オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトXmlNamedNodeMap

XmlNamedNodeMapオブジェクトは、属性の順序付けられていないリストを表します

継承

添え字操作

添え字を使用してデータに直接アクセスできます

1
readonly XmlAttr XmlNamedNodeMap[];

メンバー属性

length

整数、属性リスト内の属性の数を返します

1
readonly Integer XmlNamedNodeMap.length;

メンバー機能

item

属性リストで指定されたインデックス番号の属性を返します

1
XmlAttr XmlNamedNodeMap.item(Integer index);

呼び出しパラメーター:

  • index :整数、照会するインデックスを指定します

戻り結果:

  • XmlAttr 、インデックス番号の属性を指定します

getNamedItem

指定された名前の属性を照会します

1
XmlAttr XmlNamedNodeMap.getNamedItem(String name);

呼び出しパラメーター:

  • name :文字列、照会する名前を指定します

戻り結果:

  • XmlAttrは、照会された属性を返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String XmlNamedNodeMap.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value XmlNamedNodeMap.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します