オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト RedisHash

Redis データベースクライアントハッシュオブジェクト、このオブジェクトは指定されたキーを含むクライアントであり、そのメソッドが呼び出された場合にのみデータベースを操作できます

動作します Redis Hash オブジェクト、作成方法:

1 2 3
var db = require("db"); var rdb = new db.openRedis("redis-server"); var hash = rdb.getHash("test");

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>RedisHash|set();setNX();mset();get();mget();incr();getAll();keys();len();exists();del()] [object] <:- [RedisHash] object toString() toJSON() RedisHash set() setNX() mset() get() mget() incr() getAll() keys() len() exists() del()

メンバー関数

set

ハッシュ テーブルのフィールド フィールドの値を値に設定します。フィールド フィールドがハッシュ テーブルにすでに存在する場合、古い値は上書きされます

1 2
RedisHash.set(Buffer field, Buffer value);

呼び出しパラメータ:

  • field: Buffer、変更するフィールドを指定
  • value: Buffer、変更するデータを指定

setNX

フィールドが存在しない場合にのみ、ハッシュ テーブル内のフィールドの値を value に設定します。フィールドがすでに存在する場合、この操作は無効です

1 2
RedisHash.setNX(Buffer field, Buffer value);

呼び出しパラメータ:

  • field: Buffer、変更するフィールドを指定
  • value: Buffer、変更するデータを指定

mset

複数のフィールドと値 (ドメインと値) のペアを同時にハッシュ テーブルに設定します。このコマンドは、ハッシュ テーブルの既存のフィールドを上書きします

1
RedisHash.mset(Object kvs);

呼び出しパラメータ:

  • kvs: オブジェクト、設定するフィールド/値オブジェクトを指定します

複数のフィールドと値 (ドメインと値) のペアを同時にハッシュ テーブルに設定します。このコマンドは、ハッシュ テーブルの既存のフィールドを上書きします

1
RedisHash.mset(...kvs);

呼び出しパラメータ:

  • kvs: ...、設定するフィールド/値のリストを指定します

get

ハッシュ テーブル内の指定されたフィールドの値を返します。

1
Buffer RedisHash.get(Buffer field);

呼び出しパラメータ:

  • field: Buffer、照会するフィールドを指定します

結果を返す:

  • Buffer、指定されたフィールドが存在しないか、指定されたキーが存在しない場合、指定されたフィールドの値は null を返します

mget

ハッシュ テーブル内の 1 つ以上の指定されたフィールドの値を返します。

1
NArray RedisHash.mget(Array fields);

呼び出しパラメータ:

  • fields: 配列、照会するドメイン配列を指定します

結果を返す:

  • NArray、特定のドメインのすべての値を含むリスト

ハッシュ テーブル内の 1 つ以上の指定されたフィールドの値を返します。

1
NArray RedisHash.mget(...fields);

呼び出しパラメータ:

  • fields: ...、照会するドメインのリストを指定します

結果を返す:

  • NArray、特定のドメインのすべての値を含むリスト

incr

フィールドに格納されている値に増分を追加します

1 2
Long RedisHash.incr(Buffer field, Long num = 1);

呼び出しパラメータ:

  • field: Buffer、変更するドメインを指定
  • num: Long、加算する値を指定

結果を返す:

  • Long, num を追加した後、ドメインの値

getAll

ハッシュ テーブル内のすべてのフィールドと値を返す

1
NArray RedisHash.getAll();

結果を返す:

  • NArray、ハッシュ テーブル内のすべてのフィールドのリストを返します

keys

ハッシュ テーブル内のすべてのフィールドを返す

1
NArray RedisHash.keys();

結果を返す:

  • NArray、戻り値は各フィールド名の直後がフィールドの値なので、戻り値の長さはハッシュテーブルの2倍の長さ

len

ハッシュ テーブル内のフィールドの数を返します。

1
Integer RedisHash.len();

結果を返す:

  • Integer, ハッシュ テーブル内のフィールドの数を返します

exists

指定されたフィールドがハッシュ テーブルに存在するかどうかを確認します

1
Boolean RedisHash.exists(Buffer field);

呼び出しパラメータ:

  • field: Buffer、照会するフィールドを指定します

結果を返す:

  • Boolean、ハッシュ テーブルに指定されたドメインが含まれている場合は true を返します。ハッシュ テーブルに指定されたドメインが含まれていない場合、またはキーが存在しない場合は false を返します。

del

ハッシュ テーブルで指定された 1 つ以上のドメインを削除します。存在しないドメインは無視されます

1
Integer RedisHash.del(Array fields);

呼び出しパラメータ:

  • fields: 配列、削除するフィールド配列を指定します

結果を返す:

  • Integer、削除されたドメインの数

ハッシュ テーブルで指定された 1 つ以上のドメインを削除します。存在しないドメインは無視されます

1
Integer RedisHash.del(...fields);

呼び出しパラメータ:

  • fields: ...、削除するドメインのリストを指定します

結果を返す:

  • Integer、削除されたドメインの数

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブ オブジェクト]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます。

1
String RedisHash.toString();

結果を返す:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式の表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value RedisHash.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key: ストリング、未使用

結果を返す:

  • Value、シリアライズ可能なJSONを含む値を返します