オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト HttpRepeater

http リクエスト転送プロセッサ

http 慣れている http バックエンド サーバーへのリクエスト転送は、次のように使用されます。

1 2
var http = require('http'); var hr = new http.Repeater('http://10.0.0.100:8080/test');

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<class>Handler|new Handler()|invoke()] [<this>HttpRepeater|new HttpRepeater()|urls;client|load()] [object] <:- [Handler] [Handler] <:- [HttpRepeater] HttpRepeater new HttpRepeater() urls client load() Handler new Handler() invoke() object toString() toJSON()

コンストラクタ

HttpRepeater

新しい HttpRepeater オブジェクトを作成する HttpRepeater コンストラクター

1
new HttpRepeater(String url);

呼び出しパラメータ:

  • url: 文字列、バックエンド サーバーを指定します url

新しい HttpRepeater オブジェクトを作成する HttpRepeater コンストラクター

1
new HttpRepeater(Array urls);

呼び出しパラメータ:

  • urls: 配列、バックエンド サーバーのグループを指定します url

メンバーの属性

urls

NArray、現在のバックエンド サーバーに問い合わせる url リスト

1
readonly NArray HttpRepeater.urls;

client

HttpClient、リクエスト転送プロセッサによって内部的に使用されます HttpClient オブジェクト

1
readonly HttpClient HttpRepeater.client;

メンバー関数

load

新しいバックエンドのセットをロードする url

1
HttpRepeater.load(Array urls);

呼び出しパラメータ:

  • urls: 配列、バックエンド サーバーのグループを指定します url

invoke

メッセージまたはオブジェクトを処理する

1
Handler HttpRepeater.invoke(object v) async;

呼び出しパラメータ:

  • v: object、処理するメッセージまたはオブジェクトを指定します

結果を返す:

  • Handler, 次のプロセッサに戻る

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブ オブジェクト]」を返します。オブジェクトは独自の特性に従って再実装できます。

1
String HttpRepeater.toString();

結果を返す:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトの JSON 形式の表現を返します。通常は、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value HttpRepeater.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key: ストリング、未使用

結果を返す:

  • Value、シリアライズ可能なJSONを含む値を返します