オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト統計

基本情報オブジェクト

統計オブジェクトは、 File.statfs.readdirFile.statを介してfs.statでき、 File.statに作成することはできません。

継承

メンバー属性

name

文字列、ファイル名

1
readonly String Stat.name;

dev

整数、ファイルを含むデバイスID

1
readonly Integer Stat.dev;

ino

整数、ファイル内のInodeの数

1
readonly Integer Stat.ino;

mode

整数、ファイル権限、Windowsはこの属性をサポートしていません

1
readonly Integer Stat.mode;

整数、このファイルに関連付けられているハードリンクの数

1
readonly Integer Stat.nlink;

uid

整数、ファイル所有者のID

1
readonly Integer Stat.uid;

gid

整数、ファイルが属するグループID

1
readonly Integer Stat.gid;

rdev

特殊なタイプのファイルの場合、整数にはファイルのデバイスIDが含まれます

1
readonly Integer Stat.rdev;

size

数、ファイルサイズ

1
readonly Number Stat.size;

blksize

整数、I / O操作中のファイルシステムのブロックサイズ

1
readonly Integer Stat.blksize;

blocks

整数、ファイルに割り当てられたブロックの数

1
readonly Integer Stat.blocks;

mtime

日付、ファイルの最終変更時刻

1
readonly Date Stat.mtime;

mtimeMs

番号、ファイルの最終変更時間(ms)

1
readonly Number Stat.mtimeMs;

atime

日付、ファイルの最終アクセス時間

1
readonly Date Stat.atime;

atimeMs

番号、ファイルの最終アクセス時間(ミリ秒)

1
readonly Number Stat.atimeMs;

ctime

日付、ファイル作成時間

1
readonly Date Stat.ctime;

ctimeMs

数、ファイル作成時間(ms)

1
readonly Number Stat.ctimeMs;

birthtime

日付、ファイル生成時間

1
readonly Date Stat.birthtime;

birthtimeMs

数、ファイル生成時間(ms)

1
readonly Number Stat.birthtimeMs;

メンバー機能

isWritable

ファイルに書き込み権限があるかどうかを確認します

1
Boolean Stat.isWritable();

戻り結果:

  • Boolean 、trueの場合、書き込み権限があります

isReadable

ファイルに読み取り権限があるかどうかを確認します

1
Boolean Stat.isReadable();

戻り結果:

  • Boolean 、trueの場合、読み取り権限

isExecutable

ファイルに実行権限があるかどうかを確認します

1
Boolean Stat.isExecutable();

戻り結果:

  • Boolean 、trueの場合、実行権限

isHidden

ファイルが非表示になっているかどうかを確認します

1
Boolean Stat.isHidden();

戻り結果:

  • Boolean 、trueの場合は非表示

isDirectory

ファイルがディレクトリであるかどうかを照会します

1
Boolean Stat.isDirectory();

戻り結果:

  • Boolean 、trueはディレクトリです

isFile

ファイルがファイルかどうかを確認します

1
Boolean Stat.isFile();

戻り結果:

  • Boolean 、trueの場合、それはファイルです

ファイルがシンボリックリンクであるかどうかを照会します

1
Boolean Stat.isSymbolicLink();

戻り結果:

  • Boolean 、trueはシンボリックリンクです

isMemory

ファイルがメモリファイルであるかどうかを照会します

1
Boolean Stat.isMemory();

戻り結果:

  • Boolean 、trueの場合はメモリファイル

isSocket

ファイルがSocketかどうかを確認しSocket

1
Boolean Stat.isSocket();

戻り結果:


toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String Stat.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value Stat.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します