オブジェクト組み込みオブジェクト

オブジェクトMSSQL

SQLServerデータベース接続オブジェクト

使用する db.open または db.openMySQL 作成、作成メソッド:

1
var sql = db.openMSSQL("mssql://user:pass@host/db");

継承関係

メンバー属性

type

文字列、現在の接続データベースタイプを照会します

1
readonly String MSSQL.type;

メンバー関数

use

現在のデータベース接続のデフォルトデータベースを選択します

1
MSSQL.use(String dbName) async;

呼び出しパラメーター:

  • dbName:文字列、データベース名を指定します

close

現在のデータベース接続を閉じます

1
MSSQL.close() async;

begin

現在のデータベース接続でトランザクションを開始します

1
MSSQL.begin(String point = "") async;

呼び出しパラメーター:

  • point:文字列、トランザクションの名前を指定します。デフォルトでは指定されません

commit

現在のデータベース接続でトランザクションをコミットします

1
MSSQL.commit(String point = "") async;

呼び出しパラメーター:

  • point:文字列、トランザクションの名前を指定します。デフォルトでは指定されません

rollback

現在のデータベース接続でトランザクションをロールバックします

1
MSSQL.rollback(String point = "") async;

呼び出しパラメーター:

  • point:文字列、トランザクションの名前を指定します。デフォルトでは指定されません

trans

関数を実行するトランザクションを入力し、関数の実行に応じて送信またはロールバックします

1
Boolean MSSQL.trans(Function func);

呼び出しパラメーター:

  • func:関数、トランザクション方式で実行される関数

戻り結果:

  • Boolean、トランザクションがコミットされているかどうか、通常のコミットの場合はtrue、ロールバックの場合はfalseを返し、トランザクションにエラーがある場合はエラーがスローされます。

funcの実行には3つの結果があります。

  • 関数は、操作の終了とアクティブな戻りを含めて正常に戻ります。その時点で、トランザクションは自動的にコミットされます。
  • 関数はfalseを返します。この時点で、トランザクションはロールバックされます
  • 関数が正しく実行されず、トランザクションが自動的にロールバックされます

関数を実行するトランザクションを入力し、関数の実行に応じて送信またはロールバックします

1 2
Boolean MSSQL.trans(String point, Function func);

呼び出しパラメーター:

  • point:文字列、トランザクションの名前を指定します
  • func:関数、トランザクション方式で実行される関数

戻り結果:

  • Boolean、トランザクションがコミットされているかどうか、通常のコミットの場合はtrue、ロールバックの場合はfalseを返し、トランザクションにエラーがある場合はエラーがスローされます。

funcの実行には3つの結果があります。

  • 関数は、操作の終了とアクティブな戻りを含めて正常に戻ります。その時点で、トランザクションは自動的にコミットされます。
  • 関数はfalseを返します。この時点で、トランザクションはロールバックされます
  • 関数が正しく実行されず、トランザクションが自動的にロールバックされます

execute

SQLコマンドを実行し、実行結果を返すと、パラメータに応じて文字列をフォーマットできます

1 2
NArray MSSQL.execute(String sql, ...args) async;

呼び出しパラメーター:

  • sql:文字列、フォーマット文字列、オプションのパラメータは?で指定します。例: 'SELECT FROM TEST WHERE [id] =?'
  • args:...、オプションのパラメータリスト

戻り結果:

  • NArray、結果レコードを含む配列を返します。要求がUPDATEまたはINSERTの場合、返される結果には影響を受けるinsertIdも含まれます。mssqlはinsertIdをサポートしていません。

createTable

データテーブルを作成する

1
MSSQL.createTable(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

dropTable

データテーブルを削除する

1
MSSQL.dropTable(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

createIndex

データテーブルインデックスを作成する

1
MSSQL.createIndex(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

dropIndex

データテーブルインデックスを削除する

1
MSSQL.dropIndex(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

insert

新しいレコードを挿入します

1
Number MSSQL.insert(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

戻り結果:

  • Number、挿入を含むIDを返します。エンジンがそれをサポートしていない場合は、0を返します。

find

指定された条件に従ってデータをクエリします

1
NArray MSSQL.find(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

戻り結果:

  • NArray、結果を含むレコードを返します

count

指定された条件に従ってデータレコードの数をカウントします

1
Integer MSSQL.count(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

戻り結果:

  • Integer、結果を含むレコードの数を返します

update

指定された条件に従ってデータを更新します

1
Integer MSSQL.update(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、パラメータリスト

戻り結果:

  • Integer、更新を含むレコードの数を返します

remove

指定された条件に従ってデータを削除します

1
Integer MSSQL.remove(Object opts) async;

呼び出しパラメーター:

  • opts:オブジェクト、オプションのパラメータリスト

戻り結果:

  • Integer、更新を含むレコードの数を返します

format

SQLコマンドをフォーマットし、フォーマットされた結果を返します

1 2
String MSSQL.format(String method, Object opts);

呼び出しパラメーター:

  • method:文字列、リクエストメソッドを指定
  • opts:オブジェクト、オプションのパラメータリスト

戻り結果:

  • String、フォーマットされたsqlコマンドを返します

SQLコマンドをフォーマットし、フォーマットされた結果を返します

1 2
String MSSQL.format(String sql, ...args);

呼び出しパラメーター:

  • sql:文字列、フォーマット文字列、オプションのパラメータは?で指定します。例: 'SELECT FROM TEST WHERE [id] =?'
  • args:...、オプションのパラメータリスト

戻り結果:

  • String、フォーマットされたsqlコマンドを返します

toString

オブジェクトの文字列表現を返します。通常は「[NativeObject]」を返します。オブジェクトは、独自の特性に従って再実装できます。

1
String MSSQL.toString();

戻り結果:

  • String、オブジェクトの文字列表現を返します

toJSON

オブジェクトのJSON形式の表現を返します。通常、オブジェクトによって定義された読み取り可能な属性のコレクションを返します。

1
Value MSSQL.toJSON(String key = "");

呼び出しパラメーター:

  • key:文字列、未使用

戻り結果:

  • Value、シリアル化可能なJSONを含む値を返します