ガイド開発ガイド

fibjsでのX509証明書の使用

方法1:一時的な自己署名証明書を使用する

1 2 3
const CYPT = require('crypto'); const SSLX = require('ssl'); const HTTP = require("http");

1.キーオブジェクトを作成し、2048ビットのRSAキーペアを生成します

1 2
let pky = new CYPT.PKey(); pky.genRsaKey(2048);

2.上記のpkyの公開鍵を使用して、証明書要求オブジェクトを作成します

1 2 3 4 5 6 7
let xrq = new CYPT.X509Req("CN=localhost,O=fibjs", pky); /** * CN=localhost 是证书的主题名称, 就是证书的使用者(一般是域名 * 可以加一些扩展内容, 比如 O=IBM,OU=IT,...(用逗号分隔)等项 */

3.証明書を発行するには、pkyの秘密鍵を使用します

1 2 3 4 5 6 7 8
let opt = { notBefore: new Date('2019-01-01') // 证书生效时间 ,notAfter: new Date('2029-12-31') // 证书失效时间 }; let crt = xrq.sign("CN=myy.mkx", pky, opt); // CN=myy.mkx 是证书的签发者, 同样可添加扩展 // opt 参数参见 fibjs 文档

4.一時的な証明書を使用してhttpsサービスを開始します

1 2 3 4
var svr = new HTTP.HttpsServer(crt, pky, 443, (req)=> { req.response.write('<h1>fibjs https server</h1>'); }); svr.start();

5.ブラウザはhttps:// localhost / testにアクセスします。これは公式の証明書ではないため、ブラウザはそれを認識しません。引き続き手動でアクセスする必要があります。アドレスバーの証明書アイコンをクリックして、証明書の詳細情報を表示します。


方法2:自己署名された証明書ファイルを生成して使用する

1.証明書/秘密鍵ファイルを生成します

1 2 3 4 5 6 7 8 9
const fs = require('fs'); //...(同上面方式一的1、2、3步骤, 省略)... let ks = pky.exportPem(); // 导出私钥文本 let cs = crt.dump(true)[0]; // 导出证书文本, 数组(只有一项) fs.writeTextFile('d:/mycert.key', ks); // 保存私钥 fs.writeTextFile('d:/mycert.pem', cs); // 保存证书

2.証明書/秘密鍵ファイルを使用する

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
const CYPT = require('crypto'); const SSLX = require('ssl'); const HTTP = require("http"); let pky = new CYPT.PKey(); let crt = new CYPT.X509Cert(); pky.importFile('d:/mycert.key'); // 读取key文件 crt.loadFile('d:/mycert.pem'); // 读取pem文件 var svr = new HTTP.HttpsServer(crt, pky, 443, (req)=> { req.response.write('<h1>fibjs https server</h1>'); }); svr.start();

方法3:既存の証明書を使用する

証明書ファイルをロードする上記の方法は、次のような公式証明書にも使用できます。

  • アリババ从阿里云申请的免费证书(下载other格式2つのファイルxxx.pemとxxx.keyを含む从阿里云申请的免费证书(下载other格式してください)。
  • certbotアプリケーションを介して取得した証明書。

他の形式の証明書は変換が必要な場合があります。詳細については、fibjsのドキュメントを参照してください。