オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトHeapGraphEdge

HeapGraphEdgeは2つを意味しますHeapGraphNodeアップストリームノードからダウンストリームノードへのノード間の関連付け

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>HeapGraphEdge|type;name;description|getFromNode();getToNode()] [object] <:- [HeapGraphEdge] HeapGraphEdge type name description getFromNode() getToNode() object toString() toJSON()

メンバー属性

type

整数、ダウンストリームノードのリンク方法、可能な値:

1
readonly Integer HeapGraphEdge.type;

name

文字列、リンク名

1
readonly String HeapGraphEdge.name;

description

文字列、リンクの説明

1
readonly String HeapGraphEdge.description;

メンバー関数

getFromNode

HeapGraphEdgeのアップストリームを取得しますHeapGraphNodeノード

1
HeapGraphNode HeapGraphEdge.getFromNode();

戻り結果:


getToNode

HeapGraphEdgeのダウンストリームを取得しますHeapGraphNodeノード

1
HeapGraphNode HeapGraphEdge.getToNode();

戻り結果:


toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String HeapGraphEdge.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value HeapGraphEdge.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します