オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトファイバー

ファイバー操作オブジェクト、このオブジェクトは直接作成できません

coroutine.startを使用してファイバーを作成した後、このオブジェクトはファイバー処理およびファイバー間の通信のために返されます。メインのファイバー機能は、これを介してこのファイバーオブジェクトにアクセスするか、 coroutine.current介して現在のファイバーを取得できます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
function func(v1) { console.log(v1 + this.v); } var fb = coroutine.start(func, 100); fb.v = 123; fb.join();

ファイバーローカルストレージは共有Fiberオブジェクトによって完成され、現在のファイバーはcoroutine.currentを介して取得され、データはその変数を変更および照会することによって共有されます。

1 2 3 4 5 6 7
function func() { console.log(coroutine.current().v); } coroutine.current().v = 100; func();

ファイバーが作成されると、現在のファイバーのローカル変数が新しいファイバーに自動的にコピーされます。その後、変数自体がオブジェクト参照でない限り、それぞれのローカル変数の変更は相互に影響しません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
function func() { console.log(coroutine.current().v); } coroutine.current().v = 100; var fb = coroutine.start(func); coroutine.current().v = 200; fb.join();

継承

メンバー属性

id

長い、ファイバーの一意のIDを照会します

1
readonly Long Fiber.id;

caller

ファイバー、ファイバー呼び出しファイバーを照会

1
readonly Fiber Fiber.caller;

stack

文字列、ファイバーのコールスタックを照会します

1
readonly String Fiber.stack;

メンバー機能

join

ファイバーが終了するのを待ちます

1
Fiber.join();

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String Fiber.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value Fiber.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します