オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト XmlAttr

XmlAttr オブジェクト表現 XmlElement オブジェクト属性

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>XmlAttr|localName;value;name;namespaceURI;prefix;nodeName;nodeValue] [object] <:- [XmlAttr] object toString() toJSON() XmlAttr localName value name namespaceURI prefix nodeName nodeValue

メンバーの属性

localName

文字列、クエリ要素のローカル名。選択したノードに名前空間がない場合、この属性は nodeName と同等です。

1
readonly String XmlAttr.localName;

value

文字列、プロパティの値

1
String XmlAttr.value;

name

文字列、プロパティの名前

1
readonly String XmlAttr.name;

namespaceURI

文字列、クエリ要素の名前空間の URI。選択したノードに名前空間がない場合、この属性は NULL を返します。

1
readonly String XmlAttr.namespaceURI;

prefix

文字列、クエリ、要素の名前空間プレフィックスを設定します。選択したノードに名前空間がない場合、この属性は NULL を返します。

1
String XmlAttr.prefix;

nodeName

互換性の目的で、プロパティの名前である文字列

1
readonly String XmlAttr.nodeName;

nodeValue

互換性の目的で、属性の値である文字列

1
String XmlAttr.nodeValue;

メンバー関数

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブ オブジェクト]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます。

1
String XmlAttr.toString();

結果を返す:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式の表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value XmlAttr.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key: ストリング、未使用

結果を返す:

  • Value、シリアライズ可能なJSONを含む値を返します