モジュール基本モジュール

モジュールOS

オペレーティングシステムとファイルシステム処理モジュール

手順:

1
var os = require('os');

物体

Service

Service コンストラクター、を参照してください Service

1
Service os.Service;

静的関数

hostname

現在のオペレーティング環境のホスト名を照会します

1
static String os.hostname();

戻り結果:

  • String、ホスト名を返す

endianness

現在のCPUのバイト順序を照会します

1
static String os.endianness();

戻り結果:

  • String、バイトオーダーを返す

type

現在実行中の環境のオペレーティングシステム名を照会します

1
static String os.type();

戻り結果:

  • String、システム名を返します

release

現在のオペレーティング環境のオペレーティングシステムバージョンを照会します

1
static String os.release();

戻り結果:

  • String、バージョン情報を返す

homedir

現在のユーザーディレクトリをクエリする

1
static String os.homedir();

戻り結果:

  • String、ディレクトリ文字列を返す

arch

現在のCPU環境を照会する

1
static String os.arch();

戻り結果:

  • String、CPUタイプを返します。可能な結果は「amd64」、「arm」、「arm64」、「ia32」です。

loadavg

動作環境に1分、5分、15分の平均負荷を照会します

1
static Array os.loadavg();

戻り結果:

  • Array、3つの荷重データを含む配列を返します

totalmem

動作環境の合​​計メモリをバイト単位で照会します

1
static Long os.totalmem();

戻り結果:

  • Long、メモリデータを返す

freemem

オペレーティング環境の使用可能なメモリをバイト単位で照会します

1
static Long os.freemem();

戻り結果:

  • Long、メモリデータを返す

cpus

現在の動作環境のCPUの数とパラメータを照会します

1
static Array os.cpus();

戻り結果:

  • Array、CPUパラメータを含む配列を返します。各項目はCPUに対応します

cpuNumbers

現在の動作環境のCPU数を照会します

1
static Integer os.cpuNumbers();

戻り結果:

  • Integer、CPUの数を返します

tmpdir

現在のオペレーティング環境の一時ファイルディレクトリをクエリします

1
static String os.tmpdir();

戻り結果:

  • String、一時ファイルディレクトリに戻る

userInfo

現在の有効なユーザー情報を返します

1
static Object os.userInfo(Object options = {});

呼び出しパラメーター:

  • options:オブジェクト、結果文字列の解釈に使用される文字エンコード

戻り結果:

  • Object、現在の有効な実行ユーザー情報

networkInterfaces

現在のオペレーティング環境のネットワーク情報を照会する

1
static Object os.networkInterfaces();

戻り結果:

  • Object、ネットワークカード情報を返す

printerInfo

現在のホストのプリンター情報を照会する

1
static Array os.printerInfo();

戻り結果:

  • Array、プリンタ情報を返す

openPrinter

プリンタ出力オブジェクトを作成します

1
static BufferedStream os.openPrinter(String name) async;

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、プリンタ名

戻り結果:

  • BufferedStream、プリンタ出力オブジェクトを返します

platform

現在のプラットフォーム名を照会する

1
static String os.platform();

戻り結果:

  • String、プラットフォーム名を返します。可能な結果は「darwin」、「freebsd」、「linux」、または「win32」です。

time

時間文字列を解析するか、ランタイム環境の現在の時刻を照会します

1
static Date os.time(String tmString = "");

呼び出しパラメーター:

  • tmString:文字列、時間文字列、現在の時刻がデフォルトで照会されます

戻り結果:

  • Date、javascriptDateオブジェクトを返します

dateAdd

時間計算機能、部品ごとに計算時間を指定

1 2 3
static Date os.dateAdd(Date d, Integer num, String part);

呼び出しパラメーター:

  • d:日付、計算に使用される日付オブジェクトを指定します
  • num:整数、演算の値を指定します
  • part:文字列、操作の時間部分を指定します。受信した値は次のとおりです: "year"、 "month"、 "day"、 "hour"、 "minute"、 "second"

戻り結果:

  • Date、javascriptDateオブジェクトを返します

静的プロパティ

timezone

整数、オペレーティング環境の現在のタイムゾーンを照会します

1
static readonly Integer os.timezone;

EOL

文字列、現在のオペレーティング環境の行末識別子をクエリします、posix:\ "\ n \"; windows:\ "\ r \ n \"

1
static readonly String os.EOL;