ガイド開発ガイド

ドメイン名ルーティング

0.28.0 以降fibjs、mq.Routing オブジェクトはドメイン名ルーティングとして HOST メソッドをサポートします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
const mq = require('mq') const rt = new mq.Routing(); // 使得 routes 支持 *.fibjs.org 解析 rt.host('*.fibjs.org', ...) // 使得 routes 支持 api.fibjs.org 解析 rt.host('api.fibjs.org', ...) // 使得 routes 支持 www.fibjs.org, other.fibjs.org, *.fibjs.org 解析 rt.host('fibjs.org', ...) // `rt.host(...args)` 实际上是 `rt.append('host', ...args)` 的别名 rt.append('host', 'fibjs.org', ...)

いくつかの例を見てみましょう。

簡単な例

単純な fileHandlers

Fibjs.org は、ドメイン名がアプリケーションのあるマシンにバインドされていることを前提としています (テスト目的で、Hosts バインディング効果をローカルで変更することでこれを実現することもできます)。file.fibjs.orgマシン FILE_DIR リソース上のファイル ディレクトリをダウンロードできることを願っています。 、 できるよ:

1 2 3 4 5 6
const mq = require('mq') const http = require('http') const fileRoutes = new mq.Routing(); // 对域名 file.fibjs.org 的请求, 以 fileHandler 响应 fileRoutes.host('file.fibjs.org', http.fileHandler(FILE_DIR))

フロントエンド リソース ホスト

典型的なシナリオは、コンパイルされたフロントエンド アプリケーションが、/home/frontend/assets/ディレクトリを保持するなど、マシンに投稿される場合があります。

1 2 3 4 5
/home/frontend/assets/index.html /home/frontend/assets/200.html /home/frontend/assets/app.839ca9.js /home/frontend/assets/common.537a50.js /home/frontend/assets/chunk.d45858.js

festatic.fibjs.org を通じてこれらのリソースを取得したい場合は、次のように記述できます。

1
fileRoutes.host('festatic.fibjs.org', http.fileHandlers('/home/frontend/assets/'))

APIサーバー

マシンに api サーバーがありapi.fibjs.org、ドメイン名を統一する必要があるが、次のような別のパスを割り当てるとします。

API サーバー 使用法
http://127.0.0.1:3001 ユーザーサービス /ユーザー
http://127.0.0.1:8080 Biz1 /biz1
http://127.0.0.1:9007 Biz2 /biz2

次に、次のことができます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
const mq = require('mq') const apiRoutes = new mq.Routing(); // proxyTo 是代理请求到对应 origin 的函数 apiRoutes.host('api.fibjs.org', { '/user': (req) => proxyTo(req, `http://127.0.0.1:3001`), '/biz1': (req) => proxyTo(req, `http://127.0.0.1:8080`), '/biz2': (req) => proxyTo(req, `http://127.0.0.1:9007`), })

さらに、「/biz1」パスが http POST リクエストのみを受け入れるようにするには、次のようにします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
const mq = require('mq') const apiRoutes = new mq.Routing(); apiRoutes.host('api.fibjs.org', { '/user': (req) => proxyTo(req, `http://127.0.0.1:3001`), '/biz1': apiRoutes.post((req) => proxyTo(req, `http://127.0.0.1:8080`)), '/biz2': (req) => proxyTo(req, `http://127.0.0.1:9007`), })

api.fibjs.org は現在のマシンにバインドされている必要があることに注意してください

複雑な例

他の宣言がない場合、次の例では、次の関数が存在します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
// 生成带特定 host 的请求 function getRequest({ path = '/', host = 'www.fibjs.org' }) { const req = new http.Request() req.value = path req.addHeader('host', host) return req } // 以 method 尝试对 routes 发起一个 header: host=host 的请求 function invokePathFromHost (path, host, method = 'GET') { const req = getRequest({ path, host }) req.method = method mq.invoke(routes, req) const result = req.response.body.readAll() return result ? result.toString() : result }

ドメイン転用

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36
const mq = require('mq') const http = require('http') const assert = require('assert') const routes = new mq.Routing(); routes.host('api.fibjs.org', [ { '/user/information': req => req.response.json({name: 'xicilion'}), }, req => req.response.body.rewind() ]) // routes.host 方法可以多次调用 routes.host('*.fibjs.org', [ { '/': req => req.response.json({message: 'I am in root'}), '/index.html': req => req.response.body.write(`<html><body>hello fibjs</body></html>`), '/index.js': req => req.response.body.write(`console.log('hello world')`), '*': (req, domain) => { req.response.json({message: 'I am fallback'}) } }, req => req.response.body.rewind() ]) assert.equal( invokePathFromHost('/', 'www.fibjs.org'), `{"message":"I am in root"}` ) assert.equal( invokePathFromHost('/index.html', 'static.fibjs.org'), `<html><body>hello fibjs</body></html>` ) assert.equal( invokePathFromHost('/index.js', 'static.fibjs.org'), `console.log('hello world')` ) assert.equal( invokePathFromHost('/user/information', 'api.fibjs.org'), JSON.stringify({name: 'xicilion'}) ) try { invokePathFromHost('/', 'fibjs.org') } catch (error) { assert.equal(error, 'Error: Routing: unknown routing: fibjs.org') }

次に、上記の例のルートを http(s)Server にマウントするだけで、動作を開始できます. サーバーがマシンのデフォルト ポート (通常は 80) をリッスンする場合、次のように 1 つが分割されます。ドメイン名 異なるルートのゲートウェイ サービスが構築されています。つまり、同じ機能を実現するには、nginx/apache/tomcat/iis などの従来のゲートウェイ サービスをインストールする代わりに、fibjs の mq.Routing のみを使用できます。

👉 [ fibjsでの X509 証明書の使用]