オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトMongoCollection

mongodbデータベースデータセットオブジェクト

使用する MongoDB.getCollection 作成:

1 2
var col1 = mdb.getCollection('test'); var col = mdb.test;

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>MongoCollection|operator[String]|find();findOne();findAndModify();insert();save();update();remove();runCommand();drop();ensureIndex();reIndex();dropIndex();dropIndexes();getIndexes();getCollection()] [object] <:- [MongoCollection] MongoCollection operator[String] find() findOne() findAndModify() insert() save() update() remove() runCommand() drop() ensureIndex() reIndex() dropIndex() dropIndexes() getIndexes() getCollection() object toString() toJSON()

オペレーター

operator[String]

属性によって現在のコレクションサブ名前空間のコレクションオブジェクトをすばやく取得する

1
readonly MongoCollection MongoCollection[String];

戻り結果:

  • 新しいコレクションオブジェクトを返す

メンバー関数

find

指定されたクエリ条件とリターンフィールド設定に従ってカーソルオブジェクトを作成します

1 2
MongoCursor MongoCollection.find(Object query = {}, Object projection = {});

呼び出しパラメーター:

  • query:オブジェクト、クエリ条件を指定するオブジェクト
  • projection:オブジェクト、返されたフィールドのオブジェクトを指定します

戻り結果:

  • MongoCursor、カーソルオブジェクトを返します

findOne

指定されたクエリ条件と戻りフィールドの設定に従って、結果をクエリします

1 2
Object MongoCollection.findOne(Object query = {}, Object projection = {});

呼び出しパラメーター:

  • query:オブジェクト、クエリ条件を指定するオブジェクト
  • projection:オブジェクト、返されたフィールドのオブジェクトを指定します

戻り結果:

  • Object、最初の結果を返します

findAndModify

クエリと変更

1
Object MongoCollection.findAndModify(Object query);

呼び出しパラメーター:

  • query:オブジェクト、クエリ条件の指定、データの変更

戻り結果:

  • Object、変更前の結果やその他の情報を返す

insert

データセットを挿入します

1
MongoCollection.insert(Array documents);

呼び出しパラメーター:

  • documents:配列、挿入するデータ配列を指定します

データを挿入する

1
MongoCollection.insert(Object document);

呼び出しパラメーター:

  • document:オブジェクト、挿入するデータを指定します

save

データの一部を保存します。データに_idフィールドが含まれている場合は更新であり、そうでない場合は挿入です。

1
MongoCollection.save(Object document);

呼び出しパラメーター:

  • document:オブジェクト、保存するデータを指定します

update

指定されたクエリ条件に従ってデータを更新します

1 2 3 4
MongoCollection.update(Object query, Object document, Boolean upsert = false, Boolean multi = false);

呼び出しパラメーター:

  • query:オブジェクト、クエリ条件を指定するオブジェクト
  • document:オブジェクト、更新するデータを指定します
  • upsert:ブール値、データが存在しない場合、新しいデータを挿入します。デフォルトはfalseで、挿入しません
  • multi:ブール値。複数のデータが条件を満たす場合、すべてのデータを更新します。デフォルトはfalseで、最初のデータのみを更新します。

指定されたクエリ条件に従ってデータを更新します

1 2 3
MongoCollection.update(Object query, Object document, Object options);

呼び出しパラメーター:

  • query:オブジェクト、クエリ条件を指定するオブジェクト
  • document:オブジェクト、更新するデータを指定します
  • options:オブジェクトフィールドとして渡されるオブジェクト、アップサート、およびマルチオプション

remove

指定されたクエリ条件に従ってデータを削除します

1
MongoCollection.remove(Object query);

呼び出しパラメーター:

  • query:オブジェクト、クエリ条件を指定するオブジェクト

runCommand

データベースコマンドを実行する

1
Object MongoCollection.runCommand(Object cmd);

呼び出しパラメーター:

  • cmd:オブジェクト、指定されたコマンドオブジェクト

戻り結果:

  • Object、結果を返すためのReturnコマンド

データベースコマンドを実行する

1 2
Object MongoCollection.runCommand(String cmd, Object arg = {});

呼び出しパラメーター:

  • cmd:文字列、指定されたコマンド名
  • arg:オブジェクト、指定されたコマンドパラメータオプション

戻り結果:

  • Object、結果を返すためのReturnコマンド

drop

現在のコレクションを削除する

1
MongoCollection.drop();

ensureIndex

現在のコレクションにインデックスを作成する

1 2
MongoCollection.ensureIndex(Object keys, Object options = {});

呼び出しパラメーター:

  • keys:オブジェクト、指定されたインデックスフィールド、順序、方向
  • options:オブジェクト、特定のインデックスのオプション、一意のインデックスなど。

reIndex

現在のコレクションのインデックスを再構築します

1
Object MongoCollection.reIndex();

戻り結果:

  • Object、コマンド実行結果を返す

dropIndex

現在のコレクションの指定された名前のインデックスを削除します

1
Object MongoCollection.dropIndex(String name);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、削除するインデックスの名前を指定

戻り結果:

  • Object、コマンド実行結果を返す

dropIndexes

現在のコレクションのすべてのインデックスを削除します

1
Object MongoCollection.dropIndexes();

戻り結果:

  • Object、コマンド実行結果を返す

getIndexes

現在のコレクションのすべてのインデックスをクエリする

1
Array MongoCollection.getIndexes();

戻り結果:

  • Array、インデックスを含む結果セットを返します

getCollection

現在のコレクションサブ名前空間のコレクションオブジェクトを取得します

1
MongoCollection MongoCollection.getCollection(String name);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、サブ名前空間名

戻り結果:

  • MongoCollection、新しいコレクションオブジェクトを返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String MongoCollection.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value MongoCollection.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します