オブジェクト組み込みオブジェクト

objectHttpsServer

https サーバー オブジェクト

https サーバー オブジェクトは、SslServerHttpHandlerカプセル化されたオブジェクトを組み合わせると、便利で迅速にサーバーを構築できます。これは、論理的には次のものと同等です。

1 2 3
var svr = new net.SslServer(crt, key, addr, port, new http.Handler(function(req) { ... }));

作成方法:

1 2 3 4
var http = require("http"); var svr = new http.HttpsServer(crt, key, 443, function(req) { ... });

相続関係

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<class>TcpServer|new TcpServer()|socket;handler|start();stop()] [<class>HttpServer|new HttpServer()|maxHeadersCount;maxBodySize;enableEncoding;serverName|enableCrossOrigin()] [<this>HttpsServer|new HttpsServer()|verification;ca] [object] <:- [TcpServer] [TcpServer] <:- [HttpServer] [HttpServer] <:- [HttpsServer] TcpServer new TcpServer() socket handler start() stop() HttpServer new HttpServer() maxHeadersCount maxBodySize enableEncoding serverName enableCrossOrigin() HttpsServer new HttpsServer() verification ca object toString() toJSON()

コンストラクタ

HttpsServer

すべてのローカル アドレスをリッスンする HttpsServer コンストラクター

1 2 3
new HttpsServer(Array certs, Integer port, Handler hdlr);

呼び出しパラメーター:

  • certs: サーバー証明書の配列、リスト
  • port: 整数、指定httpサーバーのリッスン ポート
  • hdlr:Handlerhttp組み込みのメッセージ ハンドラー、ハンドラー関数、連鎖処理配列、ルーティング オブジェクト、詳細を参照

証明書の形式は次のとおりです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
[{ name: "fibjs.org", crt: [X509Cert object], key: [PKey object] }, { name: "*.fibjs.org", crt: [X509Cert object], key: [PKey object] } ]

HttpsServer コンストラクター

1 2 3 4
new HttpsServer(Array certs, String addr, Integer port, Handler hdlr);

呼び出しパラメーター:

  • certs: サーバー証明書の配列、リスト
  • addr: 文字列、指定httpサーバーはそのアドレスをリッスンします。「」の場合、マシンのすべてのアドレスをリッスンします
  • port: 整数、指定httpサーバーのリッスン ポート
  • hdlr:Handlerhttp組み込みのメッセージ ハンドラー、ハンドラー関数、連鎖処理配列、ルーティング オブジェクト、詳細を参照

証明書の形式は次のとおりです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
[{ name: "fibjs.org", crt: [X509Cert object], key: [PKey object] }, { name: "*.fibjs.org", crt: [X509Cert object], key: [PKey object] } ]

すべてのローカル アドレスをリッスンする HttpsServer コンストラクター

1 2 3 4
new HttpsServer(X509Cert crt, PKey key, Integer port, Handler hdlr);

呼び出しパラメーター:

  • crt:X509CertX509Certクライアント認証サーバーに使用される証明書
  • key:PKeyPKeyクライアントとの通信に使用される秘密鍵
  • port: 整数、指定httpサーバーのリッスン ポート
  • hdlr:Handlerhttp組み込みのメッセージ ハンドラー、ハンドラー関数、連鎖処理配列、ルーティング オブジェクト、詳細を参照

HttpsServer コンストラクター

1 2 3 4 5
new HttpsServer(X509Cert crt, PKey key, String addr, Integer port, Handler hdlr);

呼び出しパラメーター:

  • crt:X509CertX509Certクライアント認証サーバーに使用される証明書
  • key:PKeyPKeyクライアントとの通信に使用される秘密鍵
  • addr: 文字列、指定httpサーバーはそのアドレスをリッスンします。「」の場合、マシンのすべてのアドレスをリッスンします
  • port: 整数、指定httpサーバーのリッスン ポート
  • hdlr:Handlerhttp組み込みのメッセージ ハンドラー、ハンドラー関数、連鎖処理配列、ルーティング オブジェクト、詳細を参照

メンバー プロパティ

verification

整数、証明書検証モードを設定します。デフォルトは VERIFY_NONE です

1
Integer HttpsServer.verification;

ca

X509Cert、クライアント証明書の検証 ca

1
readonly X509Cert HttpsServer.ca;

maxHeadersCount

リクエスト ヘッダーの最大数を整数でクエリおよび設定します。デフォルトは 128 です。

1
Integer HttpsServer.maxHeadersCount;

maxBodySize

本体の最大サイズを整数で照会および設定します。MB 単位で、デフォルトは 64 です。

1
Integer HttpsServer.maxBodySize;

enableEncoding

ブール値、自動減圧機能スイッチ、デフォルトでオフ

1
Boolean HttpsServer.enableEncoding;

serverName

サーバー名を文字列、クエリ、および設定します。デフォルトは次のとおりです: fibjs/0.x.0

1
String HttpsServer.serverName;

socket

Socket、現在リッスンしているサーバーSocket物体

1
readonly Socket HttpsServer.socket;

handler

Handler、サーバーの現在のイベント処理インターフェース オブジェクト

1
Handler HttpsServer.handler;

メンバー関数

enableCrossOrigin

クロスオリジン リクエストを許可する

1
HttpsServer.enableCrossOrigin(String allowHeaders = "Content-Type");

呼び出しパラメーター:

  • allowHeaders: 文字列、受け入れられるhttpヘッダー フィールド

start

現在のサーバーを起動する

1
HttpsServer.start();

stop

ソケットを閉じると、実行中のサーバーが中止されます

1
HttpsServer.stop() async;

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[Native Object]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます

1
String HttpsServer.toString();

返される結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能なプロパティのセットを返します

1
Value HttpsServer.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

返される結果:

  • Value、シリアル化可能な JSON を含む値を返します