オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクト画像

画像の変換、描画、保存に使用される画像処理オブジェクト

画像オブジェクトはに属します gd モジュール、作成:

1 2
var img = gd.create(640, 480); var img1 = gd.load(data);

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>Image|width;height;format;type;colorsTotal;transparent;progressive;alphaBlending|getData();save();colorAllocate();colorAllocateAlpha();colorClosest();colorClosestHWB();colorClosestAlpha();colorExact();colorExactAlpha();colorResolve();colorResolveAlpha();colorDeallocate();clip();getPixel();getTrueColorPixel();setPixel();setThickness();line();rectangle();filledRectangle();polygon();openPolygon();filledPolygon();ellipse();filledEllipse();arc();filledArc();fill();fillToBorder();colorReplace();clone();resample();crop();flip();rotate();convert();copy();copyMerge();copyMergeGray();copyResized();copyResampled();copyRotated();filter();affine();gaussianBlur()] [object] <:- [Image] Image width height format type colorsTotal transparent progressive alphaBlending getData() save() colorAllocate() colorAllocateAlpha() colorClosest() colorClosestHWB() colorClosestAlpha() colorExact() colorExactAlpha() colorResolve() colorResolveAlpha() colorDeallocate() clip() getPixel() getTrueColorPixel() setPixel() setThickness() line() rectangle() filledRectangle() polygon() openPolygon() filledPolygon() ellipse() filledEllipse() arc() filledArc() fill() fillToBorder() colorReplace() clone() resample() crop() flip() rotate() convert() copy() copyMerge() copyMergeGray() copyResized() copyResampled() copyRotated() filter() affine() gaussianBlur() object toString() toJSON()

メンバー属性

width

整数、クエリ画像の幅

1
readonly Integer Image.width;

height

整数、クエリ画像の高さ

1
readonly Integer Image.height;

format

整数、画像ソース形式を照会すると、結果は次のようになります。 gd.PNGgd.JPEGgd.GIFgd.BMPgd.WEBP

1
readonly Integer Image.format;

type

整数、画像タイプを照会すると、結果は次のようになります。 gd.TRUECOLORgd.PALETTE

1
readonly Integer Image.type;

colorsTotal

整数、画像のカラーテーブルの色の総数を照会します

1
readonly Integer Image.colorsTotal;

transparent

整数、クエリを実行し、指定した色を透明に設定します

1
Integer Image.transparent;

progressive

jpeg形式のみがサポートされている場合、ブール値、クエリ、および画像がプログレッシブであるかどうかの設定

1
Boolean Image.progressive;

alphaBlending

ブール値、クエリ、および描画時にアルファレイヤーを計算するかどうかを設定します。デフォルトはtrueです。

1
Boolean Image.alphaBlending;

メンバー関数

getData

指定された形式に従って画像データを返します

1 2
Buffer Image.getData(Integer format = gd.PNG, Integer quality = 85) async;

呼び出しパラメーター:

  • format:整数、返されるデータの形式を指定します。許可される値は次のとおりです。 gd.PNGgd.JPEGgd.GIFgd.BMPgd.WEBP、デフォルトは gd.PNG
  • quality:整数、形式が gd.JPEG また gd.WEBP 圧縮品質を指定するために使用される場合、デフォルトは85であり、他の形式はこのパラメーターを無視します

戻り結果:

  • Buffer、フォーマットされたデータを返す

save

指定された形式に従って、画像データをストリームオブジェクトに保存します

1 2 3
Image.save(Stream stm, Integer format = gd.PNG, Integer quality = 85) async;

呼び出しパラメーター:

  • stmStream、保存するストリームオブジェクトを指定します
  • format:整数、返されるデータの形式を指定します。許可される値は次のとおりです。 gd.PNGgd.JPEGgd.GIFgd.BMPgd.WEBP、デフォルトは gd.PNG
  • quality:整数、形式が gd.JPEG また gd.WEBP 圧縮品質を指定するために使用される場合、デフォルトは85であり、他の形式はこのパラメーターを無視します

指定した形式で指定したファイルに画像データを保存すると、ファイルが強制的に上書きされます

1 2 3
Image.save(String fname, Integer format = gd.PNG, Integer quality = 85) async;

呼び出しパラメーター:

  • fname:文字列、ファイル名を指定します
  • format:整数、返されるデータの形式を指定します。許可される値は次のとおりです。 gd.PNGgd.JPEGgd.GIFgd.BMPgd.WEBP、デフォルトは gd.PNG
  • quality:整数、形式が gd.JPEG 圧縮品質を指定するために使用される場合、デフォルトは85であり、他の形式はこのパラメーターを無視します

colorAllocate

指定された色の色番号を適用します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1 2 3
Integer Image.colorAllocate(Integer red, Integer green, Integer blue);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色の色番号を適用します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1
Integer Image.colorAllocate(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorAllocateAlpha

指定された色と透明度の色番号を申請します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1 2 3 4
Integer Image.colorAllocateAlpha(Integer red, Integer green, Integer blue, Number alpha);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255
  • alpha:数値、透明コンポーネント、範囲は0〜1.0

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色と透明度の色番号を申請します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1
Integer Image.colorAllocateAlpha(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorClosest

指定された色に最も近い色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1 2 3
Integer Image.colorClosest(Integer red, Integer green, Integer blue);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色に最も近い色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1
Integer Image.colorClosest(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorClosestHWB

指定された色に最も近い色番号を検索します。この方法では、色相/白/黒の計算を使用して最も近い色を検索します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1 2 3
Integer Image.colorClosestHWB(Integer red, Integer green, Integer blue);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色に最も近い色番号を検索します。この方法では、色相/白/黒の計算を使用して最も近い色を検索します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1
Integer Image.colorClosestHWB(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorClosestAlpha

指定された色と透明度に最も近い色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1 2 3 4
Integer Image.colorClosestAlpha(Integer red, Integer green, Integer blue, Number alpha);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255
  • alpha:数値、透明コンポーネント、範囲は0〜1.0

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色と透明度に最も近い色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1
Integer Image.colorClosestAlpha(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorExact

指定された色に対応する色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1 2 3
Integer Image.colorExact(Integer red, Integer green, Integer blue);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色に対応する色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1
Integer Image.colorExact(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorExactAlpha

指定された色と透明度に対応する色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1 2 3 4
Integer Image.colorExactAlpha(Integer red, Integer green, Integer blue, Number alpha);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255
  • alpha:数値、透明コンポーネント、範囲は0〜1.0

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色と透明度に対応する色番号を見つけます。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1
Integer Image.colorExactAlpha(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorResolve

指定した色に対応する色番号を探します。色が存在しない場合は、新しい色番号を申請してください。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1 2 3
Integer Image.colorResolve(Integer red, Integer green, Integer blue);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定した色に対応する色番号を探します。色が存在しない場合は、新しい色番号を申請してください。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はRGBコード値です

1
Integer Image.colorResolve(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorResolveAlpha

指定された色と透明度に対応する色番号を見つけます。色が存在しない場合は、新しい色番号を申請します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1 2 3 4
Integer Image.colorResolveAlpha(Integer red, Integer green, Integer blue, Number alpha);

呼び出しパラメーター:

  • red:整数、赤のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • green:整数、緑色のコンポーネント、範囲は0〜255です
  • blue:整数、青のコンポーネント、範囲0〜255
  • alpha:数値、透明コンポーネント、範囲は0〜1.0

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

指定された色と透明度に対応する色番号を見つけます。色が存在しない場合は、新しい色番号を申請します。 gd.PALETTE 画像、色番号はパレットインデックスです。 gd.TRUECOLOR 画像、色番号はrgbaコード値です

1
Integer Image.colorResolveAlpha(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、結合された色の値、 gd.color、gb.rgb、 gd.rgba 関数の生成を待つ

戻り結果:

  • Integer、色番号を返し、失敗した場合は-1を返します

colorDeallocate

指定した色番号を離すと、再度塗った後、離した色番号に置き換わります

1
Image.colorDeallocate(Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、リリースする色番号を指定します

clip

図面のカットウィンドウを設定します。設定後、すべての図面がウィンドウ内でカットされます。

1 2 3 4
Image.clip(Integer x1, Integer y1, Integer x2, Integer y2);

呼び出しパラメーター:

  • x1:整数、クリッピングウィンドウの左上のx座標
  • y1:整数、クリッピングウィンドウの左上のy座標
  • x2:整数、クリッピングウィンドウの右下のx座標
  • y2:整数、クリッピングウィンドウの右下のy座標

getPixel

指定されたポイントの色を照会します

1 2
Integer Image.getPixel(Integer x, Integer y);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、クエリのx座標を指定します
  • y:整数、クエリのy座標を指定します

戻り結果:

  • Integer、指定されたポイントの色番号を返します

getTrueColorPixel

指定されたロケーションポイントのトゥルーカラーを照会します

1 2
Integer Image.getTrueColorPixel(Integer x, Integer y);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、クエリのx座標を指定します
  • y:整数、クエリのy座標を指定します

戻り結果:

  • Integer、指定されたポイントの色番号を返します

setPixel

指定した位置に点を描きます

1 2 3
Image.setPixel(Integer x, Integer y, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、描画点のx座標を指定します
  • y:整数、描画点のy座標を指定します
  • color:整数、ペイントされたポイントの色番号を指定します

setThickness

線の幅を設定します。線、長方形、円弧などの方法で描画する場合、デフォルトの幅は1ピクセルです。この方法を使用して、線の幅を変更できます。

1
Image.setThickness(Integer thickness);

呼び出しパラメーター:

  • thickness:整数、線の幅

line

指定された位置に線を引きます

1 2 3 4 5
Image.line(Integer x1, Integer y1, Integer x2, Integer y2, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x1:整数、線の開始x座標を指定します
  • y1:整数、線の開始y座標を指定します
  • x2:整数、行の終了x座標を指定します
  • y2:整数、線の終了y座標を指定します
  • color:整数、行の色番号を指定します

rectangle

指定した位置に長方形を描きます

1 2 3 4 5
Image.rectangle(Integer x1, Integer y1, Integer x2, Integer y2, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x1:整数、左上隅のx座標を指定します
  • y1:整数、左上隅のy座標を指定します
  • x2:整数、右下隅のx座標を指定します
  • y2:整数、右下隅のy座標を指定します
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

filledRectangle

指定された位置に塗りつぶされた長方形を描画します

1 2 3 4 5
Image.filledRectangle(Integer x1, Integer y1, Integer x2, Integer y2, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x1:整数、左上隅のx座標を指定します
  • y1:整数、左上隅のy座標を指定します
  • x2:整数、右下隅のx座標を指定します
  • y2:整数、右下隅のy座標を指定します
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

polygon

与えられた点に基づいてポリゴンを描画します

1 2
Image.polygon(Array points, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • points:配列、[[1、1]、[1、10]、[10、15]、[10、20]]などのポリゴンポイントを含む配列
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

openPolygon

与えられた点に基づいて開いたポリゴンを描画します

1 2
Image.openPolygon(Array points, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • points:配列、[[1、1]、[1、10]、[10、15]、[10、20]]などのポリゴンポイントを含む配列
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

filledPolygon

指定されたポイントに基づいて塗りつぶされたポリゴンを描画します

1 2
Image.filledPolygon(Array points, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • points:配列、[[1、1]、[1、10]、[10、15]、[10、20]]などのポリゴンポイントを含む配列
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

ellipse

楕円形を描く

1 2 3 4 5
Image.ellipse(Integer x, Integer y, Integer width, Integer height, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、楕円の中心のx座標
  • y:整数、楕円の中心のy座標
  • width:整数、楕円の幅
  • height:整数、楕円の高さ
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

filledEllipse

塗りつぶされた楕円を描く

1 2 3 4 5
Image.filledEllipse(Integer x, Integer y, Integer width, Integer height, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、楕円の中心のx座標
  • y:整数、楕円の中心のy座標
  • width:整数、楕円の幅
  • height:整数、楕円の高さ
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

arc

ファンを描く

1 2 3 4 5 6 7
Image.arc(Integer x, Integer y, Integer width, Integer height, Integer start, Integer end, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、扇形の中心のx座標
  • y:整数、扇形の中心のy座標
  • width:整数、扇形が配置されている楕円の幅
  • height:整数、扇形が配置されている楕円の高さ
  • start:整数、セクターの開始角度、範囲は0〜360です
  • end:整数、セクターが終了する角度、範囲は0〜360です
  • color:整数、長方形の色番号を指定します

filledArc

塗りつぶされたセクターを描画します

1 2 3 4 5 6 7 8
Image.filledArc(Integer x, Integer y, Integer width, Integer height, Integer start, Integer end, Integer color, Integer style = gd.ARC);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、扇形の中心のx座標
  • y:整数、扇形の中心のy座標
  • width:整数、扇形が配置されている楕円の幅
  • height:整数、扇形が配置されている楕円の高さ
  • start:整数、セクターの開始角度、範囲は0〜360です
  • end:整数、セクターが終了する角度、範囲は0〜360です
  • color:整数、長方形の色番号を指定します
  • style:整数、扇形のスタイルを指定します。許可される値は次のとおりです。 gd.ARCgd.CHORDgd.NOFILLgd.EDGED そしてその組み合わせ

fill

指定されたポイントから囲まれた領域を埋めます

1 2 3
Image.fill(Integer x, Integer y, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、塗りつぶしを開始するx座標
  • y:整数、塗りつぶしを開始するy座標
  • color:整数、塗りつぶしの色番号を指定します

fillToBorder

指定されたポイントから指定された色の境界内の囲まれた領域を塗りつぶします

1 2 3 4
Image.fillToBorder(Integer x, Integer y, Integer borderColor, Integer color);

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、塗りつぶしを開始するx座標
  • y:整数、塗りつぶしを開始するy座標
  • borderColor:整数、境界線の色番号を指定します
  • color:整数、塗りつぶしの色番号を指定します

colorReplace

画像内の指定された色を新しい色に置き換えます

1 2
Image.colorReplace(Integer src, Integer dst) async;

呼び出しパラメーター:

  • src:整数、置き換える色を指定します
  • dst:整数、新しい色を指定

clone

現在の画像を新しい画像としてコピーします

1
Image Image.clone() async;

戻り結果:

  • Image、コピーした新しい画像オブジェクトを返します

resample

画像ストレッチに基づいて新しいサイズの画像を生成します

1 2
Image Image.resample(Integer width, Integer height) async;

呼び出しパラメーター:

  • width:整数、ストレッチの幅を指定します
  • height:整数、ストレッチの高さを指定します

戻り結果:

  • Image、新しい画像オブジェクトを返す

crop

画像の一部を新しい画像にカットします

1 2 3 4
Image Image.crop(Integer x, Integer y, Integer width, Integer height) async;

呼び出しパラメーター:

  • x:整数、クリッピングウィンドウの左上のx座標
  • y:整数、クリッピングウィンドウの左上のy座標
  • width:整数、カットウィンドウの幅
  • height:整数、クリッピングウィンドウの高さ

戻り結果:

  • Image、切り取った画像を返す

flip

現在の画像をミラーリング

1
Image.flip(Integer dir = gd.HORIZONTAL) async;

呼び出しパラメーター:


rotate

現在の画像を回転させる

1
Image.rotate(Integer dir) async;

呼び出しパラメーター:


convert

現在の画像タイプを変換する

1
Image.convert(Integer color = gd.TRUECOLOR) async;

呼び出しパラメーター:

  • color:整数、画像タイプを指定します。許可される値は次のとおりです。 gd.TRUECOLOR また gd.PALETTE

copy

画像から指定した場所に領域をコピーします

1 2 3 4 5 6 7
Image.copy(Image source, Integer dstX, Integer dstY, Integer srcX, Integer srcY, Integer width, Integer height) async;

呼び出しパラメーター:

  • source:画像、ソース画像オブジェクト
  • dstX:整数、コピー先のx座標を指定します
  • dstY:整数、コピー先のy座標を指定します
  • srcX:整数、コピー元の左上隅のx座標を指定します
  • srcY:整数、コピー元の左上隅のy座標を指定します
  • width:整数、コピーの幅を指定します
  • height:整数、コピーの高さを指定します

copyMerge

画像から指定した場所に領域をコピーします

1 2 3 4 5 6 7 8
Image.copyMerge(Image source, Integer dstX, Integer dstY, Integer srcX, Integer srcY, Integer width, Integer height, Integer percent) async;

呼び出しパラメーター:

  • source:画像、ソース画像オブジェクト
  • dstX:整数、コピー先のx座標を指定します
  • dstY:整数、コピー先のy座標を指定します
  • srcX:整数、コピー元の左上隅のx座標を指定します
  • srcY:整数、コピー元の左上隅のy座標を指定します
  • width:整数、コピーの幅を指定します
  • height:整数、コピーの高さを指定します
  • percent:整数、オーバーレイの透明度を指定します

copyMergeGray

ある領域のグレーカバレッジを画像から指定された位置にコピーします

1 2 3 4 5 6 7 8
Image.copyMergeGray(Image source, Integer dstX, Integer dstY, Integer srcX, Integer srcY, Integer width, Integer height, Integer percent) async;

呼び出しパラメーター:

  • source:画像、ソース画像オブジェクト
  • dstX:整数、コピー先のx座標を指定します
  • dstY:整数、コピー先のy座標を指定します
  • srcX:整数、コピー元の左上隅のx座標を指定します
  • srcY:整数、コピー元の左上隅のy座標を指定します
  • width:整数、コピーの幅を指定します
  • height:整数、コピーの高さを指定します
  • percent:整数、オーバーレイの透明度を指定します

copyResized

画像内の領域を拡大して、指定した位置にコピーします

1 2 3 4 5 6 7 8 9
Image.copyResized(Image source, Integer dstX, Integer dstY, Integer srcX, Integer srcY, Integer dstW, Integer dstH, Integer srcW, Integer srcH) async;

呼び出しパラメーター:

  • source:画像、ソース画像オブジェクト
  • dstX:整数、コピー先のx座標を指定します
  • dstY:整数、コピー先のy座標を指定します
  • srcX:整数、コピー元の左上隅のx座標を指定します
  • srcY:整数、コピー元の左上隅のy座標を指定します
  • dstW:整数、コピーの引き伸ばされた幅を指定します
  • dstH:整数、コピーのストレッチの高さを指定します
  • srcW:整数、コピーのソース幅を指定します
  • srcH:整数、コピーのソースの高さを指定します

copyResampled

画像の領域をストレッチして、指定した位置にコピーします.copyResizedとは異なり、このメソッドは、画像がストレッチされるときにディザリングします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
Image.copyResampled(Image source, Integer dstX, Integer dstY, Integer srcX, Integer srcY, Integer dstW, Integer dstH, Integer srcW, Integer srcH) async;

呼び出しパラメーター:

  • source:画像、ソース画像オブジェクト
  • dstX:整数、コピー先のx座標を指定します
  • dstY:整数、コピー先のy座標を指定します
  • srcX:整数、コピー元の左上隅のx座標を指定します
  • srcY:整数、コピー元の左上隅のy座標を指定します
  • dstW:整数、コピーの引き伸ばされた幅を指定します
  • dstH:整数、コピーのストレッチの高さを指定します
  • srcW:整数、コピーのソース幅を指定します
  • srcH:整数、コピーのソースの高さを指定します

copyRotated

画像内の領域を回転して、指定した位置にコピーします

1 2 3 4 5 6 7 8
Image.copyRotated(Image source, Number dstX, Number dstY, Integer srcX, Integer srcY, Integer width, Integer height, Number angle) async;

呼び出しパラメーター:

  • source:画像、ソース画像オブジェクト
  • dstX:番号、コピー先のx座標を指定します
  • dstY:番号、コピー先のy座標を指定します
  • srcX:整数、コピー元の左上隅のx座標を指定します
  • srcY:整数、コピー元の左上隅のy座標を指定します
  • width:整数、コピーの幅を指定します
  • height:整数、コピーの高さを指定します
  • angle:数値、回転角を指定

filter

フィルタfilterTypeを画像に適用し、フィルタタイプに応じて必要なパラメータを渡します

1 2 3 4 5
Image.filter(Integer filterType, Number arg1 = 0, Number arg2 = 0, Number arg3 = 0, Number arg4 = 0) async;

呼び出しパラメーター:

  • filterType:整数、フィルタータイプ
  • arg1:数値、フィルターに必要なパラメーター:SMOOTHスムージングレベル、BRIGHTNESS輝度レベル、CONTRASTコントラストレベル、COLORIZE赤スコア
  • arg2:数値、フィルターに必要なパラメーター:COLORIZEの緑のスコア
  • arg3:数値、フィルターに必要なパラメーター:COLORIZEの青いスコア
  • arg4:数値、フィルターに必要なパラメーター:COLORIZEの透明度のアルファスコア

パラメータfilterTypeには、次の値を指定できます。

  • MEAN_REMOVAL、平均除去法を使用して輪郭効果を実現します
  • EDGEDETECT、エッジ検出を使用して画像のエッジを強調表示します
  • EMBOSS、画像をエンボス加工するには
  • SELECTIVE_BLUR、ぼやけた画像
  • GAUSSIAN_BLUR、ガウスのアルゴリズムで画像をぼかす
  • NEGATE、画像のすべての色を反転します
  • GRAYSCALE、画像をグレースケールに変換します
  • SMOOTH、画像を滑らかにするには、arg1を使用して滑らかさのレベルを設定します
  • BRIGHTNESS、画像の明るさを変更し、arg1を使用して明るさのレベルを設定します。値の範囲は-255〜255です。
  • CONTRAST、画像のコントラストを変更し、arg1を使用してコントラストレベルを設定します。値の範囲は0〜100です。
  • COLORIZE、画像の色相を変更し、arg1、arg2、およびarg3を使用して、それぞれ赤、青、および緑のスコアを指定します。各色の範囲は0〜255、arg4は透明度、戻り値は0〜127です。

affine

与えられた行列に従って、現在の画像をアフィンします

1 2 3 4 5
Image Image.affine(Array affine, Integer x = -1, Integer y = -1, Integer width = -1, Integer height = -1) async;

呼び出しパラメーター:

  • affine:配列、アフィン行列、6つの二重数で構成
  • x:整数、オプションのクリッピング領域の原点のx座標
  • y:整数、クリッピング領域の原点のオプションのy座標
  • width:整数、オプションのクリッピング領域の幅
  • height:整数、オプションのクリッピング領域の高さ

戻り結果:

  • Image、アフィン画像を返す

パラメータアフィンは配列です:

1 2 3
affine = [a0, a1, b0, b1, a2, b2]; x ' = a0x + a1y + a2; y ' = b0x + b1y + b2;

gaussianBlur

現在の画像をぼかすガウス

1
Image.gaussianBlur(Integer radius) async;

呼び出しパラメーター:

  • radius:整数、ぼかし半径

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String Image.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value Image.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します