild);

呼び出しパラメーター:

  • newChildXmlNode、新しいノードを指定します
  • oldChildXmlNode、置き換えるノードを指定します

戻り結果:

  • XmlNode、置換が成功した場合、このメソッドは置換されたノードを返すことができ、置換が失敗した場合、nullを返します

newChildがドキュメントツリーにすでに存在する場合は、ドキュメントツリーから削除されてから、新しい位置に再挿入されます。あるドキュメントのノード(または1つのドキュメントによって作成されたノード)を別のドキュメントに挿入することはできません。つまり、newChildのownerDocumentプロパティは、現在のノードのownerDocumentプロパティと同じである必要があります。


removeChild

子ノードのリストからノードを削除します

1
XmlNode XmlCDATASection.removeChild(XmlNode oldChild);

呼び出しパラメーター:

  • oldChildXmlNode、削除するノードを指定します

戻り結果:

  • XmlNode、削除が成功した場合、このメソッドは削除されたノードを返すことができます。失敗した場合、nullを返します。

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String XmlCDATASection.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value XmlCDATASection.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します