オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトファイル

バイナリファイルの読み取りと書き込みに使用されるファイル操作オブジェクト

ファイル操作オブジェクトは、バイナリファイルを操作するために使用されますfsモジュールを使用して、ファイルを開いて作成できます。

1
var f = fs.openFile('test.txt');

継承

メンバー属性

name

文字列、現在のファイル名を照会します

1
readonly String File.name;

fd

整数、現在のファイル記述子を照会します

1
readonly Integer File.fd;

メンバー機能

chmod

現在のファイルのアクセス許可を照会します。Windowsはこの方法をサポートしていません

1
File.chmod(Integer mode) async;

呼び出しパラメーター:

  • mode :整数、設定されたアクセス権限を指定します

seek

ファイルの現在の操作位置を移動します

1 2
File.seek(Long offset, Integer whence);

呼び出しパラメーター:

  • offset :長い、新しい位置を指定します
  • whence :整数、位置参照を指定、許可される値:SEEK_SET、SEEK_CUR、SEEK_END

tell

ストリームの現在位置を照会します

1
Long File.tell();

戻り結果:

  • Long 、ストリームの現在の位置を返します

rewind

現在の位置をストリームの先頭に移動します

1
File.rewind();

size

クエリストリームサイズ

1
Long File.size();

戻り結果:

  • Long 、リターンストリームサイズ

readAll

ストリームから残りのすべてのデータを読み取ります

1
Buffer File.readAll() async;

戻り結果:

  • Bufferは、ストリームから読み取られたデータを返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は、nullを返します。

truncate

ファイルサイズを変更します。新しいサイズが元のサイズよりも小さい場合、ファイルは切り捨てられます。

1
File.truncate(Long bytes) async;

呼び出しパラメーター:

  • bytes :長い、新しいファイルサイズ

eof

ファイルが最後にあるかどうかを確認します

1
Boolean File.eof();

戻り結果:

  • Boolean 、Trueを返し、終了を示します

stat

現在のファイルの基本情報を照会する

1
Stat File.stat() async;

戻り結果:

  • StatStatオブジェクト記述ファイル情報を返します

read

ストリームから指定されたサイズのデータ​​を読み取ります

1
Buffer File.read(Integer bytes = -1) async;

呼び出しパラメーター:

  • bytes :整数、読み取るデータの量を指定します。デフォルトではランダムサイズのデータ​​ブロックを読み取ります。読み取られるデータのサイズはデバイスによって異なります。

戻り結果:

  • Bufferは、ストリームから読み取られたデータを返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は、nullを返します。

write

指定されたデータをストリームに書き込みます

1
File.write(Buffer data) async;

呼び出しパラメーター:

  • dataBuffer 、書き込まれるデータを指定

flush

ファイルバッファの内容を物理デバイスに書き込みます

1
File.flush() async;

close

現在のストリームオブジェクトを閉じます

1
File.close() async;

copyTo

ストリームデータをターゲットストリームにコピーします

1 2
Long File.copyTo(Stream stm, Long bytes = -1) async;

呼び出しパラメーター:

  • stmStream 、ターゲットストリームオブジェクト
  • bytes :長い、コピーされたバイト数

戻り結果:

  • Long 、コピーされたバイト数を返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String File.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value File.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します