モジュール基本モジュール

モジュールの URL

URL処理モジュール

オブジェクト

URL

作成する UrlObject リクエストオブジェクト、参照 UrlObject

1
UrlObject url.URL;

静的関数

format

パラメータ構成 UrlObject オブジェクト

1
static String url.format(Object args);

呼び出しパラメータ:

  • args: オブジェクト、構築パラメータを指定するディクショナリ オブジェクト サポートされているフィールドは、プロトコル、スラッシュ、ユーザー名、パスワード、ホスト名、ポート、パス名、クエリ、 hash

結果を返す:

  • String, 正常に構築された文字列を返します

parse

URL 文字列を解析する

1 2 3
static UrlObject url.parse(String url, Boolean parseQueryString = false, Boolean slashesDenoteHost = false);

呼び出しパラメータ:

  • url: 文字列、解析する必要がある URL 文字列を指定します
  • parseQueryString: ブール値、クエリを解析するかどうかを指定します
  • slashesDenoteHost: ブール値、デフォルトは false です。true に設定すると、文字列「//」の後から次の「/」までの文字列がホストとして解析されます (たとえば、「//foo/bar」)。結果は { {pathname:'//foo/bar'} の代わりに host:'foo', pathname:'/bar')

結果を返す:

  • UrlObject、解析されたデータを含むオブジェクトを返します

resolve

相対パスを絶対パスに結合する

1 2
static String url.resolve(String _from, String to);

呼び出しパラメータ:

  • _from: 文字列、ソースパス
  • to: 文字列、相対パス

結果を返す:

  • String、絶対パスを返す