オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトMongoDB

mongodbデータベース接続オブジェクト

使用する db.open また db.openMongoDB 作成、作成メソッド:

1
var mdb = db.openMongoDB("mongodb://host/db");

継承

#lineWidth: 1.5 #font: Helvetica,sans-Serif #fontSize: 10 #leading: 1.6 #.this: fill=lightgray #.class: fill=white [<class>object|toString();toJSON()] [<this>MongoDB|operator[String]|getCollection();runCommand();oid();close()] [object] <:- [MongoDB] MongoDB operator[String] getCollection() runCommand() oid() close() object toString() toJSON()

オペレーター

operator[String]

指定されたコレクションアクセスオブジェクトをすばやく取得する

1
readonly MongoCollection MongoDB[String];

次に、属性を使用してコレクションオブジェクトをすばやく取得するために使用されます。

1
var test = mdb.test;

メンバー関数

getCollection

指定されたコレクションアクセスオブジェクトを取得します

1
MongoCollection MongoDB.getCollection(String name);

呼び出しパラメーター:

  • name:文字列、コレクションの名前を指定します

戻り結果:

  • MongoCollection、指定されたコレクションオブジェクトを返します

runCommand

MongoDBデータベースコマンドを指定します

1
Object MongoDB.runCommand(Object cmd);

呼び出しパラメーター:

  • cmd:オブジェクト、コマンドとパラメータを指定する辞書オブジェクト

戻り結果:

  • Object、コマンド実行結果を返す

単純なMongoDBデータベースコマンドを指定します

1 2
Object MongoDB.runCommand(String cmd, Value arg);

呼び出しパラメーター:

  • cmd:文字列、コマンド名を指定します
  • arg:値、コマンドパラメータを指定

戻り結果:

  • Object、コマンド実行結果を返す

oid

mongodb_objectidオブジェクトを生成します

1
MongoID MongoDB.oid(String hexStr = "");

呼び出しパラメーター:

  • hexStr:文字列、16進文字列を初期化し、デフォルトで新しいIDを生成します

戻り結果:

  • MongoID、新しい_objectidオブジェクト

close

現在のデータベース接続を閉じます

1
MongoDB.close() async;

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String MongoDB.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value MongoDB.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します