オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトX509Req

x509証明書リクエストオブジェクト

X509Reqオブジェクトはcryptoモジュールに属し、作成されます。

1
var k = new crypto.X509Req();

継承

コンストラクタ

X509Req

X509Reqコンストラクタ

1
new X509Req();

指定された情報に基づいて証明書要求を作成するX509Reqコンストラクター

1 2 3
new X509Req(String subject, PKey key, Integer hash = hash.SHA1);

呼び出しパラメータ:

  • subject :文字列、証明書のサブジェクトの識別名
  • keyPKey 、証明書の公開鍵
  • hash :整数、証明書ダイジェストアルゴリズム、デフォルトはhash.SHA1

X509Reqコンストラクター、DER形式の証明書要求をロードします

1
new X509Req(Buffer derReq);

呼び出しパラメータ:

  • derReqBuffer 、DER形式の証明書リクエスト

X509Reqコンストラクター、PEM形式で証明書要求をロード

1
new X509Req(String pemReq);

呼び出しパラメータ:

  • pemReq :文字列、DER形式の証明書リクエスト

メンバー属性

subject

文字列、証明書のサブジェクト識別名

1
readonly String X509Req.subject;

publicKey

PKey 、証明書の公開鍵を取得します

1
readonly PKey X509Req.publicKey;

メンバー機能

load

DER形式の証明書リクエストをロードする

1
X509Req.load(Buffer derReq);

呼び出しパラメータ:

  • derReqBuffer 、DER形式の証明書リクエスト

PEM形式で証明書要求をロードする

1
X509Req.load(String pemReq);

呼び出しパラメータ:

  • pemReq :文字列、PEM形式の証明書リクエスト

loadFile

PEM / DER形式の証明書リクエストをロードします。これは複数回呼び出すことができます

1
X509Req.loadFile(String filename);

呼び出しパラメータ:

  • filename :文字列、証明書要求ファイル名

exportPem

現在の証明書要求のPEM形式エンコーディングを返します

1
String X509Req.exportPem();

結果を返す:

  • String 、現在の証明書リクエストのPEM形式のエンコーディング

exportDer

現在の証明書要求のDER形式のエンコーディングを返します

1
Buffer X509Req.exportDer();

結果を返す:

  • 現在の証明書要求のDER形式エンコーディングであるBuffer

sign

現在の証明書要求に正式な証明書として署名する

1 2 3
X509Cert X509Req.sign(String issuer, PKey key, Object opts = {}) async;

呼び出しパラメータ:

  • issuer :文字列、署名機関の識別名
  • keyPKey 、署名機関の秘密鍵
  • opts :オブジェクト、その他のオプションのパラメーター

結果を返す:

  • X509Cert 、署名済みの公式証明書を返します

optsが受け取るフィールドは次のとおりです。

1 2 3 4 5 6 7 8
{ ca: false, // 证书为 ca,缺省为 false pathlen: -1, // 证书深度,缺省为 -1 notBefore: "", // 证书生效时间,缺省为当前时间 notAfter: "", // 证书失效时间,缺省为 notBefore 后一年 usage: "", // 证书使用范围,接收:digitalSignature, nonRepudiation, keyEncipherment, dataEncipherment, keyAgreement, keyCertSign, cRLSign type: "" // 证书 Netscape 证书类型,接收:client, server, email, objsign, reserved, sslCA, emailCA, objCA }

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[ネイティブオブジェクト]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます

1
String X509Req.toString();

結果を返す:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します

1
Value X509Req.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメータ:

  • key :文字列、未使用

結果を返す:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します