ガイド開発ガイド

こんにちは、世界

まず、システムにfibjsを正常にインストールする必要があります。慣例により、fibjsプログラムの最初の行は、最も単純な "hello、world"から始めます。

1
console.log('hello, world');

ファイルの保存main.js後に、コマンドラインでfibjs main.js 、あなたはコードを実行することができるようになります。

最初のHelloサーバー

バックエンド開発フレームワークとして、fibjsには非常に強力なアプリケーションサーバーが組み込まれており、Webサーバーをすばやく簡単にセットアップできます。次に、最初のhelloサーバーをセットアップします。

1 2 3 4 5 6 7
const http = require('http'); var svr = new http.Server(8080, (req) => { req.response.write('hello, world'); }); svr.start();

実行後、ブラウザに次のように入力します。

1
http://127.0.0.1:8080/

最初のhelloサーバーhello, world出力hello, world確認できます。

よりスマート

最初のhelloサーバーは愚かです。どのアドレスを入力しても、 hello, worldのみを返しhello, world 。よりスマートにしましょう:

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
const http = require('http'); var hello_server = { '/:name': (req, name) => { req.response.write('hello, ' + name); } }; var svr = new http.Server(8080, hello_server); svr.start();

実行後、次を入力します。

1
http://127.0.0.1:8080/fibjs

サーバーの出力がhello, fibjsなることがわかります。アドレスバーの内容を変更すると、サーバーの出力もそれに応じて変化します。

より多くのことができ、静的なWebサイトをサポート

次に、サーバーにさらにいくつかの処理を実行させます。サーバーが静的ファイルの参照をサポートし、 hello, worldも出力できることを願っています。応答hello, fibjsアドレスを次のように設定します: /hello/fibjs

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
const http = require('http'); const path = require('path'); var root_server = { '/hello/:name': (req, name) => { req.response.write('hello, ' + name); }, '*': path.join(__dirname, 'web') }; var svr = new http.Server(8080, root_server); svr.start();

ディレクトリwebを作成し、そこにいくつかのファイルを保存する必要があります(fibjsドキュメントのダウンロードやテストなど)。

実行後、 http://127.0.0.1:8080/hello/fibjs hello, fibjsにアクセスしてもhello, fibjsが表示されますが、他のアドレスにアクセスしている間は静的ファイルが表示されます。

モジュールのデカップリング機能を強化

次に、サーバーをより複雑にします。定義したビジネスリクエストを完了する一連のHelloサービスがあります。このサービスセットのパスは、必要に応じてメインサービスによって指定されます。次の例では、 hellobonjour両方がhelloサービスを指しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
const http = require('http'); const path = require('path'); var hello_server = { '/:name(fibjs.*)': (req, name) => { req.response.write('hello, ' + name + '. I love you.'); }, '/:name': (req, name) => { req.response.write('hello, ' + name); } }; var root_server = { '/hello': hello_server, '/bonjour': hello_server, '*': path.join(__dirname, 'web') }; var svr = new http.Server(8080, root_server); svr.start();

このようにして、完全に分離されたモジュールを簡単に作成し、メインプログラムを使用して必要なインターフェイスを組み立てることができます。これは/v1/hello/fibjsから/v2/hello/fibjsへの変更など、APIバージョン管理で特に便利です。モジュール自体は変更を加える必要はなく、入り口で変更するだけです。

まとめ

このセクションでは、独自のfibjsサーバープロジェクトを開始する準備が整いました。次に、より多くのサブフィールドでのfibjsの開発方法を紹介します。

Good [ 人生はテストから始まる ]