オブジェクト組み込みオブジェクト

組み込みオブジェクト

  • Buffer -io読み取りおよび書き込みのデータ処理に使用されるバイナリデータキャッシュオブジェクト
  • BufferedStream -読み取りオブジェクトをキャッシュする
  • Chain -メッセージプロセッサチェーン処理オブジェクト
  • ChildProcess -子プロセスオブジェクト
  • Cipher -対称暗号化アルゴリズムオブジェクト
  • Condition -条件変数オブジェクト
  • DbConnection -データベース接続オブジェクト。データベース接続セッションを確立および維持するために使用されます。
  • DgramSocket -dgram.Socketオブジェクトは、データパケットの機能をカプセル化するEventEmitterです。
  • Digest -情報要約オブジェクト
  • Event -イベントオブジェクト
  • EventEmitter -オブザーバーモードを確立するために使用できるイベントトリガーオブジェクト、イベントトリガーをサポートするすべてのオブジェクトはこれを継承し、同じイベントの同じ関数は1つのコールバックのみを生成します
  • FSWatcher -ファイルシステム観測対象
  • Fiber -ファイバー操作オブジェクト。このオブジェクトを直接作成することはできません。
  • File -バイナリファイルの読み取りと書き込みに使用されるファイル操作オブジェクト
  • Handler -メッセージプロセッサインターフェイス
  • HeapGraphEdge -HeapGraphEdgeは、アップストリームノードからダウンストリームノードまでの2つのHeapGraphNodeノード間の関連付けを表します
  • HeapGraphNode -HeapGraphNodeは、ヒープビューのノードを表します
  • HeapSnapshot -HeapSnapshotsは、特定の瞬間のJSヒープの状態を記録します
  • HttpClient -httpクライアントオブジェクト
  • HttpCollection -httpヘッダー、Cookie、クエリ、フォーム、およびその他のデータの保存と整理に使用されるhttpコンテナオブジェクト
  • HttpCookie -httpCookieオブジェクト。Cookieの追加と処理に使用されます
  • HttpHandler -httpプロトコル変換プロセッサ
  • HttpMessage -http基本メッセージオブジェクト
  • HttpRepeater -httpリクエスト転送プロセッサ
  • HttpRequest -httpリクエストメッセージオブジェクト
  • HttpResponse -http応答メッセージオブジェクト
  • HttpServer -httpサーバーオブジェクト
  • HttpUploadData -マルチパートの1つのアイテムデータが含まれています
  • HttpsServer -httpsサーバーオブジェクト
  • Image -画像の変換、描画、保存に使用される画像処理オブジェクト
  • LevelDB -LevelDBデータベースオブジェクト
  • Lock -ファイバーロックオブジェクト
  • LruCache -LRU(最近使用されていない)キャッシュオブジェクト
  • MSSQL -SQLServerデータベース接続オブジェクト
  • MemoryStream -メモリストリームオブジェクト
  • Message -基本的なメッセージオブジェクト
  • MongoCollection -mongodbデータベースデータセットオブジェクト
  • MongoCursor -mongodbデータベースデータカーソルオブジェクト
  • MongoDB -mongodbデータベース接続オブジェクト
  • MongoID -mongodbデータベースデータは、OIDの保存と転送に使用されるオブジェクトを一意に識別します
  • MySQL -mysqlデータベース接続オブジェクト
  • PKey -非対称暗号化アルゴリズムオブジェクト
  • RangeStream -オブジェクトを読み取るための範囲クエリストリーム
  • Redis -Redisデータベースクライアントオブジェクト
  • RedisHash -Redisデータベースクライアントハッシュオブジェクト。このオブジェクトは指定されたキーを含むクライアントであり、データベースはそのメソッドが呼び出された場合にのみ操作できます。
  • RedisList -Redisデータベースクライアントリストオブジェクト。このオブジェクトは指定されたキーを含むクライアントであり、データベースはそのメソッドが呼び出された場合にのみ操作できます。
  • RedisSet -RedisデータベースクライアントSetオブジェクト。このオブジェクトは、指定されたキーを含むクライアントであり、データベースは、そのメソッドが呼び出された場合にのみ操作できます。
  • RedisSortedSet -RedisデータベースクライアントのSortedSetオブジェクト。このオブジェクトは、指定されたキーを含むクライアントであり、データベースは、そのメソッドが呼び出された場合にのみ操作できます。
  • Routing -メッセージプロセッサルーティングオブジェクト
  • SQLite -sqliteデータベース接続オブジェクト
  • SandBox -独立した操作スペースを管理するために使用されるセキュリティサンドボックスオブジェクト
  • SeekableStream -現在のポインタを移動できるストリームオブジェクトインターフェイス
  • Semaphore -ファイバーセマフォオブジェクト
  • Service -システムサービス管理オブジェクト
  • Smtp -SMTPオブジェクト
  • Socket -ネットワークソケットオブジェクト
  • SslHandler -sslプロトコル変換プロセッサ
  • SslServer -sslサーバーオブジェクト。標準のマルチファイバーsslサーバーを簡単に作成できます。
  • SslSocket -sslネットワークソケットオブジェクト
  • Stat -ファイルの基本情報オブジェクト
  • StatsWatcher -ファイル統計観測オブジェクト
  • Stream -バイナリデータストリームの読み取りと書き込みに使用されるストリーム操作オブジェクト
  • StringDecoder -ストリームデコードオブジェクト
  • TcpServer -tcpサーバーオブジェクト。標準のマルチファイバーtcpサーバーを簡単に作成できます。
  • Timer -タイマーハンドラオブジェクト
  • UrlObject -URL処理オブジェクト
  • WebSocket -WebSocketパケットプロトコル変換プロセッサ
  • WebSocketMessage -websocketメッセージオブジェクト
  • WebView -ブラウザウィンドウオブジェクト
  • Worker -独立したスレッド作業オブジェクト
  • X509Cert -x509証明書オブジェクト
  • X509Crl -x509が証明書オブジェクトを取り消しました
  • X509Req -x509証明書要求オブジェクト
  • XmlAttr -XmlAttrオブジェクトは、XmlElementオブジェクトの属性を表します
  • XmlCDATASection -XmlCDATASectionオブジェクトは、ドキュメントのCDATAセクションを表します
  • XmlCharacterData -XmlCharacterDataインターフェイスは、XmlTextノードとXmlCommentノードの共通機能を提供します
  • XmlComment -XmlCommentオブジェクトは、ドキュメント内のコメントノードのコンテンツを表します
  • XmlDocument -XmlDocumentオブジェクトはXMLドキュメント全体を表します
  • XmlDocumentType -XmlDocumentTypeオブジェクトは、XMLで定義されたエンティティにアクセスするために使用されます
  • XmlElement -XmlElementオブジェクトは、XMLドキュメント内の要素を表します
  • XmlNamedNodeMap -XmlNamedNodeMapオブジェクトは、属性の順序付けられていないリストを表します
  • XmlNode -XmlNodeオブジェクトは、DOM全体の基本的なデータ型です。
  • XmlNodeList -XmlNodeListオブジェクトは、ノードの順序付きリストを表します
  • XmlProcessingInstruction -XmlProcessingInstructionオブジェクトは、xml処理命令を表します
  • XmlText -XmlTextオブジェクトは、要素または属性のテキストコンテンツを表します
  • ZipFile -zipファイルアクセスオブジェクト
  • object -ベースオブジェクト、すべてのオブジェクトはここから継承します