オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトサブプロセス

子プロセスオブジェクト

1 2
var process = require("process"); var sub = process.open("ls");

継承

メンバー属性

pid

整数、現在のオブジェクトが指すプロセスのIDを読み取ります

1
readonly Integer SubProcess.pid;

ppid

整数、現在のオブジェクトが指す親プロセスのIDを読み取ります

1
readonly Integer SubProcess.ppid;

stdin

BufferedStream 、現在のオブジェクトが指すプロセスの標準入力オブジェクトを読み取ります

1
readonly BufferedStream SubProcess.stdin;

stdout

BufferedStream 、現在のオブジェクトが指すプロセスの標準出力オブジェクトを読み取ります

1
readonly BufferedStream SubProcess.stdout;

stderr

BufferedStream 、現在のオブジェクトが指すプロセスの標準エラーオブジェクトを読み取ります

1
readonly BufferedStream SubProcess.stderr;

メンバー機能

kill

現在のオブジェクトが指すプロセスを強制終了し、信号を渡します

1
SubProcess.kill(Integer signal);

呼び出しパラメーター:

  • signal :整数、渡された信号

wait

現在のオブジェクトが指すプロセスの終了を待ち、プロセス終了コードを返します

1
Integer SubProcess.wait() async;

戻り結果:

  • Integer 、プロセスの終了コード

findWindow

現在のオブジェクトが指すプロセスに、指定された名前のウィンドウがあるかどうかを照会します。ウィンドウのみ

1
Value SubProcess.findWindow(String name);

呼び出しパラメーター:

  • name :文字列、ウィンドウ名

戻り結果:

  • Value 、ウィンドウが存在する場合はウィンドウの四角形が返され、存在しない場合は未定義が返されます

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String SubProcess.toString();

戻り結果:

  • String 、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value SubProcess.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key :文字列、未使用

戻り結果:

  • Value 、シリアル化可能なJSONを含む値を返します