オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト TTYOutputStream

tty書き込みストリーム オブジェクト、処理用tty出力

クラスを単独で作成する方法はなく、process.stdoutインスタンス

1 2
// 清除屏幕上光标以右的内容 process.stdout.clearLine(1)

相続関係

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<class>Stream|fd|read();write();flush();close();copyTo()] [<this>TTYOutputStream|isTTY;columns;rows|clearLine();clearScreenDown();getWindowSize()] [object] <:- [Stream] [Stream] <:- [TTYOutputStream] Stream fd read() write() flush() close() copyTo() TTYOutputStream isTTY columns rows clearLine() clearScreenDown() getWindowSize() object toString() toJSON()

メンバー プロパティ

isTTY

ブール値、常に真

1
readonly Boolean TTYOutputStream.isTTY;

columns

整数。この TTYOutputStream に対応する端末の列数を返します

1
readonly Integer TTYOutputStream.columns;

rows

整数、この TTYOutputStream に対応する端末の行番号を返します

1
readonly Integer TTYOutputStream.rows;

fd

整数、クエリStreamサブクラスによって実装される、対応するファイル記述子の値

1
readonly Integer TTYOutputStream.fd;

メンバー関数

clearLine

dir で示される方向に従って線をクリアする

1
TTYOutputStream.clearLine(Integer dir = 0);

呼び出しパラメーター:

  • dir: 整数、明確な方向

方向:

  • -1: カーソル位置から行頭までクリーンアップ
  • 0: 行全体をクリーンアップします
  • 1: カーソルから行末までクリーンアップ

clearScreenDown

カーソル位置から画面の最後までの文字をクリアする

1
TTYOutputStream.clearScreenDown();

getWindowSize

この TTYOutputStream に対応する端末のサイズを返します

1
NArray TTYOutputStream.getWindowSize();

返される結果:

  • NArray、配列 [numColumns, numRows] を返します。ここで、numColumns と numRows は、対応する端末の列と行の数を表します

read

指定されたサイズのデータ​​をストリームから読み取る

1
Buffer TTYOutputStream.read(Integer bytes = -1) async;

呼び出しパラメーター:

  • bytes: 整数、読み取るデータの量を指定します。デフォルトでは、ランダム サイズのデータ​​ ブロックを読み取ります。読み取られるデータのサイズは、デバイスによって異なります。

返される結果:

  • Buffer、ストリームから読み取ったデータを返します。読み取るデータがない場合、または接続が中断された場合は null を返します。

write

指定されたデータをストリームに書き込みます

1
TTYOutputStream.write(Buffer data) async;

呼び出しパラメーター:

  • data:Buffer、書き込むデータが与えられた場合

flush

ファイル バッファの内容を物理デバイスに書き込む

1
TTYOutputStream.flush() async;

close

現在のストリーム オブジェクトを閉じます

1
TTYOutputStream.close() async;

copyTo

ストリーム データをターゲット ストリームにコピーする

1 2
Long TTYOutputStream.copyTo(Stream stm, Long bytes = -1) async;

呼び出しパラメーター:

  • stm:Stream、ターゲット ストリーム オブジェクト
  • bytes: long、コピーされたバイト数

返される結果:

  • Long、コピーされたバイト数を返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[Native Object]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます

1
String TTYOutputStream.toString();

返される結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能なプロパティのセットを返します

1
Value TTYOutputStream.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

返される結果:

  • Value、シリアル化可能な JSON を含む値を返します