オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトStringDecoder

ストリームデコードオブジェクト

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>StringDecoder|new StringDecoder()|lastNeed;lastTotal;lastChar;encoding|end();write();text();fillLast()] [object] <:- [StringDecoder] StringDecoder new StringDecoder() lastNeed lastTotal lastChar encoding end() write() text() fillLast() object toString() toJSON()

コンストラクタ

StringDecoder

デコーダーコンストラクター

1
new StringDecoder(String encoding = "utf8");

呼び出しパラメーター:

  • encoding:文字列、エンコーディングのデコード。デフォルトは「utf8」。

メンバー属性

lastNeed

整数。内部で使用されます。

1
Integer StringDecoder.lastNeed;

lastTotal

整数。内部で使用されます。

1
Integer StringDecoder.lastTotal;

lastChar

Buffer、内部使用。

1
Buffer StringDecoder.lastChar;

encoding

文字列、デコード、エンコード。内部で使用されます。

1
String StringDecoder.encoding;

メンバー関数

end

内部バッファを文字として返します。不完全なUTF-8およびUTF-16バイトは完了しようとします。

1
String StringDecoder.end();

戻り結果:

  • String、デコードされた文字列。

内部バッファを文字として返します。不完全なUTF-8およびUTF-16バイトは完了しようとします。

1
String StringDecoder.end(Buffer buf);

呼び出しパラメーター:

  • bufBuffer、デコードする必要があります Buffer。endを実行する前に、writeを呼び出してバッファを書き込みます。

戻り結果:

  • String、デコードされた文字列。

write

デコードされた文字列を返します。不完全な終了文字が省略され、今回は返されなくなり、次に使用するwriteまたはendメソッドのために内部に保存されます。

1
String StringDecoder.write(Buffer buf);

呼び出しパラメーター:

  • bufBuffer、デコードする必要があります Buffer

戻り結果:

  • String、デコードされた文字列。

text

内部使用。

1 2
String StringDecoder.text(Buffer buf, Integer offset);

呼び出しパラメーター:

  • bufBuffer、デコードする必要があります Buffer
  • offset:整数、デコードオフセット

戻り結果:

  • String、デコードされた文字列。

fillLast

内部使用。

1
String StringDecoder.fillLast(Buffer buf);

呼び出しパラメーター:

  • bufBuffer、 NS Buffer デコードするバイトが含まれています。

戻り結果:

  • String、デコードされた文字列。

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String StringDecoder.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value StringDecoder.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します